👏

お気に入りのSassフレームワーク:Threespot's Sass framework(Frontline Sass)

7 min read

この記事では、私のお気に入りのSassフレームワークである、Frontline Sassを紹介します。日本では、ほぼ認知されていないのが不思議なくらい素晴らしいフレームワークだと思っています。

About Threespot

Frontline Sassは、Threespot社が提供しているフリーのCSSフレームワークです。Threespot社は1999年に設立されたワシントンD.C.を拠点とするコミュニケーションおよびデザインのエージェンシーになります。2015年には、"Certified B Corporation®"の認証を受けており、環境や社会に配慮した事業活動を行なっている事が制作実績からも見てとることができます。

Frontline Sassの構成

Frontline Sassのドキュメントはこちらで、構成は以下のようになっています。

  • main
    • functions
    • mixins
    • variables
  • math
    • variables
    • functions
  • sass utils
    • functions
    • variables
    • mixins
  • selectors
    • mixins

お勧めのfunctionとmixin

お勧めのfunctionmixinを紹介します。

1. fs-rem (function)

fs-remは、pxremに変換するfunctionになります。はじめは自作の関数を定義して使用していましたが、バリデーションが盛り込まれたロバスト性の高いfs-remに切り替えました。Threespot社で使用されている実績も切り替える判断材料のひとつになりました。

fs-remソースコードです。

fs-rem (function)
/// Convert px to rem
/// @group Main
/// @param {Number | Map} $values - Value values to convert
/// @param {Number} $context [$fs-base-font-size] - Base font size
/// @return {*} - Converted value or list of values
/// @require {variable} $fs-base-font-size - Base font size
@function fs-rem($values) {

  // Placeholder list for converted values
  $output: ();

  @each $val in $values {

    // Check if pixel value
    @if type-of($val) == 'number' and unit($val) == 'px' {
      // Convert to rems
      $val: ($val / $fs-base-font-size) * 1rem;
    }

    // Do nothing to all other values
    @else if $fs-debug-mode and $val != 0 {
      @warn '⚠️  Can’t convert non-pixel value to rems: #{$val}';
    }

    // Append value to output list
    $output: append($output, $val);
  }

  // Return converted value(s)
  @return $output;
}

実際の使用例を示します。

scss (input)
.c-heading__level2 {
  font-size: fs-rem(32px);
}
css (output)
.c-heading__level2 {
  font-size: 2rem;
}

2. fs-scale (function)

2つ目は、fs-scaleのfunctionになります。主にfluid typographyを目的として使用していますが、テキスト以外のマージンやパディングにも適用できます。ie11などのmin(),max(),clamp()をサポートしていないブラウザに対応する場合に効果を発揮します。

fs-scaleソースコードです。

fs-scale (function)
/// Scale a value relative to the viewport width using `calc()` and viewport units
/// @group Main
/// @param {Number} $start - Starting value
/// @param {Number} $end - Ending value
/// @param {Number} $min-width - Starting viewport width
/// @param {Number} $max-width - Ending viewport width
/// @return {String} - Custom `calc()` formula
/// @ignore Demo https://www.sassmeister.com/gist/9f87f8c19e91c811831d84fc8484ed24
/// @link http://www.sassmeister.com/gist/7f22e44ace49b5124eec
/// @link http://madebymike.com.au/writing/precise-control-responsive-typography/
/// @link https://zellwk.com/blog/viewport-based-typography/
/// @link http://codepen.io/indrekpaas/pen/VarLaJ?editors=1100
/// @link http://codepen.io/maranomynet/pen/ozNpXV?editors=1100
/// @link https://www.smashingmagazine.com/2016/05/fluid-typography/
/// @example scss
///   p {
///     font-size: fs-scale(20px, 30px, 320px, 400px);
///   }
@function fs-scale($start, $end, $min-width, $max-width, $units: 'rem') {
  @if $start > 0 and $end > 0 and unit($start) != unit($end) {
    @error '🔴  fs-scale() units don’t match';
  }

