bottleを使ってHelloWorldするまで

1 min read読了の目安(約1100字

環境

  • MacOS
  • Python 3.7.4

環境準備

適当な場所に作業用のフォルダを作成。(例:Desktop)

mkdir workspace

作成したフォルダに移動し、仮想環境を作成。

cd workspace
python3 -m venv [ここに適当な名] # 例:bottle

activateする。[python3 -m venv bottle]で↑を叩いた場合

source bottle/bin/activate

Terminalの「$」より左側の文字列の頭に(bottle)を表示されていることを確認する。

(bottle)aaapc:~ workspace$

今現時点のディレクトリの状態

 Desktop
    L workspace
       L bottle

bottleをインストールする

pip install bottle

インストール時の場所を意識しなかったせいか、bottle.pyが/workspace/bottle/bin/.に入ってしまっていたので

cd ../
mkdir tutorial #/Desktop/workspace/tutorial
cd tutorial
mv /Desktop/workspace/bottle/bin/bottle.py .

別のフォルダを作成し、そこに置きなおしました。

Desktop
  L workspace
     L bottle
     L tutorial
        L bottle.py

tutorialフォルダ配下に、index.pyを作成し、以下を貼り付け。

from bottle import route, run

@route('/hello')
def hello():
    return "Hello World!"

run(host='localhost', port=8080, debug=True)

Treminalにコマンドを叩き、ローカルで立ち上げる。

python index.py

http://localhost:8080/hello を開く。

以下の画面が表示される。