📱

住みたい街ランキング2021年版が発表されたのでSwiftUIでサンプルアプリ作ってみた!!

49 min read

はじめに

今回が Zenn 初記事になります。
Qiita で記事を書いていましたが気分転換に
やってみた系はこちらに投稿していこうと思います。

アプリにしやすそうなネタを題材にして
こういう実装どうやるんだろう?とかあの機能使ってみたいなー
的な内容を実際に実装してみて書き残していこうと思います。
基本 SwiftUI でと考えていて UIKit と比較する形も取れればと思います。
まだ個人開発レベルでは実現できるかに重きをおこうと思ってるので
設計や書き方はあまり綺麗にとは考えておりません。
こうした方が良さそうなどは指摘いただくと嬉しいです。

今回実装するもの

LIFULL HOME’S が毎年算出している住みたい街ランキングを題材にします。
先日,2021 年版が出たのでそのデータを使ってみます。
ランキングデータは私がサイトをみて JSON 方式にしました。

「借りて住みたい」「買って住みたい」ランキングがそれぞれあり,
今回は首都圏のランキング各20位までを表示します。
またサイトにあるように 11位以降は出し分けできるようにします。
左右にスワイプ,またはタブ部分をタップすることで
「借りて住みたい」と「買って住みたい」を切り替えられるようにします。

私はサクッと Google App Script で JSON を返すように外部 API を作りましたが
GitHub のサンプルはローカルの JSON を読み込むようにしています。

完成したものはこちらです。(通信はしないので Loading は出ないです)

TR21_00

開発環境

開発環境は下記です。

  • iOS 14.0 and later
  • Xcode 12.4
  • macOS Big Sur 11.2

GitHub にサンプルアプリを用意したので必要に応じて参照してみてください。

https://github.com/MilanistaDev/TownRanking2021

参考にしたサイト

今回のアプリの題材として,LIFULL HOME'S の住みたい街ランキング[1]を参考にしました。
コロナ禍なこともあるのか大きく順位を上げた街も多く興味深かったです。
首都圏だけ参照しましたが,他の地域も加えればもっと面白くなりそうです。

https://www.homes.co.jp/cont/s_ranking/shutoken/

使うデータの JSON ファイルはこちらです。
isRankUp はランクアップしたかどうか,rankFluctuation は変化量です。
(今思うとランク変化量だけでランクアップ/ダウン/キープ判断したほうがよかった🤔)

使うデータの JSON ファイル
TownRanking2021.json
{
    "townRankingsForRent": [
        {
            "rank": 1,
            "townName": "本厚木",
            "isRankUp": true,
            "rankFluctuation": 3,
            "availableLine": "小田急小田原線"
        },
        {
            "rank": 2,
            "townName": "大宮",
            "isRankUp": true,
            "rankFluctuation": 3,
            "availableLine": "JR京浜東北・根岸線ほか"
        },
        {
            "rank": 3,
            "townName": "葛西",
            "isRankUp": false,
            "rankFluctuation": 1,
            "availableLine": "東京メトロ東西線"
        },
        {
            "rank": 4,
            "townName": "八王子",
            "isRankUp": true,
            "rankFluctuation": 3,
            "availableLine": "JR中央線ほか"
        },
        {
            "rank": 5,
            "townName": "池袋",
            "isRankUp": false,
            "rankFluctuation": 4,
            "availableLine": "JR山手線ほか"
        },
        {
            "rank": 6,
            "townName": "千葉",
            "isRankUp": true,
            "rankFluctuation": 8,
            "availableLine": "JR総武線ほか"
        },
        {
            "rank": 7,
            "townName": "蕨",
            "isRankUp": true,
            "rankFluctuation": 4,
            "availableLine": "JR京浜東北・根岸線"
        },
        {
            "rank": 8,
            "townName": "三鷹",
            "isRankUp": true,
            "rankFluctuation": 9,
            "availableLine": "JR中央線ほか"
        },
        {
            "rank": 9,
            "townName": "柏",
            "isRankUp": true,
            "rankFluctuation": 7,
            "availableLine": "JR常磐線ほか"
        },
        {
            "rank": 10,
            "townName": "川崎",
            "isRankUp": false,
            "rankFluctuation": 7,
            "availableLine": "JR東海道本線ほか"
        },
        {
            "rank": 11,
            "townName": "高円寺",
            "isRankUp": true,
            "rankFluctuation": 2,
            "availableLine": "JR中央線ほか"
        },
        {
            "rank": 12,
            "townName": "西川口",
            "isRankUp": true,
            "rankFluctuation": 8,
            "availableLine": "JR京浜東北・根岸線"
        },
        {
            "rank": 13,
            "townName": "船橋",
            "isRankUp": true,
            "rankFluctuation": 8,
            "availableLine": "JR総武線ほか"
        },
        {
            "rank": 14,
            "townName": "町田",
            "isRankUp": true,
            "rankFluctuation": 8,
            "availableLine": "小田急小田原線ほか"
        },
        {
            "rank": 15,
            "townName": "荻窪",
            "isRankUp": false,
            "rankFluctuation": 7,
            "availableLine": "JR中央線ほか"
        },
        {
            "rank": 16,
            "townName": "三軒茶屋",
            "isRankUp": false,
            "rankFluctuation": 10,
            "availableLine": "東急田園都市線ほか"
        },
        {
            "rank": 17,
            "townName": "川口",
            "isRankUp": true,
            "rankFluctuation": 15,
            "availableLine": "JR中央線ほか"
        },
        {
            "rank": 18,
            "townName": "吉祥寺",
            "isRankUp": false,
            "rankFluctuation": 9,
            "availableLine": "JR中央線ほか"
        },
        {
            "rank": 19,
            "townName": "新小岩",
            "isRankUp": false,
            "rankFluctuation": 1,
            "availableLine": "JR総武線ほか"
        },
        {
            "rank": 20,
            "townName": "小岩",
            "isRankUp": false,
            "rankFluctuation": 0,
            "availableLine": "JR総武線"
        }
    ],
    "townRankingsForBuy": [
        {
            "rank": 1,
            "townName": "勝どき",
            "isRankUp": false,
            "rankFluctuation": 0,
            "availableLine": "都営大江戸線"
        },
        {
            "rank": 2,
            "townName": "白金高輪",
            "isRankUp": true,
            "rankFluctuation": 17,
            "availableLine": "東京メトロ南北線ほか"
        },
        {
            "rank": 3,
            "townName": "本厚木",
            "isRankUp": true,
            "rankFluctuation": 8,
            "availableLine": "小田急小田原線"
        },
        {
            "rank": 4,
            "townName": "三鷹",
            "isRankUp": false,
            "rankFluctuation": 1,
            "availableLine": "JR中央線ほか"
        },
        {
            "rank": 5,
            "townName": "北浦和",
            "isRankUp": false,
            "rankFluctuation": 1,
            "availableLine": "JR京浜東北・根岸線"
        },
        {
            "rank": 6,
            "townName": "八王子",
            "isRankUp": false,
            "rankFluctuation": 0,
            "availableLine": "JR中央線ほか"
        },
        {
            "rank": 7,
            "townName": "柏",
            "isRankUp": true,
            "rankFluctuation": 8,
            "availableLine": "JR常磐線ほか"
        },
        {
            "rank": 8,
            "townName": "目黒",
            "isRankUp": true,
            "rankFluctuation": 13,
            "availableLine": "JR山手線ほか"
        },
        {
            "rank": 9,
            "townName": "恵比寿",
            "isRankUp": false,
            "rankFluctuation": 7,
            "availableLine": "JR山手線ほか"
        },
        {
            "rank": 10,
            "townName": "東京",
            "isRankUp": false,
            "rankFluctuation": 5,
            "availableLine": "JR東海道本線ほか"
        },
        {
            "rank": 11,
            "townName": "橋本",
            "isRankUp": true,
            "rankFluctuation": 31,
            "availableLine": "JR横浜線ほか"
        },
        {
            "rank": 12,
            "townName": "浦和",
            "isRankUp": false,
            "rankFluctuation": 5,
            "availableLine": "JR京浜東北・根岸線ほか"
        },
        {
            "rank": 13,
            "townName": "千葉",
            "isRankUp": true,
            "rankFluctuation": 49,
            "availableLine": "JR総武線ほか"
        },
        {
            "rank": 14,
            "townName": "平塚",
            "isRankUp": true,
            "rankFluctuation": 25,
            "availableLine": "JR東海道本線ほか"
        },
        {
            "rank": 15,
            "townName": "大宮",
            "isRankUp": true,
            "rankFluctuation": 9,
            "availableLine": "JR京浜東北・根岸線ほか"
        },
        {
            "rank": 16,
            "townName": "朝霞",
            "isRankUp": true,
            "rankFluctuation": 13,
            "availableLine": "東武東上線"
        },
        {
            "rank": 17,
            "townName": "八街",
            "isRankUp": true,
            "rankFluctuation": 9,
            "availableLine": "JR総武本線"
        },
        {
            "rank": 18,
            "townName": "川口",
            "isRankUp": true,
            "rankFluctuation": 9,
            "availableLine": "JR京浜東北・根岸線"
        },
        {
            "rank": 19,
            "townName": "牛込柳町",
            "isRankUp": true,
            "rankFluctuation": 191,
            "availableLine": "都営大江戸線"
        },
        {
            "rank": 20,
            "townName": "中目黒",
            "isRankUp": false,
            "rankFluctuation": 7,
            "availableLine": "東京メトロ日比谷線ほか"
        }
    ]
}

