🐳

マルチステージビルドについて調べる

2022/10/29に公開約4,900字

DockerでGoを動かす

DockerをGoで動かすのがゴールですが、その中で必要となる事、今回は"マルチステージビルド"について学習しました。

1. 要件

  1. マルチステージングビルドを使用する
  2. REST APIを使用する

2. マルチステージングビルド

主参考: マルチステージビルドの利用

2-1. マルチステージングビルドとは

Multi-Staging Build(Multi-Stage Build)
直訳すると、複数のステージを用いたビルド

  • Docker17.05以上で利用できる新機能
  • 可読性・保守性を保ちながらDockerfileを最適化するのに苦労している人の役に立つ

2-2. マルチステージングビルドの目的

  • アプリケーションの実行に必要なもののみをビルドすること
    そのために複数ステージを用いる

結果、イメージサイズが小さくなり、本番環境の運用のパフォーマンスが向上する

3. マルチステージングビルドが生まれた背景

  • イメージをビルドする際に取り組む事と言えば、サイズを小さく保ちながらDockerイメージをビルドすること(命題的な意味で)

実際に行っていた事は、開発用にはアプリケーションのビルドに必要な全てが含まれるDockerfileを使用しプロダクト用にはアプリケーションおよび実行に必要なもののみが含まれるスリム化されたDockerfileを使用するという事が行われ、これが非常に一般的だった。これがいわゆるビルダーパターン(開発パターン)と呼ばれるもの。

しかしこの2つのDockerfilesを保守することは、理想的なやり方ではなかった。

3-1. ビルダーパターン例

上述のビルダーパターンにこだわったやり方の例:

Dockerfile.build
# syntax=docker/dockerfile:1
FROM golang:1.16
WORKDIR /go/src/github.com/alexellis/href-counter/
COPY app.go ./
RUN go get -d -v golang.org/x/net/html \
  && CGO_ENABLED=0 GOOS=linux go build -a -installsuffix cgo -o app .

RUNコマンド行では、&&を使って2つのRUNコマンドを連結しています。
イメージ内に不要なレイヤーが生成されるのを防いでいるが、これでは間違いを起こしやすく、保守もやりづらくなる。
例えば: 別のコマンドを挿入した時に行の継続用の\を入れ忘れるなどの事態が容易に発生します。

Dockerfile
# syntax=docker/dockerfile:1
FROM alpine:latest
RUN apk --no-cache add ca-certificates
WORKDIR /root/
COPY app ./
CMD ["./app"]
build.sh
#!/bin/sh
echo Building alexellis2/href-counter:build

docker build --build-arg https_proxy=$https_proxy --build-arg http_proxy=$http_proxy \
    -t alexellis2/href-counter:build . -f Dockerfile.build

docker container create --name extract alexellis2/href-counter:build
docker container cp extract:/go/src/github.com/alexellis/href-counter/app ./app
docker container rm -f extract

echo Building alexellis2/href-counter:latest

docker build --no-cache -t alexellis2/href-counter:latest .
rm ./app

build.shを実行する時、最初のイメージをビルドし、成果物をコピーするためにコンテナを生成し、その後に2つ目のイメージをビルドする必要がある。
2つのイメージは、それなりに容量をとるもので、ローカルディスク上にappの成果物も残ったままになってしまう。

こういった状況を非常にシンプルに出来る(解決できる)のが、マルチステージビルドです!

4. マルチステージビルドを利用する

4-1. マルチステージを利用しなかった場合のDockerfileを書き換える

マルチステージビルドでは、Dockerfileで複数のFROM命令を利用する
FROM命令は、異なるベースイメージを使うことができ、それを使って新しいビルドステージが開始できる。
あるステージの成果物は、別のステージへコピーする事ができる。

  • 前節で示したDockerfileをマルチステージビルドを使ったものに変更する
Dockerfile
# syntax=docker/dockerfile:1
FROM golang:1.16
WORKDIR /go/src/github.com/alexellis/href-counter/
RUN go get -d -v golang.org/x/net/html
COPY app.go ./
RUN CGO_ENABLED=0 GOOS=linux go build -a -installsuffix cgo -o app .

