🌊

create-react-app の環境構築。オプションでtypescriptやredux環境なども一緒に作成できるらしい

2022/11/15に公開約900字

普段は、生真面目に必要なライブラリーを一個づつ入れたり、自分が昔に作ったものをフォークしてきて使ったりしてた。
でも、導入大変だったり、バージョン古かったり、なかなかに面倒で効率悪くないか?って当たり前のことを思い、create-react-app について調べてた。
そしたら、あるじゃんテンプレート!ということで書き方書いていく。

基本的なcreate-react-app

reactの環境を構築するとき、コマンドを使えば一発で作成ができる

npx create-react-app [プロジェクト名]

テンプレートを使う

テンプレートのオプションを使うことで、typescriptやreduxが入った状態の環境を作れる

npx create-react-app [プロジェクト名] --template [template-name]

公式は2つのテンプレートを用意している

公式サポート以外にも有志で作られているテンプレートもある。
https://www.npmjs.com/search?q=cra-template-*
こっから探せば、tailwindやreduxの環境も手軽に手に入る。

参考
https://create-react-app.dev/docs/getting-started
https://create-react-app.dev/docs/custom-templates/

Discussion

ログインするとコメントできます