🦁

OutlookアドインをReactで開発する

2022/12/22に公開約1,000字

はじめに

Microsoft Officeには機能向上を図るためのアドイン機能が用意されています。
Chromeの拡張機能のように、好きなアドインをOfficeに追加して拡張機能を用いて作業を行うことができます。

下図は例として、DropboxのアドインをOutlook上で開いた画面になります。
メール記載欄の右側にサイドバーの形でアドインが表示されます。

今回はOutlookのアドインをReactを使ってHello Worldしてみます。

環境

node v16.13.0

手順

モジュールのインストール

$ npm install -g yo generator-office

npmコマンドを用いてYeoman, Yeoman Generatorをインストールします。

アドインプロジェクトの作成

$ yo office

コマンドを用いてプロジェクトを作成します。
各種オプションを下記のように設定します。
今回はプロジェクト名をtestとします。

アドインプロジェクトの実行

$ cd test
$ npm install
$ npm start

を実行するとwebpackが立ち上がり、Outlookアプリが起動します。
新規メールを作成し、画面上部の「Show Taskpane」をクリックするとメール画面にアドインが配置されます。

これにてひな形の作成と実行ができました!

参考

https://learn.microsoft.com/en-us/office/dev/add-ins/quickstarts/outlook-quickstart
https://appsource.microsoft.com/ja-jp

Discussion

ログインするとコメントできます