🤖

GitHub Private Packages を Dependabot に更新させる

2022/04/20に公開約1,500字

GitHub Packages を使用して、Private な社内用パッケージを用意している場合、デフォルトの Dependabot 設定では上手くバージョンが更新されません。

そこで、社内用の Private パッケージと Dependabot の組み合わせ方について紹介させていただきます。

GitHub Packages 用の Personal Access Token を作成する

以下の手順で Personal Access Token を作成し、コピーします。

  1. https://github.com/settings/tokens/new へアクセスする
  2. read:packages のみをチェックして、Generate token をクリックする
  3. 生成されたトークンをコピーする

会社の Bot 的なユーザーを用意している場合は、そちらから、read:packages のトークンを作成しておくと管理しやすいです。

Dependabot secrets を設定する

Organization のトップページへ移動し、Settings > Security > Secrets > Dependabot へ移動し、New organization secret をクリックする。

Name を一旦 GPR_READ_PACKAGES_TOKEN とし、先程コピーしておいた、Personal Access Token を貼り付け、Add secret をクリックします。

.npmrc を作成する

プロジェクトルートに、以下のように .npmrc を作成してください。

.npmrc
//npm.pkg.github.com/:_authToken=${GPR_READ_PACKAGES_TOKEN}
@example-inc:registry="https://npm.pkg.github.com"

Dependabot の設定を改善する

先程作成した、Secrets を読み込む形で、設定を変更します。

.github/dependabot.yml
version: 2

+registries:
+  npm-github:
+    type: npm-registry
+    url: https://npm.pkg.github.com
+    token: ${{ secrets.GPR_READ_PACKAGES_TOKEN }}

updates:
  - package-ecosystem: "npm"
    directory: "/"
+    registries:
+      - npm-github
    schedule:
      interval: "daily"

最後に

後は問題無く、Dependabot が Private な社内用パッケージのバージョンを更新できるようになっているかと思います。

Renovate の場合は、Personal Access Token を秘匿したままで設定する方法がよくわかりませんでした。
こうやって、GitHub 謹製のサービスを組み合わせていくと、それぞれの相性が良く、セキュアに保てて良いなと感じました。

こちらの記事が参考になれば幸いです。

GitHubで編集を提案

Discussion

ログインするとコメントできます