🪣

S3,Route53について

1 min read

S3

オブジェクトストレージサービスでHTTPSのプロトコルで通信をする
👉EBSはブロックストレージと言い、スカジー接続で通信している

多数の大きなファイルを取り扱うのに向いており、APIを使用した開発が容易

  • バケット・・・ルートディレクトリのようなもの👉例:bucketname/
  • プリフィクス・・・子ディレクトリのようなもの👉例:bucketname/folder1/folder2
  • オブジェクト・・・データそのもの👉bucketname/folder1/:data1
    実際にはキーバリュー形式で書かれているため、階層構造にはなっていない

デフォルトではアカウント管理者とルートユーザーのみアクセス可となっているが、IAMで権限管理可能(特定IPアドレスのみなどの接続元の管理も可)
バケット、プリフィクス、オブジェクト単位でも設定が可能

そのほかにもwebサイトホスティング機能があったり、通知機能があったりする

Route53

DNSサービス
URLにELBを紐付け、名前解決を行う
👉ドメインを購入することもできるが、少し高価なので他のドメイン購入サービスを使うことが多い
もしもの時のためにS3などで容易した静的ページ(sorryページ)への割り振りなどもできる

ルーティングポリシー

  1. シンプルルーティング・・・基本的なルーティング、一つのリソース(ELBなど)に対して名前解決を行う
  2. 加重ルーティング・・・複数のリソースに対して名前解決を行う、全体のルーティングを100%ととして、それぞれに%で割り振りし、重みづけをする👉新機能を搭載したサーバーに10%、新機能を10%の人に使ってもらう
  3. レイテンシールーティング・・・複数のリージョンにまたがってサービスを展開してる場合に使用、応答速度が早い方のリージョンにアクセスしてくれる
  4. 位置情報ルーティング・・・複数のリージョンにまたがってサービスを展開してる場合に使用、地域が近い方のリージョンにアクセスしてくれる
  5. 複数値回答ルーティング・・・複数のサーバーの中からランダムなものを選び、それに障害があれば別のサーバーと繋げてくれる
  6. フェイルオーバールーティング・・・通常はプライマリ(基本的な、主要な)に通信を流し、障害が発生した場合、セカンダリに通信をフェイルオーバーさせる

レコード
DNSはドメインと何かを紐づけて管理する、ドメインと"何か"を設定したものをレコードという

  • Aliasレコード・・・ドメインとAWSサービスの関連づけ
  • Aレコード・・・ドメインとIPv4アドレスの関連づけ
  • AAAAレコード・・・ドメインとIPv6アドレスの関連づけ
  • NSレコード・・・ドメイン情報を管理するサーバー
  • SOAレコード・・・ドメインの管理情報
  • CNAMEレコード・・・ドメインとURLの関連づけ👉一旦ELBなどのリソースのドメインに置き換えてしまうので、Aliasレコードを使う
    この設定の集合体をホストゾーンという
GitHubで編集を提案

Discussion

ログインするとコメントできます