今回抑えたい内容

  • HStackVStackZStack などの基本的な内容の復習
  • @State@Binding などの値の扱いの復習
  • @ObservedObjectObservableObject@Published を利用したデータの扱いの復習
  • iOS 14 で追加された TabViewPageTabViewStyle を使ってみる
  • iOS 14 で追加された LazyVGrid を使ってみる
  • 簡単な Animation の復習
    • 状態の変化に対して (withAnimation)
    • ビュー内のアニメーション可能な変更に対して(animation)

実装

私は SwiftUI でアプリ作るときは親クラスの View に実装して
完成後に別ファイルに View の実装を切り出すようにしています。
@Binding 使うのか,ただの値渡しで良いのかなどの考慮を後で考えたいからです。
実際の開発では設計が事前にできることが多いので,
業務ではいきなり別クラスで直接書くことは多そうです。

今回は UI の実現が主な内容なので,部分的に切り出した形で書いていきます。

  • 親 View クラスの画面
  • 上部の状態切り替えタブ部分
  • 街ランキングリスト部分(ページング)
  • 街ランキングリスト部分(リスト表示)
  • 街ランキングリスト部分(11位以降の表示/非表示対応)
  • ランキングリスト用の街データモデルの実装
  • JSON のデータをリストに表示

上部の状態切り替えタブ部分の実装

今回の親 View は新規でプロジェクト作った際にデフォルトで用意されている,
ContentView.swift とします。各部分を実装していくたびに少しずつ変わっていきます。

上部の状態切り替えタブの実装ですが,
「借りて住みたい」「買って住みたい」の状態は,
選択時にボタンのフォントカラーをつけるのと,
ボタンの下にバーを用意させて選択状態で追従させます。

HStackVStack を組み合わせて作ります。
「借りて住みたい」「買って住みたい」の状態は enum で管理しますが,
状態の変化によってボタンとバー,ランキングリストを追従させるために @State をつけます。

少し考えなければならないのが,バーの Frame です。
GeometryReader を使って画面幅の半分を算出します。
(UIScreen.main.bounds.size でも今回は大丈夫です。)
座標については offset を使ってそれぞれの状態によってずらすことにしました。

ContentView.swift
enum TabType: Int {
    case rent
    case buy
}

struct ContentView: View {

    @State private var selection: TabType = .rent

    var body: some View {
        GeometryReader { geometry in
            NavigationView {
                VStack(spacing: .zero) {
                    UpperTabView(selection: $selection,
                                 geometrySize: geometry.size)
                    Spacer()
                }
                .navigationBarTitle("住みたい街ランキング2021(首都圏)",
                                    displayMode: .inline)
            }
        }
    }
}

geometrySizeCGSize としてを値渡ししています。
ボタンとバーの幅,バーの座標設定に利用しています。
三項演算子を使って,各状態の色の設定,バーの座標計算なども行っています。
このタブでのボタン操作によって変わる状態を親 View に伝える必要が
今後出てくるため,ここで @Binding をつけておきます。

