😸

DeFi vs. CeFi。分散型金融と中央集権型金融を比較

2023/03/13に公開

DeFiを使えば、銀行がサポートするほとんどのこと(利子の獲得、借入、貸付、保険の購入、デリバティブ取引、資産取引など)ができますが、より速く、事務手続きや第三者を必要としません。

暗号と同様に、DeFiはグローバルで、ピアツーピア(中央集権的なシステムを経由せず、2人の間で直接行うことを意味する)、偽名、そしてすべての人に開かれています。では、実際にDeFiとは何なのか?このブログを読んで、もっと知ってみましょう。

DeFiとは

DeFiとは、「Decentralized Finance」の略で、暗号通貨やブロックチェーンにおける様々な金融アプリケーションの総称であり、金融仲介の破壊を目的としています。

CeFiとは

CeFi(中央集権金融)とは、ユーザーが中央集権機関を利用して融資を受け、利息を獲得し、暗号通貨を売買するプロセスである。

DeFi vs. CeFi。分散型金融と集中型金融を比較する
最も一般的なDeFi vs CeFiの特性については、以下のセクションで説明します。

公的検証可能性
DeFiのアプリケーションコードは必ずしもオープンソースであるとは限りませんが、その実行とバイトコードはブロックチェーン上で公に検証可能でなければ、非親告罪のDeFiとして分類されません。その結果、CeFiとは異なり、どのDeFiユーザーもDeFiの状態変化の秩序ある実行を観察・検証することができます。このような透明性により、新しいDeFiテクノロジーは、他の追随を許さない信頼を伝達する力を持つことになります。

原子性

ブロックチェーン・トランザクションでは、連続したアクションを実行することができ、これには複数の金融取引が含まれる場合があります。この組み合わせはアトミックにすることができ、トランザクションがすべての活動を完了するか、まとめて失敗するかのどちらかであることを意味する。このプログラム可能なアトミック属性はCeFiには存在しないが、CeFiのアトミック性を強制するために、高価で時間のかかる法的契約が使用されるかもしれない。
匿名での開発および展開

中央集権的な金融は、DeFiでの取引に比べ、ユーザーに匿名性を提供することができません。多くのDeFiプロジェクトは匿名のチームによって作成・管理されており、ビットコインの創始者でさえ今日まで無名のままである。採掘者は、DeFiスマートコントラクトがインストールされると暗黙のうちに操作する。匿名のDeFiアプリケーションはフロントエンドなしで機能することができ、ユーザーはスマートコントラクトに直接関与することを余儀なくされます。

カストディ
CeFiとは対照的に、DeFiはお客様がいつでも自分の資産を直接コントロールできる(銀行の開店を待つ必要がない)のが特徴です。しかし、そのような巨大な力には大きな責任が伴う。そのような保険が引かれない限り、技術的な危険の大部分はユーザーが吸収することになる。その結果、従来のカストディアンと実質的に同じである集中型取引所は、暗号通貨資産を保管するために特に人気があります。

個人情報保護
DeFiは、プライバシーを保持しないスマートコントラクトを搭載したブロックチェーンでしか見つけることができません。その結果、これらのブロックチェーンは真の匿名性ではなく、擬似的な匿名性を提供します。AMLポリシーを持つ中央集権的な取引所が、お金を暗号通貨資産に変換するための唯一の現実的な選択肢であることが多いことを考えると、これらの取引所は法執行機関にアドレスの所有権を明らかにする力を持っていると言えます。

まとめ
今回のブログでは、DeFiとCeFiの違いについてご紹介しました。現在と今後の動向で、DeFiは今後数十年で大きな革命を起こすと予測されています。

DeFiについてもっと知りたい方は本コンテンツをお読みください。

https://miichisoft.com/what-is-defi/

Website: https://miichisoft.com/

Discussion

ログインするとコメントできます