艦これで理解するJava #1 クラスとオブジェクト [初心者向け]

1 min read

はじめに

Javaはオブジェクト指向プログラミング言語です。

Javaのすべては属性とメソッドに沿ってクラスとオブジェクトに関連します。

例えば、駆逐艦は火力・対潜値などの属性を持ち、対潜攻撃などのメソッドを持っています。

クラスをつくる

クラスをつくるときはclass というキーワードを使います。

Battleship.java
public class Battleship {
  int x = 3;
}

クラス名の先頭は必ず大文字にし、クラス名とファイル名は一致させなければなりません。今回の場合はBattleship.javaのBattleshipとクラス名のBattleshipが一致しています。

オブジェクトを作る

Javaではクラスからオブジェクトをつくります。オブジェクトをつくるときにはnewのあとにクラス名を書きます。

Battleship.java
public class Battleship {
  int x = 3;

public static void main(String[] args) {
  Battleship yamato = new Battleship(); // Battleshipクラスでyamatoというオブジェクトを作る
  System.out.println(yamato.x); // xの値を出力する
  }
}

複数のオブジェクトを作る

一つのクラスに複数のオブジェクトを作ることもできます。

Battleship.java
public class Battleship {
  int x = 3;

public static void main(String[] args) {
  Battleship yamato = new Battleship(); // Battleshipクラスでyamatoというオブジェクトを作る
  Battleship musashi = new Battleship(); // Battleshipクラスでmusashiというオブジェクトを作る
  System.out.println(yamato.x); // xの値を出力する
  System.out.println(musashi.x); // xの値を出力する
  }
}