UpperTabView.swift
struct UpperTabView: View {
    // ボタンのタップで状態を変える 親Viewに状態を伝えるため @Binding をつけておく
    @Binding var selection: TabType
    let geometrySize: CGSize

    var body: some View {
        VStack(alignment: .leading, spacing: .zero) {
            HStack(spacing: .zero) {
                Button(action: {
                    // 「借りて住みたい」ボタンタップで借りる状態に変更
                    self.selection = .rent
                }, label: {
                    Text("「借りて住みたい」")
                        .foregroundColor(self.selection == .rent ?
                                            .rentOrange: .gray)
                         .font(.headline)
                })
                .frame(width: geometrySize.width / 2, height: 44.0)
                Button(action: {
                    // 「買って住みたい」ボタンタップで買う状態に変更
                    self.selection = .buy
                }, label: {
                    Text("「買って住みたい」")
                        .foregroundColor(self.selection == .rent ?
                                            .gray: .buyBlue)
                        .font(.headline)
                })
                .frame(width: geometrySize.width / 2, height: 44.0)
            }
            Rectangle()
                .fill(self.selection == .rent ? Color.rentOrange: Color.buyBlue)
                .frame(width: geometrySize.width / 2, height: 2.0)
                .offset(x: self.selection == .rent ? .zero: geometrySize.width / 2, y: .zero)
        }
    }
}

ここまでの実装で実行するとそれぞれのボタンタップで,
それぞれ状態が変わってボタンの色やバーも追従してくれます。

バーをアニメーションさせたいなと思って調べて 2種類方法見つけたのですが,
ここではひとつ目のものを採用しました。見つけたときちょっと感動しました。
withAnimation[2] を使うことでアニメーションさせながら
Bool 値を切り替えられたりするんですね。色々便利そう。

今回は,enum の状態を 0.3秒かけて変更させました。
こだわりはなかったので linear(等速)でアニメーションさせています。

Button(action: {
-    self.isRent = true
+    withAnimation(.linear(duration: 0.3)) {
+        self.selection = .rent
+    }
}, label: {
    // 略
})

Button(action: {
-    self.isRent = false
+    withAnimation(.linear(duration: 0.3)) {
+        self.selection = .buy
+    }
}, label: {
    // 略
})

これで状態を切り替えるとバーが追従してくれるようになりました🎉
この実装をしたときは感動がありましたが,最終的には・・・
別のアニメーション実装を選択することになりましたがそれは後述します。

TR21_01

  • @State@Binding を利用した状態切り替えの扱い方
  • バーの座標切り替えは offset でずらせば実現できる!
  • withAnimation で任意の時間をかけて状態を変化させることができて便利!

街ランキングリスト部分(ページング)

「借りて住みたい」「買って住みたい」ランキング部分は
左右にスワイプすることによるページングをさせてみます。
そこで使ってみたかったのが iOS 14 から使えるようになった TabView の新要素です。

TabView は SwiftUI 初期からありました。
用途は文字通り UIKit での UITabBarController 的な使い方です。
iOS 14 から PageTabViewStyle が追加されました。
UIPageViewController 的なページングが可能な UI が実現できます。

使い方は,tabViewStyle の設定を PageTabViewStyle にするだけです。
TabView の中で表示させたい View を書いていきます。
そうするとページングするとそれぞれの View が表示されます。

indexDisplayModeautomaticalwaysnever の3種類があります。
これは,UIKit での UIPageControl,つまり現在の index を示す UI の表示モードです。
今回は不要なので never を使います。
下記のようにとても楽に書けます😂

HogeView.swift
TabView {
    Text("Page A")
    Text("Page B")
}
.tabViewStyle(PageTabViewStyle(indexDisplayMode: .never))

今回はこれに加えて selection の概念を使います。
ページングによって表示されている View の index を知ることができます。
そのため,View にはそれぞれ tag を付与します。
tagHashable に準拠していれば大丈夫で今回は enum の状態(Int型)を使います。

ContentPageView.swift を新規で作ってこれをランキング部分にします。
「借りて住みたい」「買って住みたい」の各状態にそれぞれの View があって
その View をページングすることで各状態に対応した View を表示します。
また,その際上部のタブの状態も切り替えます。
ここで selection の連携が活きてきます。

ContentPageView.swift
struct ContentPageView: View {
    // ページングすることで状態が変わるので @Binding を使う
    @Binding var selection: TabType

    var body: some View {
        TabView(selection: $selection) {
            Text("Rent")
                .tag(TabType.rent)
            Text("Buy")
                .tag(TabType.buy)
        }
        .tabViewStyle(PageTabViewStyle(indexDisplayMode: .never))
    }
}
この時点の ContentView.swift
ContentView.swift
enum TabType: Int {
    case rent
    case buy
}

struct ContentView: View {

    @State private var selection: TabType = .rent

    var body: some View {
        GeometryReader { geometry in
            NavigationView {
                VStack(spacing: .zero) {
                    UpperTabView(selection: $selection,
                                 geometrySize: geometry.size)
                    // ここ追加 ↓
                    ContentPageView(selection: $selection)
                }
                .navigationBarTitle("住みたい街ランキング2021(首都圏)",
                                    displayMode: .inline)
            }
        }
    }
}

左右にスワイプしてページングすることで状態が変わるので,
@Binding を使って親 View(ContentView) に状態の変化を伝えられるようにしています。
ここでのページングによる状態変化は,親 View 経由でタブ(UpperTabView)にも伝えられ,よってタブの状態切り替えも行われます。

ここまでの実装の実行結果はこちらです。

TR21_02

仕様的には問題ないですが,ちょっと惜しい部分があります。
上部のタブのボタンをタップして状態を切り替える際は,
それぞれの View もバーも追従してくれますが,
ページングした場合は上部のタブのバーがアニメーションしません。

理由は,ボタンタップ時にのみアニメーションするように書いているためです。
よって状態の変化があるたびにアニメーションさせるために実装を見直します。
animation(_:)[3] モディファイアを使います。
ラップするビュー内のすべてのアニメーション化可能な変更に適用されます。

