📄

PostDev(2022)セッションメモ-フロントエンド開発テスト最前線

2022/10/01に公開約1,700字

はじめに

2022/10/01に開催されたPostDevを視聴したメモです。対象セッションはこちら

  • フロントエンド開発テスト最前線 (13:30-14:20)

フロントエンド開発テスト最前線の個人的メモ

(1) フロントエンドテストが書かれてこなかった理由

  • ロジックはテストしている
  • 見た目のところはテストしなかった
    • すぐ壊れる、コスパが悪いと思われていた
    • 非同期が多く繊細、フレイキー

(2) いまはどうなの?

  • フロントエンドでもまあままテストが書けるようになってた
  • ターニングポイントは?
    • フロントとサーバーの処理が分かれてきた
      • バックエンドが無くてもある程度動かせる、テスト容易性が増えてきた
    • 責任分界点が、JSONのやり取りになってきた。
      • 道が細くなったところをテストで押さえればよい
      • 並列で開発できる、スキーマを決めれば別々に作ってテストできる
    • ロジックがフロントエンドに寄って行った、テストの動機が増えた
      • コスパの面で、ペイするようになってきた
    • DOMスクリプティングの時代から、アプリをつくる時代になったから
    • React.js は、特定のプロパティ→特定のコンポーネントが返ってくる
      • HTML全体ではないので、部分部分でテストしやすくなった

(3) テストはやりやすくなった?

  • データ→HTMLの関数と捉えられる。in-outで確認できるのでテストしやすい
    • input(JSON)が決まれば、あるoutput(HTML)が返ってくる
  • HTMLの検証コードが大変
    • 最初の結果を正とする。スナップショットテスティングが発展してきた
    • (疑問:ブラウザの挙動まではテストしない、ということ?)
  • 見た目、バージョン差分もエコシステムの発展でそこまで意識しなくて良い
  • 昔はAutomationで動かせるブラウザが少なかった
    • ツール類はCSSがフルで再現できなかった
  • いまはヘッドレスブラウザも使える
    • バージョンも固定できる、ピクセルずれもほとんど起きない
    • ブラウザの挙動、見た目のテストも可能になってきた

(4) ピンチポイントでデータの入力側はどう扱うのが良いか?

  • msw (mock service worker) を使ったり
  • フロント側はそのままでOK
  • Node.jsでも動くのでサーバーサイドでも使える

(5) スキーマの決め方は、どうすると良い? ツールとか

  • よりどころになるスキーマがあること、約束事があること
  • 共通のスキーマにより、並列で開発できる
  • スキーマを書く→テストも生成するツールもある
  • 本物と、テスト用の仕組みの動きが、違うことを早く発見できるか?
    • CIできるようになった
    • フロントエンドと、バックエンド側の考えの違いを早い段階で発見できる

(6) 使っているツール、考え方

  • 見た目のテスト … ストーリーブック
  • regcap、 regcli ??
  • 自動テストツール … 自分で用意しているツールもある
  • GraphQLを使っているところが多い
    • スキーマがあるので、チェックできる
    • そうでない部分は、mswで期待を表現

(7) フロントエンドテストの今後

  • 再現性があり、比較的安定性あるテストの基盤ができた
  • が、本質的には不安定
    • 環境の不安定
    • 画面がどんどん変化(進化)するから
  • プロダクトの変化を、テストが疎外する事は避けたい
    • アクセシビリティを活用すると、カバーできるかも
    • アクセシビリティが高い=テスタビリティが高い、になってきた
  • テスタビリティ→アクセシビリティの流れもでてきた

おわりに

興味深いセッション、どうもありがとうごます!

Discussion

ログインするとコメントできます