🧑‍🚀

GraphQL APIをfetchメソッドで叩く方法

1 min read

Chrome 拡張機能を作る際に GraphQL API を fetch メソッドで叩いたことがあったので、その際のメモになります。

需要なさそうなのでメモ的な感じで残すことにしました 🙇‍♂️

↓ 例

sample.tsx
const handleClick = () => {
  try {
    fetch("https://架空のGraphQLAPIエンドポイント.com/", {
      method: "POST",
      headers: {
        "Content-Type": "application/json",
      },
      body: JSON.stringify({
        query: `
          mutation CreateSample(
            $title: String!
          ) {
            createSample(input: {title: $title}) {
              sample {
                title
              }
            }
          }
        `,
        variables: {title: inputTitle},
      }),
    })
      .then((response) => {
        console.log(response.json());
        return response.json();
      })
  } catch (error) {
    alert(error);
  }
};

適宜 mutation の部分を query にかえたり、非同期の処理周りを調整して下さい。

参考記事

https://www.netlify.com/blog/2020/12/21/send-graphql-queries-with-the-fetch-api-without-using-apollo-urql-or-other-graphql-clients/
GitHubで編集を提案

Discussion

ログインするとコメントできます