Button の action で状態を切り替えていたのをやめて,
バーの View,すなはち Rectangle にラップさせます。
ここでは,状態変化に伴うバーの座標変更にアニメーションが適用されます。

ContentPageView.swift
struct UpperTabView: View {

    @Binding var selection: TabType
    let geometrySize: CGSize

    var body: some View {
        VStack(alignment: .leading, spacing: .zero) {
            HStack(spacing: .zero) {
                // 省略
            }
            Rectangle()
                .fill(self.selection == .rent ? Color.rentOrange: Color.buyBlue)
                .frame(width: geometrySize.width / 2, height: 2.0)
                .offset(x: self.selection == .rent ? .zero: geometrySize.width / 2, y: .zero)
+               .animation(.linear(duration: 0.3))
        }
    }
}

また,ContentPageViewTabView も同様にラップしておきます。
上部タブのタップで状態を切り替えた際に,ページングのアニメーションさせるためです。

ContentPageView.swift
struct ContentPageView: View {

    @Binding var selection: TabType

    var body: some View {
        TabView(selection: $selection) {
            Text("Rent")
                .tag(TabType.rent)
            Text("Buy")
                .tag(TabType.buy)
        }
        .tabViewStyle(PageTabViewStyle(indexDisplayMode: .never))
+       .animation(.linear(duration: 0.3))
    }
}

これで,「借りて住みたい」「買って住みたい」ボタンタップ時,
左右にスワイプしてページングした際にも期待した動きになりました。

TR21_03

  • TabView の新しい PageTabViewStyle の使い方を抑える
  • animation はラップした View のアニメーション化可能な変更に対してのアニメーション

街ランキングリスト部分(リスト表示)

街ランキングリスト部分(LazyVGrid部分)

次に「借りて住みたい」「買って住みたい」,
それぞれのランキング表示用のリストを作ります。

ListTableView みたいな表示も可能だし,
ForEach を使って View を繰り返し表示することでも実現可能です。
せっかくなので iOS 14 から新しく使えるようになった LazyVGrid を使って
カードUI のリストみたいにしてみます。

LazyVGrid[4] は UIKit での UICollectionView にあたります。
SwiftUI 初期に欲しかったですよね。LazyHGrid もあります。
Grid を組んで縦にスクロールさせる場合が LazyVGrid
Grid を組んで横にスクロールさせる場合が LazyHGrid のイメージです。

The grid is “lazy,” in that the grid view does not create items until they are needed.

公式ドキュメントにある通り,表示に必要になるまで Grid View(セル)を生成しないです。
要素数が多い場合でもパフォーマンスよくなる感じです。
新しく登場した LazyVStackLazyHStack も同じ考え方です。

LazyVGrid では横のセル同士のマージンの調整は,GridItem で,
次の列のセルとのマージンは LazyVGrid の方で設定します。
LazyHGrid は逆になります。
GridItem ではセルの幅や行ごとのセルの数など設定できますが,今回は最小の実装にします。
次回あたりテーマにしてみようと思います。
以下,Grid View は,セルとして表現します。

TownRankingListView.swift を新たに生成し,
こちらにランキングリストを実装していきます。
この View がページングされるように書き換えます。
ランキングリスト自体は同じクラスで作るので状態を引数として渡します。
ついでに SafeArea も無視して一番下まで表示できるようにしておきます。

ContentPageView.swift
struct ContentPageView: View {

    @Binding var selection: TabType

    var body: some View {
        TabView(selection: $selection) {
-           Text("Rent")
+           TownRankingListView(selection: selection)
                .tag(TabType.rent)
-           Text("Buy")
+           TownRankingListView(selection: selection)
                .tag(TabType.buy)
        }
        .tabViewStyle(PageTabViewStyle(indexDisplayMode: .never))
        .animation(.linear(duration: 0.3))
+       .edgesIgnoringSafeArea(.bottom)
    }
}

今回の仕様としては,1行で10列,それぞれのセルとのマージンは 10pt とします。
左右のマージンは 16pt ずつですがマージンの設定は,
訳ありで ForEach で View 生成の際に設定するようにします。

一旦セルの代わりに Rectangle で代用します。
借りるだったらオレンジ,買うだったらブルーで塗りつぶします。

セルと左右上下端との余白,UICollectionView でいうところの
UICollectionViewFlowLayoutsectionInset は,
.padding(.all, 16.0) で表現できます。深く考えなくていいので楽かもしれないですね。

TownRankingListView.swift
struct TownRankingListView: View {

    // このViewで変更は起きないので値渡しだけで良い
    let selection: TabType

    var body: some View {
        ScrollView {
            LazyVGrid(columns: [GridItem()], spacing: 0.0) {
                ForEach(0 ..< 10) { index in
                    Rectangle()
                        .fill(selection == .rent ? Color.rentOrange: Color.buyBlue)
                        .frame(height: 50)
                        .cornerRadius(8.0)
                        .padding(.bottom, 10.0)
              // ↑今回は擬似的に minimumLineSpacing 相当とする
                       // 本来は LazyVGrid の spacing で設定する
                }
            }
            .padding(.all, 16.0) // sectionInset相当
        }
        .background(Color.gridBackground)
    }
}

実行すると下記のようになります。

TR21_04

街ランキングリスト部分(1~10位のセル実装)

今までは Rectangle で代用していましたが,
ランキングと街情報を表示するセルを実装していきます。
シンプルイズベストということで,サイトと同じようなデザインにします。
私が仕様 なので画像は SF Symbols[5] から探してガンガン使ってます。
(業務でも SF Symbols になければアイコン探す運用にしたい・・・)

仕様

  • 1位〜3位までは王冠付きのランク表示
  • 街名,ランク情報,最寄りの路線を表示する
  • 画像は SF Symbols から探す

TownRowView というクラスで,HStackVStack を使って実装します。
ただ,1~3位の王冠のサイズを大きくしたり,順位変動部分の幅が可変だったりすることもあって,ZStack を使って領域分の幅を固定で取っています。
また,現時点ではそれぞれの値は固定値としています。
三項演算子ばかりで少し可読性悪いかもですね🤔
↓ 複雑な割に大したことはないのでトグルにします。

