🗂

1分で理解する「Webを支える技術」: URI編

2023/01/09に公開約1,300字

前回

https://zenn.dev/miumi/articles/1c20f065a404d8

4章: URIの仕様

URIとはリソースを識別する一意(重複がない)のIDのこと。
つまりWeb上に存在する全てのリソースを一意に示ます。

URIの構成

https://qiita.com/timeline

QiitaのタイムラインであるURIを構成するパーツは次のようになる

  • URIスキーム
    • https
    • URIが利用するプロトコルを示すのが一般的。://で区切られる
  • ホスト名
    • qiita.com
    • インターネットの住所的なやつ。被ることはない
  • パス
    • timeline
    • インターネットの部屋的なやつ

%エンコーディング

URI仕様が許可している文字以外をURIに入れるには、%エンコーディングでその文字をエンコードする必要がある。
ひらがなの「あ」を解説する記事をブラウザで閲覧すると、アドレス欄には次のURIが表示されるでしょう。
https://ja.wikipedia.org/wiki/あ
上記URLをコピペして貼り付けると↓に変換される
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%82

これは「あ」はURI的に許可されていないのでブラウザとサーバの間で転送(変換)されるためである。

5章: URIの設計

よくないURI

http://example.jp/Login.do?action=showPage
.doも問題だが、注目するのはshowPage。
例えばshowPageの命名を変更した時にURIを変えなければいけないので手間がかかる

http://example.jp/home.jsp?jsessionid=12345678
セッションIDはログインの度に変わるため、上記URIにアクセスする度に毎回ログインすることになるかもしれない

http://example.jp/sample/people/show/123
初期のrailsで見られた構成。
パスの部分はsampleアプリケーションのPeopleコントローラのshowメソッド、123はデータベースのIDになる。
このshowが問題。HTTPではリソースに対して特定のHTTPメソッドだけを適用する。
あるリソースを取得するのかor更新するのかの判断はURIで指定するのではなく、URIに適用するHTTPメソッドで決めるべき。
つまりURIとHTTPメソッドはそれぞれ名詞、動詞であるべき。

まとめ

・URI はリソースの名前である
・URI は寿命が長い
・URI はブラウザがアドレス欄に表示する

Discussion

ログインするとコメントできます