  $slope: ($end - $start) / ($max-width - $min-width);

  $intercept: $end - ($slope * $max-width);

  @if (fs-strip-unit($intercept) == 0) {
    @return $slope * 100vw;
  }
  @else {
    @if $units == 'em' {
      @return calc(#{$slope * 100vw} + #{fs-em($intercept)});
    }
    @else {
      @return calc(#{$slope * 100vw} + #{fs-rem($intercept)});
    }
  }
}

実際の使用例を示します。

scss (input)
.c-heading__level2 {
  @include fs-scale(font-size, (375px: 48px, 1366px: 92px)); 
}
css (output)
.c-heading__levle2 {
    font-size: 3rem;
}

@media all and (min-width: 23.4375em) {
  .c-heading__level2 {
    font-size: calc(4.4399596367vw + 1.9593844601rem);
  }
}

@media all and (min-width: 85.375em) {
  .c-heading__level2 {
    font-size: 5.75rem;
  }
}

1行の記述だけでfluid typographyが実現できるのでとても助かりますし、メディアクエリの単位をem、プロパティの値の単位をremに自動変換してくれるのもお気に入りの理由のひとつになります。

3. fs-aspect-ratio、fs-absolute-fill (mixin)

3つ目は、fs-aspect-ratiofs-absolute-fillmixinになります。画像のアスペクト比を設定する際に使用する、パディングトップ(パディングボトム)と呼ばれるハックになります。

fs-aspect-ratioソースコードになります。

fs-aspect-ratio (mixin)
/// Maintain aspect ratio
/// @group Main
/// @param {Number} $ratio - Aspect ratio (width / height)
///
/// @example scss - 16:9 aspect ratio
///   .foo {
///     @include fs-aspect-ratio(16/9);
///   }
///
@mixin fs-aspect-ratio($ratio) {
  display: block;
  overflow: hidden;
  position: relative;

  &:before {
    content: '';
    display: block;
    padding-top: percentage(1 / $ratio);
  }
}

fs-absolute-fillソースコードになります。

fs-absolute-fill (mixin)
/// Absolutely position an element and fill available space
/// @group Main
@mixin fs-absolute-fill {
  height: 100%;
  left: 0;
  position: absolute;
  top: 0;
  width: 100%;
}

実際の使用例を示します。

html (input)
<div class="p-top-awards__media">
    <img class="p-top-awards__image" src="/assets/img/top/top-award-01-1040x600-cd638981.jpg" alt="" />
</div>
scss (input)
/* media layout */
.p-top-awards__media {
  @include fs-aspect-ratio(div(324, 187));
}

/* image layout */
.p-top-awards__image {
  @include fs-absolute-fill;
}
css (output)
/* media layout */
.p-top-awards__media {
  position: relative;
  display: block;
  overflow: hidden;
}

.p-top-awards__media::before {
  display: block;
  padding-top: 57.7160493827%;
  content: '';
}

/* image layout */
.p-top-awards__image {
  position: absolute;
  top: 0;
  left: 0;
  width: 100%;
  height: 100%;
}

コードの記述量が減り、fs-aspect-ratiofs-absolute-fillという名前からも機能が推測できるので、可読性が向上しているのではないかと思います。

VSCodeのスニペット

Frontline Sassには、AtomとVScodeのスニペットプラグインが用意されていますので、補完機能で効率よくコードを書くことができます。

https://marketplace.visualstudio.com/items?itemName=Threespot.frontline-sass-snippets

最後に

Frontline Sassには、今回紹介した以外のコーディングの助けとなるfunctionsmixinsvariablesが数多く揃っています。日本ではほとんど認知されていないので、もっと広まって欲しいと思います。

このような素晴らしいフレームワークを提供してくださる、Threespot社に感謝いたします。

GitHubで編集を提案

Discussion

ログインするとコメントできます