TownRowView の実装
TownRowView.swift
import SwiftUI

struct TownRowView: View {
    let selection: TabType
    let rank: Int
    let isRankUp: Bool
    let rankFluctuation: Int

    var body: some View {
        HStack(spacing: 16.0) {
            ZStack {
                Rectangle()
                    .fill(Color.clear)
                    .frame(width: 50.0, height: 50.0)
                Image(systemName: rank < 4 ? "crown.fill": "circle.fill")
                    .resizable()
                    .scaledToFit()
                    .frame(width: rank < 4 ? 50.0: 30.0, height: rank < 4 ? 50.0: 30.0)
                    .offset(x: .zero, y: rank < 4 ? -5.0: .zero)
                    .foregroundColor(selection == .rent ? .rentOrange: .buyBlue)
                Text(rank.description)
                    .font(rank < 4 ? .title2: .subheadline)
                    .bold()
                    .foregroundColor(.white)
            }
            ZStack {
                Rectangle()
                    .fill(Color.clear)
                    .frame(width: 50.0, height: 50.0)
                VStack(spacing: 4.0) {
                    if !isRankUp && rankFluctuation == 0 {
                        Image(systemName: "minus.circle.fill")
                            .resizable()
                            .frame(width: 20.0, height: 20.0)
                            .foregroundColor(.gray)
                        Text("キープ")
                            .font(.footnote)
                            .foregroundColor(.gray)
                    } else {
                        Image(systemName: isRankUp ? "arrow.up.circle.fill": "arrow.down.circle.fill")
                            .resizable()
                            .frame(width: 20.0, height: 20.0)
                            .foregroundColor(isRankUp ? .red: .blue)
                        Text(rankFluctuation.description + (isRankUp ? "アップ": "ダウン"))
                            .font(.footnote)
                            .foregroundColor(isRankUp ? .red: .blue)
                    }
                }
            }
            Text("浦安")
                .font(.body)
                .bold()
            Spacer()
            Text("東京メトロ東西線")
                .frame(width: 90.0)
                .lineLimit(nil)
                .foregroundColor(.gray)
                .font(.footnote)
        }
        .padding(.horizontal, 16.0)
        .padding(.vertical, 10.0)
        .background(Color.rowBackground)
        .cornerRadius(8.0)
        .shadow(color: Color.black.opacity(0.16), radius: 3.0, x: .zero, y: 3.0)
    }
}

struct TownRowView_Previews: PreviewProvider {
    static var previews: some View {
        TownRowView(selection: .rent, rank: 1, isRankUp: true, rankFluctuation: 10)
            .previewLayout(PreviewLayout.sizeThatFits)
            .padding()
        TownRowView(selection: .buy, rank: 4, isRankUp: false, rankFluctuation: 5)
            .previewLayout(PreviewLayout.sizeThatFits)
            .padding()
        TownRowView(selection: .rent, rank: 10, isRankUp: false, rankFluctuation: 0)
            .previewLayout(PreviewLayout.sizeThatFits)
            .padding()
    }
}

こういう View を作るときはプレビューが便利ですよね。
状態や値を変えて並べてみました。
この View がランキングリストの各セルとして表示されます。

TownRankingListView のセルビュー生成部分を書き換えます。

TownRankingListView.swift
struct TownRankingListView: View {

    let selection: TabType

    var body: some View {
        ScrollView {
            LazyVGrid(columns: [GridItem()], spacing: 0.0) {
                ForEach(0 ..< 10) { index in
-                   Rectangle()
-                       .fill(selection == .rent ? Color.rentOrange: Color.buyBlue)
-                       .frame(height: 50)
-                       .cornerRadius(8.0)
+                   TownRowView(selection: selection, rank: 1, isRankUp: true, rankFluctuation: 10)
                        .padding(.bottom, 10.0)
                }
            }
            .padding(.all, 16.0)
        }
        .background(Color.gridBackground)
    }
}

実行するとこんな感じになります。10個それぞれ表示されます。

「借りて住みたい」 「買って住みたい」
  • LazyVGrid の使い方を抑える

街ランキングリスト部分(11位以降の表示/非表示対応)

参考にした住みたい街ランキングサイトを見ると,
11位以降はボタンタップで表示・非表示が切り替えられるので,
同じようにアコーディオンチックな実装にしてみます。

11〜20位の仕様は下記のようにしてみました。

仕様

  • 11〜20位はボタンのタップで表示・非表示を切り替える
  • 11〜20位はマージンなしのリスト表示
  • 表示はランク,ランク増減,街名,最寄り路線
  • ランク部分は全て丸で背景色は色は少し薄めのオレンジ・ブルーに
  • 利用可能路線情報は街名の下に表示

街ランキングリスト部分(11~20位のセル実装)

まずは,11〜20位用のセルの View を実装してみます。
1〜10位用に先ほど実装した TownRowView を使おうと思ったのですが,
表示させる項目は同じではあるのですが,三項演算子も多く,
レイアウトも異なるためさらに複雑になりそうだったので新規で作ります。
SubTownRowView とします。角丸設定も不要です。

11〜20位のセル実装 SubTownRowView
struct SubTownRowView: View {
    let selection: TabType
    let rank: Int
    let isRankUp: Bool
    let rankFluctuation: Int

    var body: some View {
        HStack(spacing: 16.0) {
            ZStack {
                Rectangle()
                    .fill(Color.clear)
                    .frame(width: 50.0, height: 50.0)
                Image(systemName: "circle.fill")
                    .resizable()
                    .scaledToFit()
                    .frame(width: 30.0, height: 30.0)
                    .foregroundColor(selection == .rent ? .subRentOrange: .subBuyBlue)
                Text(rank.description)
                    .font(.subheadline)
                    .bold()
                    .foregroundColor(.white)
            }
            ZStack {
                Rectangle()
                    .fill(Color.clear)
                    .frame(width: 50.0, height: 50.0)
                VStack(spacing: 4.0) {
                    if !isRankUp && rankFluctuation == 0 {
                        Image(systemName: "minus.circle.fill")
                            .resizable()
                            .frame(width: 20.0, height: 20.0)
                            .foregroundColor(.gray)
                        Text("キープ")
                            .font(.footnote)
                            .foregroundColor(.gray)
                    } else {
                        Image(systemName: isRankUp ? "arrow.up.circle.fill": "arrow.down.circle.fill")
                            .resizable()
                            .frame(width: 20.0, height: 20.0)
                            .foregroundColor(isRankUp ? .red: .blue)
                        Text(rankFluctuation.description + (isRankUp ? "アップ": "ダウン"))
                            .font(.footnote)
                            .foregroundColor(isRankUp ? .red: .blue)
                    }
                }
            }
            VStack(alignment: .leading, spacing: 4.0) {
                Text("妙典")
                    .font(.subheadline)
                    .bold()
                Text("東京メトロ東西線")
                    .lineLimit(nil)
                    .foregroundColor(.gray)
                    .font(.footnote)
            }
            Spacer()
        }
        .padding(.horizontal, 16.0)
        .padding(.vertical, 4.0)
        .background(Color.rowBackground)
    }
}

