APIを使い始めた君へ【1分で学べるAPI】

1 min read読了の目安(約900字

Web APIってなんですか?という質問に口頭で答えられるようになればいいなーと思い改めてAPIについて超初歩的な解説の記事を作成しました。

APIとは?

Application Programming Interfaceの略。
APIは自社のサービス(コード)の一部公開して、他のサービスと機能を共有できるもの。
公開することによって、誰でも外部から利用することができるようになります。
それによって、自社のAPIサービスに他のサービスの機能を埋め込むことができるようになるので、アプリケーション同士で連携することが可能になる。APIは基本無料で使用可能。また、APIはWEB上で利用することが普通なのでWebAPIと呼ばれることも多く、API=WebAPIと認識していいでしょう。例えば天気を調べるサービスだと下記のような感じになります。
スクリーンショット 2020-12-05 11.59.18(2).png

メリット

アプリ開発が簡単

今までは自社でプログラミングをし、アプリを製作しなくてはなりませんでした。
しかしAPIを利用することで、API提供側アプリと自社アプリで共通の部分は開発が省略できるので、アプリ製作のハードルが下がります。

開発コストの削減

APIを利用することで、アプリを開発する際にわざわざ一からソフトを作る必要がなくなりました。これにより、開発にかかる時間、コストを大幅に減らすことができます。

また、エンジニアの技量やリソース的にそもそも不可能だとされていたものも、これにより可能になります。そのため、ベンチャー企業であっても、大規模なアプリやWebサイトを製作できるようになってきています。

UX(顧客体験)の向上

最近ではSNS同士が連携し、TwiterやFacebookのアカウントを使って他のアプリやサイトを利用できるようになってます。
ユーザーも別のサービスを利用する際にスムーズに活用する事ができます。