📝

GMT6でのUTF-8使用のメモ

2022/08/20に公開約2,400字

フリーの白地図探すの面倒なので作ってしまえば良いと思ったのであった。そしてGMTと言うフリーソフトを使うと良い具合に地図が作れる。コマンドラインなので、最初は面倒な気もするが作り直せば作り直すほど簡単。

補足:Windows版の話、MacとLinuxはTeXをいれないと日本語の設定が上手く出来ないみたい。

GMT6でのUTF-8の使い方

psファイルを読むと、テキストはコード無関係にそのまま投げ込んでいるだけなので、gmtが最初に出力しているフォントリストとGhostscriptがそのフォントを正しく探し出せるかが問題になる。gmt自体は何もしていないのだがフォントリストでフォントを定義しているので面倒になる。

  • 設定方法
     GMT5まではシステムファイルをいじっていたが、GMT6はユーザーフォルダの下の.gmt フォルダにファイルを投げ込む仕様に変更されている。Googleを検索しても古いサイトしか出てこないのでメモる。

PSL_custom_fonts.txt

Ryumin-Light-UniJIS-UTF8-H 0.700 1
Ryumin-Light-UniJIS-UTF8-V 0.700 1
GothicBBB-Medium-UniJIS-UTF8-H 0.700 1
GothicBBB-Medium-UniJIS-UTF8-V 0.700 1

gmt psconvertを使う場合、GHOSTSCRIPTを使用しないと化けるらしい。GHOSTSCRIPTのパスを明示的に指定するのが安全かも。

psconvert map1.ps -E600 -A -Qt -Qg -G$GS_PATH

結果

日本語が表示されている。

中世ヨーロッパの都市と水運の関係

RyuminとGothicBBB以外を使う

こちらは設定しないとGhostScriptがフォントを探せないのでGhostScriptの設定をいじらないと行けない。

ファイルは
Resource/Init/cidfmap 以下らしい(Linuxあたりだと適当に設定するらしい)

おまけ

psファイル内のフォント定義部

/PSL_font_encode 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 43 array astore def
/F0 {/Helvetica Y}!
/F1 {/Helvetica-Bold Y}!
/F2 {/Helvetica-Oblique Y}!
/F3 {/Helvetica-BoldOblique Y}!
/F4 {/Times-Roman Y}!
/F5 {/Times-Bold Y}!
/F6 {/Times-Italic Y}!
/F7 {/Times-BoldItalic Y}!
/F8 {/Courier Y}!
/F9 {/Courier-Bold Y}!
/F10 {/Courier-Oblique Y}!
/F11 {/Courier-BoldOblique Y}!
/F12 {/Symbol Y}!
/F13 {/AvantGarde-Book Y}!
/F14 {/AvantGarde-BookOblique Y}!
/F15 {/AvantGarde-Demi Y}!
/F16 {/AvantGarde-DemiOblique Y}!
/F17 {/Bookman-Demi Y}!
/F18 {/Bookman-DemiItalic Y}!
/F19 {/Bookman-Light Y}!
/F20 {/Bookman-LightItalic Y}!
/F21 {/Helvetica-Narrow Y}!
/F22 {/Helvetica-Narrow-Bold Y}!
/F23 {/Helvetica-Narrow-Oblique Y}!
/F24 {/Helvetica-Narrow-BoldOblique Y}!
/F25 {/NewCenturySchlbk-Roman Y}!
/F26 {/NewCenturySchlbk-Italic Y}!
/F27 {/NewCenturySchlbk-Bold Y}!
/F28 {/NewCenturySchlbk-BoldItalic Y}!
/F29 {/Palatino-Roman Y}!
/F30 {/Palatino-Italic Y}!
/F31 {/Palatino-Bold Y}!
/F32 {/Palatino-BoldItalic Y}!
/F33 {/ZapfChancery-MediumItalic Y}!
/F34 {/ZapfDingbats Y}!
/F35 {/Ryumin-Light-EUC-H Y}!
/F36 {/Ryumin-Light-EUC-V Y}!
/F37 {/GothicBBB-Medium-EUC-H Y}!
/F38 {/GothicBBB-Medium-EUC-V Y}!
/F39 {/Ryumin-Light-UniJIS-UTF8-H Y}!
/F40 {/Ryumin-Light-UniJIS-UTF8-V Y}!
/F41 {/GothicBBB-Medium-UniJIS-UTF8-H Y}!
/F42 {/GothicBBB-Medium-UniJIS-UTF8-V Y}!

{FontName}-{Weight}(-{code1}-{code2}-{H/V})
見たいな。

Discussion

ログインするとコメントできます