struct SubTownRowView_Previews: PreviewProvider {
    static var previews: some View {
        SubTownRowView(selection: .rent, rank: 11, isRankUp: true, rankFluctuation: 10)
            .previewLayout(PreviewLayout.sizeThatFits)
            .padding()
        SubTownRowView(selection: .buy, rank: 20, isRankUp: false, rankFluctuation: 5)
            .previewLayout(PreviewLayout.sizeThatFits)
            .padding()
        SubTownRowView(selection: .rent, rank: 20, isRankUp: false, rankFluctuation: 0)
            .previewLayout(PreviewLayout.sizeThatFits)
            .padding()
    }
}

先ほどと同じように状態や値を変えて並べてみました。
この View がランキングリスト 11〜20位の各セルとして表示されます。

街ランキングリスト部分(11~20位のセル表示)

11〜20位のセルもランキングリストに表示させてみます。
リスト表示させたいので,Section でそれぞれ異なるブロックにします。
Divider() を使ってセルとセルとの間にラインを引いてリスト表示っぽくしています。
11〜20位のレイアウトために,LazyVGridspacing を 0 にしていた感じです。
(ForEach の範囲は 0〜9 までになっていますが あとで 11〜20位の要素用に変更されます。)

TownRankingListView.swift
struct TownRankingListView: View {

    let selection: TabType

    var body: some View {
        ScrollView {
            // 11〜20位のレイアウトためにこのspacingを0にしていた
            LazyVGrid(columns: [GridItem()], spacing: 0.0) {
+               Section {
                    ForEach(0 ..< 10) { index in
                        TownRowView(selection: selection, rank: 1, isRankUp: true, rankFluctuation: 10)
                            .padding(.bottom, 10.0)
                    }
+               }
+               Section {
+                   ForEach(0 ..< 10) { index in
+                       SubTownRowView(selection: selection, rank: 11, isRankUp: true, rankFluctuation: 30)
+                       Divider()
+                   }
+               }
            }
            .padding(.all, 16.0)
        }
        .background(Color.gridBackground)
    }
}

実行するとこんな感じになります。さらに下に 10個それぞれ表示されます。
あと少し。

「借りて住みたい」 「買って住みたい」

街ランキングリスト部分(表示・非表示の実現)

最後に11〜20位のランキングの表示・非表示を実現させていきます。
11〜20位のランキングの表示,非表示という状態を表現するために
isExpanded という変数を定義し,isExpandedtrue の場合のみ
11〜20位のランキングリストを表示させるように実装します。

TownRankingListView.swift
struct TownRankingListView: View {

    let selection: TabType
+   @State private var isExpanded = false

    var body: some View {
        ScrollView {
            LazyVGrid(columns: [GridItem()], spacing: 0.0) {
                Section {
                    ForEach(0 ..< 10) { index in
                        TownRowView(selection: selection, rank: 1, isRankUp: true, rankFluctuation: 10)
                            .padding(.bottom, 10.0)
                    }
                }
+               if isExpanded {
                    Section {
                        ForEach(0 ..< 10) { index in
                            SubTownRowView(selection: selection, rank: 11, isRankUp: true, rankFluctuation: 30)
                            Divider()
                        }
                    }
                }
+           }
            .padding(.all, 16.0)
        }
        .background(Color.gridBackground)
    }
}

isExpanded の状態切り替えは,Button のアクションに任せます。
ExpandButtonView を新規で実装します。
isExpanded の値によってボタンのタイトルを変更し,アロー画像の向きを変更させます。

ExpandButtonView の実装
ExpandButtonView.swift
struct ExpandButtonView: View {

    let selection: TabType
    // このViewでの状態変化をランキングリストのViewに伝える
    @Binding var isExpanded: Bool

    var body: some View {
        Button {
            // ボタンのタップアクションで状態を切り替え
            self.isExpanded.toggle()
        } label: {
            HStack {
                Text(isExpanded ? "閉じる": "11位以降を見る")
                    .font(.subheadline)
                    .bold()
                    .foregroundColor(.white)
                Image(systemName: isExpanded ? "chevron.up": "chevron.down")
                    .foregroundColor(.white)
            }
            .frame(height: 52.0)
            .frame(minWidth: .zero, maxWidth: .infinity)
            .background(selection == .rent ? Color.rentOrange: Color.buyBlue)
            .cornerRadius(8.0)
        }
    }
}

struct ExpandButtonView_Previews: PreviewProvider {
    static var previews: some View {
        Group {
            ExpandButtonView(selection: .rent, isExpanded: .constant(false))
                .previewLayout(PreviewLayout.sizeThatFits)
                .padding()
                .background(Color(.systemBackground))
            ExpandButtonView(selection: .rent, isExpanded: .constant(true))
                .previewLayout(PreviewLayout.sizeThatFits)
                .padding()
                .background(Color(.systemBackground))
        }
    }
}

isExpanded の値によって下記のようなビューの違いになります。
また,selection の値によって背景色が変わります。

最後にランキングリストの一番下にこのボタンが表示されるように実装追加します。
一番下の SafeArea の高さ分ボタンの下に追加してやると見栄えが良くなります。
SafeArea の高さの取得方法は何種類かあると思いますが,
ContentViewgeometry.safeAreaInsets.bottom で取れるので値渡しで持ってきました。

