🤖

同時にデプロイすると失敗する可能性があるリソース

skmkzyk2022/08/23に公開

同時にデプロイすると失敗するリソースがあるように思う

Bicep で IaC しているときに、徐々にインフラを育てていくとうまくいっていたのですが、改めて下から上まで一発で作ろうと思うとこける 可能性が高いように感じる リソースを備忘録がてら並べておきます。
また、対処策もできれば一応書いておきます。

  • 1 つの ExpressRoute Gateway に対する複数の Connection リソース
  • Connection リソースと Azure Route Server リソース

1 つの ExpressRoute Gateway に対する複数の Connection リソース

どうもこれはこける可能性が高い気がします。
対応方法の 1 つめとして、Bicep の for 構文と batchSize(int) デコレーターを使います。
for 構文だけでは並列実行になってしまいますが、batchSize(1) としていすることで実質、順次実行に変えてしまいます。

@batchSize(1)
module conn '../lib/connection-ergw.bicep' = [for cct in cct_arr: {
  name: 'conn-${cct.name}-${ergw00.name}'
  params: {
    cctName: cct.name
    cctRGName: cct.rgName
    ergwName: ergw00.name
  }
}]

配列でのデプロイがしづらいケースでは、仕方がないので conn01conn02 などと定義したうえで、conn02 に対して明示的に conn01 への dependsOn を書いてしまします。
これにより、ARM 的に順次実行となります。

仮に並列実行となってしまい、Connection が failed になった場合、削除 → 作成とやってもあまり時間のロスはありません。
ただ、ExpressRoute Gateway の場合には時間がかかってしまいます。
その場合には、一目では意味がないように見える以下の PowerShell を実行すると直ることがあります。

$ergw = Get-AzVirtualNetworkGateway -ResourceGroupName spoke-hairpin -Name ergw-hub10
Set-AzVirtualNetworkGateway -VirtualNetworkGateway $ergw

Connection リソースと Azure Route Server リソース

ExpressRoute Gateway に対して両方とも影響があるということなのか、これら 2 つも同時にデプロイすると失敗するケースが多いように思います。
こちらに関してはどちらかにもう片方のリソースに対する明示的な dependsOn を指定するほか解消方法はないかと思います。

Microsoft (有志)

Microsoft Azureをはじめとする最新技術情報をお届けします。Twitterアカウント @msdevjp やYouTubeチャンネル「クラウドデベロッパーちゃんねる」も運用中です。 ※このPublicationは日本マイクロソフト社員による個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。

Discussion

ログインするとコメントできます