💶

DEV Airdrop で 400 dev 頂いた話

2 min read

はじめに

2か月ほど前、Twitter で DEV Airdrop というプロジェクトを目にしました。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000021.000018679.html

独自通貨DEVトークンを使ってお気に入りのプロジェクトにステーキングすると、クリエイターとスポンサーの両方が利益を得る新しいスポンサープラットフォームです。1600以上のOSSがトークン(ERC-20形式のユーティリティトークン)を発行して、企業/個人を問わず、世界中から多くのクリエイターが持続的な資金調達に成功しています。様々なクリエイターの参加が増えており、OSS開発者、VRアーティスト、NFTマーケット、グリーンプロジェクト、Vtuberなど様々なクリエイターを応援することが出来ます。

どうやらこのプロジェクト、OSS 運動を推進していて、DEV トークンという形で開発者に還元、また OSS 間で DEV という仮想通貨で援助し合う環境を作る事を目的としたプロジェクトの様です。

Airdrop に登録

減る物もないし、物は試しにとエントリしてみました。

https://airdrop.devprotocol.xyz/

どうやらエントリの際に、GitHub のアクティビティを見ている様で、しばらく画面がクルクルと待たされます。僕の場合は 400 dev (400 dev が日本円で幾らなのかは下の方で)を貰える事が分かりました。すぐに頂けるのではなく、そこから1ヵ月待ちがありました。まぁ半信半疑ではありました。

受け取りまでの流れ

1ヵ月ほど待つと、iroiro というサイトを参照できる様になり、トークンが払い出される準備がなされました。仮想通貨は正直やった事が無かったので、なかり不安で混乱しました。受け取りまでの大まかなポイントは以下の通り。

  • 日本で口座を開設
  • 日本円で手数料分を入金(GAS と呼ばれてる)
  • 日本円で ETH を購入(GAS は ETH で払う必要がある)
  • MataMask というアプリを入れて ETH コインを送る(ここで別途手数料が掛かる場合あり)
  • MetaMask で DEV という単位を認識する為にトークンを追加
  • GAS 分として Airdrop に送信(iroiro から claim を申請)
  • すると Airdrop から DEV が受け取れる

という流れです。詳しくは ohbarye さんがキャプチャ付きで書いてくれていますので、そちらを参考にして下さい。

https://ohbarye.hatenablog.jp/entry/2021/09/01/how-to-claim-dev-airdrop-reward

気を付けた方がいい事

なお GAS と呼ばれる取引手数料は、日や時間どころか、秒単位でコロコロと変わります。コイン送信の際に足りる程度送っておくといいかもです。またこれは僕の失敗なのですが、日本に口座を開設する際に、クイック入金という機能を使ってしまった為、マネロン対策で1週間、送金やコインの送受信ができなくなるという事態に後で気付きました。オンライン振込等を使うと即日からコイン送信等が使えるはずです。

ともあれ、ゆっくりと1週間の時間が過ぎ、本日無事に、400 dev を受け取る事が出来ました。

で、幾ら?

ところで 400 dev って日本円で幾らよ?という話ですが、これまた秒単位で変わります。

https://www.coingecko.com/ja/コイン/dev-protocol/jpy

このサイトによると、本記事執筆時点では 400 dev = 21万円 程度の様です。なお仮想通貨の口座をどこにするかは注意しておいた方が良いです。口座によっては MetaMask というアプリに ETH を送る際に手数料が掛かります。そして結構高かったりします(僕の場合5000円ほど掛かった)。無料の所もあります。メリデメあるみたいなので慎重に決めて下さい。

また前述の様に GAS は秒単位でコロコロと変わります。安心してると、いきなり高い GAS を払う事になり得ます。ビクビクしますねー。怖いですねー。

Airdrop は単なるバラマキじゃない

さて、この DEV Protocol Airdrop、前述の様に単なるバラマキではありません。OSS の支援を潤滑にするグルーの役目です。stakes.social というサイトで、個別の OSS プロジェクトに対して支援が行える様になっています。

https://stakes.social/

自らのプロジェクトを登録するも良し、他の方の OSS を援助するも良し。頂いた DEV を直ぐに日本円として換金し受け取るのではなく、DEV のまま暫く保持しておく事こそが、この DEV Protocol の発展に繋がるのだと思っています。

興味のある方は、試してみては如何でしょうか。まずは上部のリンクの DEV Airdrop から。

追記

Airdrop のサイトを今確認したら

The Airdrop application has already ended. Those who did not apply before will not receive it.

既に終了してしまった様です...。期待して読んだ方、申し訳ない。

Discussion

ログインするとコメントできます