TownRankingListView.swift
struct TownRankingListView: View {

    let selection: TabType
+   let safeAreaBottomHeight: CGFloat
    @State private var isExpanded = false

    var body: some View {
        ScrollView {
            LazyVGrid(columns: [GridItem()], spacing: 0.0) {
                Section {
                    ForEach(0 ..< 10) { index in
                        TownRowView(selection: selection, rank: 1, isRankUp: true, rankFluctuation: 10)
                            .padding(.bottom, 10.0)
                    }
                }
                if isExpanded {
                    Section {
                        ForEach(0 ..< 10) { index in
                            SubTownRowView(selection: selection, rank: 11, isRankUp: true, rankFluctuation: 30)
                            Divider()
                        }
                    }
                }
            }
            .padding(.all, 16.0)
+           ExpandButtonView(selection: selection, isExpanded: $isExpanded)
+               .padding(.horizontal, 16.0)
+               .padding(.bottom, 16.0 + safeAreaBottomHeight)
        }
        .background(Color.gridBackground)
    }
}

実行してみると動きは実現できています。
あとはランキングデータを取得して表示させるだけです。

TR21_05

ランキングリスト用の街データモデルの実装

住みたい街ランキング用の JSON を元にデータを扱うモデルを実装します。
複雑ではないです。今回は Encodable の方はいらないです。

TownRankingData.swift
struct TownRankingData: Decodable {
    var townRankingsForRent: [TownInfo]
    var townRankingsForBuy: [TownInfo]
}
TownInfo.swift
struct TownInfo: Decodable {
    var rank: Int
    var townName: String
    var isRankUp: Bool
    var rankFluctuation: Int
    var availableLine: String
}

JSON のデータをリストに表示

先述したとおり今回の記事ではローカルの JSON ファイルからデータを取得します。
TownRankingFetcher クラスを作って,取得結果をコールバックさせます。

TownRankingFetcher.swift
class TownRankingFetcher {
    func fetchTownRanking(completion: @escaping (Result<TownRankingData, Error>) -> Void) {
        guard let path = Bundle.main.path(forResource: "TownRanking2021", ofType: "json") else { return }
        do {
            let data = try Data(contentsOf: URL(fileURLWithPath: path))
            let fetchedData = try JSONDecoder().decode(TownRankingData.self, from: data)
            DispatchQueue.main.async {
                completion(.success(fetchedData))
            }
        } catch  {
            DispatchQueue.main.async {
                completion(.failure(error))
            }
        }
    }
}
APIのリンク用意して URLSession など使って通信する場合
TownRankingFetcher.swift
class TownRankingFetcher {
    func fetchTownRanking(completion: @escaping (Result<TownRankingData, Error>) -> Void) {
        URLSession.shared.dataTask(with: URL(string: APIのリンク)!) { (data, response, error) in
            guard let data = data else { return }
            let decoder: JSONDecoder = JSONDecoder()
            do {
                let fetchedData = try decoder.decode(TownRankingData.self, from: data)
                DispatchQueue.main.async {
                    completion(.success(fetchedData))
                }
            } catch {
                DispatchQueue.main.async {
                    completion(.failure(error))
                }
            }
        }.resume()
    }
}

外部API を叩いてリスト表示するサンプル実装は
Qiita に以前書いたのでよかったらご覧ください🙇‍♂️

https://qiita.com/MilanistaDev/items/64dca8c9d5099a19529e

次に ViewModel を実装します。
ObservableObject に準拠させて,変更があった際に通知可能にします。
データのモデルのプロパティに @Published 属性を付加して監視対象とします。
townRankingData の初期化として「借りて住みたい」「買って住みたい」
それぞれのランキングデータの配列を空にしておいて JSON からデータ取得後に
変更を通知できるようになる感じです(簡単にいうと)。

TownRankingViewModel.swift
class TownRankingViewModel: ObservableObject {

    @Published var townRankingData =  TownRankingData(townRankingsForRent: [], townRankingsForBuy: [])
    let fetcher = TownRankingFetcher()

    init() {
        fetcher.fetchTownRanking { result in
            switch result {
            case .success(let townRankingData):
                // 取得したランキングデータを代入して変更をこのクラスを監視しているViewに通知
                self.townRankingData = townRankingData
            case .failure(let error):
                debugPrint(error.localizedDescription)
            }
        }
    }
}

データの変化を受け取って View を更新する処理を実装します。
今回の親 View の ContentView で ViewModel を定義して,
@ObservedObject 属性を付与します。
これでランキングデータ取得時に変更を受け取ることができます。
TownRankingViewModel のランキングデータモデル townRankingData
子の View に渡していきます。

ContentView.swift
struct ContentView: View {

    @State private var selection: TabType = .rent
+   @ObservedObject private var townRankingVM = TownRankingViewModel()

    var body: some View {
        GeometryReader { geometry in
            NavigationView {
                VStack(spacing: .zero) {
                    UpperTabView(selection: $selection,
                                 geometrySize: geometry.size)
                    ContentPageView(selection: $selection,
+                                   townRankingData: townRankingVM.townRankingData,                                 
                                    safeAreaBottomHeight: geometry.safeAreaInsets.bottom)
                }
                .edgesIgnoringSafeArea(.bottom)
                .navigationBarTitle("住みたい街ランキング2021(首都圏)",
                                    displayMode: .inline)
            }
        }
    }
}

ContentPageViewTownRankingData 型で定数を宣言して値渡しできるようにします。
今回は,子Viewでデータの変更は行わないのでただの値渡しです。
ランキングリストの TownRankingListView にも値渡しします。
今回は,「借りて住みたい」「買って住みたい」ランキングデータのモデルをそれぞれ渡します。

struct ContentPageView: View {
    // ページングすることで状態が変わるので @Binding を使う
    @Binding var selection: TabType
    // 子Viewでデータの変更は行わないので値渡しで良い
+   let townRankingData: TownRankingData
    let safeAreaBottomHeight: CGFloat

    var body: some View {
        TabView(selection: $selection) {
            TownRankingListView(selection: selection,
+                               townInfo: townRankingData.townRankingsForRent,
                                safeAreaBottomHeight: safeAreaBottomHeight)
                .tag(TabType.rent)
            TownRankingListView(selection: selection,
+                               townInfo: townRankingData.townRankingsForBuy,
                                safeAreaBottomHeight: safeAreaBottomHeight)
                .tag(TabType.buy)
        }
        .tabViewStyle(PageTabViewStyle(indexDisplayMode: .never))
        .animation(.linear(duration: 0.3))
    }
}