FROM alpine:latest
RUN apk --no-cache add ca-certificates
WORKDIR /root/
COPY --from=0 /go/src/github.com/alexellis/href-counter/app ./
CMD ["./app"]
  • どうやってこれが動いているのか
  1. 2つめのFROM命令はalpine:latestをベースイメージとして新たにビルドステージを開始している。
  2. COPY --from=0は、直前のステージで作り出された成果物を単純に新しいステージにコピーしている。(from=0の整数値は、最初のFROM命令を0として順次割り振られる)
  3. Go SDKと中間イメージは最終的なイメージへは保存されない。

4-2. マルチステージビルドを利用によるメリット

  • Dockerfileはただ1つ用意すれば良くなる

    • ビルドスクリプトも個別に用意しなくて良い
    • ビルドするには単にdocker buildを実行するだけ
  • 複雑さ、面倒さがなくなる

    • 中間的なイメージを作らなくても良くなる
    • 生成した内容をローカルシステムに抽出することも一切不要になる

4-3. ビルドステージに名前を付ける

COPY --from=0の整数値に関しては説明したが、整数値だと分かりづらい。
FROM命令にas <NAME>を追加する事でステージに名前を付けることができる。

Dockerfile
FROM golang:1.7.3 as builder
WORKDIR /go/src/github.com/alexellis/href-counter/
RUN go get -d -v golang.org/x/net/html
COPY app.go    .
RUN CGO_ENABLED=0 GOOS=linux go build -a -installsuffix cgo -o app .

FROM alpine:latest
RUN apk --no-cache add ca-certificates
WORKDIR /root/
COPY --from=builder /go/src/github.com/alexellis/href-counter/app .
CMD ["./app"]

COPY --from=0の整数値を名前に変え、COPY --from=builderとする事ができる。この方が分かりやすい。
また、Dockerfile内で命令の順序を変更してもCOPY命令に支障をきたさないというメリットもある。

4-4. ビルドステージの指定

必ずしもDockerfile内に含まれるビルドステージを全てビルドしなくてはいけないわけではない。
ビルド対象とするステージは指定することができる

以下のコマンドは前述のDockerfileを利用しつつ、builderと名付けたステージのみをビルドするものです。

$ docker build --target builder -t alexellis2/href-counter:latest .

この機能による利点

  • 特定のビルドステージをデバッグする事ができる
  • debug(開発用)ステージでは、デバッグシンボルやデバッグツールを最大限利用し、production(本番用)ステージではスリムなものにする事が可能。
  • testing(テスト環境)ではアプリに用いるテストデータを投入し、本番環境向けの別のステージビルとでは、本物のデータを利用できる

4-5. 外部イメージの「ステージ」としての利用

COPYでコピーできるステージはDockerfile内での直前のステージだけではない。
別のイメージ(外部イメージ)からコピーすることができる

外部イメージをコピーする際には、

  • ローカル、またはDockerレジストリ上の

    • イメージ名
    • タグ名 or タグID
      を指定する。
  • コマンド構文例

COPY
COPY --from=nginx:latest /etc/nginx/nginx.conf /nginx.conf

4-6. 前のステージを新しいステージとして利用する

前にビルドしたステージを参照して、利用することができる。
FROM命令を用いて、以下のようにする(一例)

Stage
# syntax=docker/dockerfile:1
FROM alpine:latest AS builder
RUN apk --no-cache add build-base

FROM builder AS build1
COPY source1.cpp source.cpp
RUN g++ -o /binary source.cpp

FROM builder AS build2
COPY source2.cpp source.cpp
RUN g++ -o /binary source.cpp

Discussion

ログインするとコメントできます