ランキングリストの TownRankingListView で宣言するのは,
[TownInfo] 型の定数です。今回は 20要素分あるので min関数 を使って,
1〜10位,11〜20位の範囲の要素のデータを表示できるように ForEach の範囲を調整しています。
静的なデータをセル View に渡していたところを各街データ(TownInfo)に変更しています。
index 使わないのに書いてたのはこのためでした。
最下部のボタンは,データ取得後に表示させるために条件文を追加しています。

struct TownRankingListView: View {

    let selection: TabType
+   let townInfo: [TownInfo]
    let safeAreaBottomHeight: CGFloat
    @State private var isExpanded = false

    var body: some View {
        ScrollView {
            LazyVGrid(columns: [GridItem()], spacing: 0.0) {
                Section {
-                   ForEach(0 ..< 10) { index in
-                       TownRowView(selection: selection, rank: 1, isRankUp: true, rankFluctuation: 10)
-                           .padding(.bottom, 10.0)
-                   }
+                   ForEach(0 ..< min(townInfo.count, 10)) { index in
+                       TownRowView(selection: selection,
+                                   townInfo: townInfo[index])
+                           .padding(.bottom, 10.0)
+                   }
                }
                if isExpanded {
                    Section {
-                       ForEach(0 ..< 10) { index in
-                           SubTownRowView(selection: selection, rank: 11, isRankUp: true, rankFluctuation: 30)
-                           Divider()
-                       }
+                       ForEach(min(townInfo.count, 10) ..< townInfo.count) { index in
+                           SubTownRowView(selection: selection,
+                                          townInfo: townInfo[index])
+                           Divider()
+                       }
                    }
                }
            }
            .padding(.all, 16.0)
            // データ取得前は表示させない
+           if !townInfo.isEmpty {
                ExpandButtonView(selection: selection, isExpanded: $isExpanded)
                    .padding(.horizontal, 16.0)
                    .padding(.bottom, 16.0 + safeAreaBottomHeight)
+           }
        }
        .background(Color.gridBackground)
    }
}

最後にセルのViewのデータの値渡しです。
let townInfo: TownInfo を定義して値を受けられるようにします。
TownInfo に街・ランク情報が入ってくるのでそのデータを参照するように書き換えます。
ここでは省略します。

実行してみます。

これで終わりだと思った・・・

「借りて住みたい」側の 1〜10位の表示が出ません。むむむ🤔
ボタンは表示されているし,11〜20位のデータもあるので全部取れているはずです。

TR21_06

検索してみたところ,下記記事[6]にも同様の内容の記載がありました。

https://hack.nikkei.com/blog/advent20201201/

TabViewのContentViewを静的な固定値ではなく、APIから動的に取得する場合、再レンダリングが正常に働かない挙動を確認しています。 TabViewにidメソッドを適用して、コンテンツに変化が起きたら強制的に再レンダリングを行わせることで対応できます。

iOS 15 で解消されればいいなぁ。
ということで同様の処理をしてみました。

まずはモデルの構造体を Hashable に準拠させます。

TownInfo.swift
// Hashable に準拠させる
struct TownInfo: Decodable, Hashable {
    var rank: Int
    var townName: String
    var isRankUp: Bool
    var rankFluctuation: Int
    var availableLine: String
}

次に TabViewid メソッドを適用させます。

ContentPageView.swift
struct ContentPageView: View {

    @Binding var selection: TabType
    let townRankingData: TownRankingData
    let safeAreaBottomHeight: CGFloat

    var body: some View {
        TabView(selection: $selection) {
            TownRankingListView(selection: selection,
                                townInfo: townRankingData.townRankingsForRent,
                                safeAreaBottomHeight: safeAreaBottomHeight)
                .tag(TabType.rent)
            TownRankingListView(selection: selection,
                                townInfo: townRankingData.townRankingsForBuy,
                                safeAreaBottomHeight: safeAreaBottomHeight)
                .tag(TabType.buy)
        }
        .tabViewStyle(PageTabViewStyle(indexDisplayMode: .never))
        .animation(.linear(duration: 0.3))
+       // 画面更新されないため
+       .id(townRankingData.townRankingsForRent.hashValue)
    }
}

上記修正を追加したらちゃんと 1〜10位も表示されました🎉

TR21_07

今回,ダークモード対応については触れなかったのですが,
SwiftUI の Preview 機能を使ってちょこちょこ確認してました。
Dynamic Type なども含め,アクセシビリティも意識しながら実装できるのいいですよね。

おわりに

今回は,UIのイメージと使ってみたい新要素だけを持って実装進めましたが,
意外と作れるものだなぁが7割,これどう実装するんだ?3割くらいで楽しかったです。
幅広く復習できたのでまぁまぁ満足してます。

SwiftUI は業務でまださわれない分,個人開発で!という感じで付き合っています。
今作ってる新規アプリは,UIKit でまず画面単位で作って SwiftUI で作れそうなら
UIHostingController を利用して採用という形でやっています。
ContainerView などで部分的に作れる場合も考慮はしています。

UIKit じゃなくても実現できることが増えてきたので,
普段から触っておくのが良いなと思いました。
ただ,iOS 14 (SwiftUI 2)以上でやっと使えるレベルだと思ってるので
ストレスなく開発できるようになるまで正直我慢ですね。

ご覧いただきありがとうございました。

参考

脚注
  1. https://www.homes.co.jp/cont/s_ranking/shutoken/ ↩︎

  2. https://developer.apple.com/documentation/swiftui/withanimation(::) ↩︎

  3. https://developer.apple.com/documentation/swiftui/view/animation(_:) ↩︎

  4. https://developer.apple.com/documentation/swiftui/lazyvgrid ↩︎

  5. https://developer.apple.com/sf-symbols/ ↩︎

  6. https://hack.nikkei.com/blog/advent20201201/ ↩︎

Discussion

ログインするとコメントできます