📝

Flask-AppBuilderでBaseViewを学習する

2022/08/02に公開約7,300字

目的

環境構築は済んでいるものとする。
済んでいない方は以下を参考にしてください。

  1. Flask + MySQL (Docker) の環境構築
  2. Flask-AppBuilder (Docker)でブラウザにアクセスする

AppBuilder自体の参考記事がほとんどないので、公式ドキュメントを元に進めていきます。

BaseView

BaseView
公式ドキュメントの参考ページ

1. URLのみのルーティングでViewを表示する

view.py
from flask_appbuilder import AppBuilder, expose, BaseView
from app import appbuilder

class MyView(BaseView):
    route_base = "/myview" # ①

    @expose('/method1/<string:param1>') # ②
    def method1(self, param1):
        # do something with param1
        # and return it
        return param1

    @expose('/method2/<string:param1>') # ③
    def method2(self, param1):
        # do something with param1
        # and render it
        param1 = 'Hello %s' % (param1)
        return param1

appbuilder.add_view_no_menu(MyView()) # ④

1-1. route_base = "/myview"

ルーティングを定義しています。
http://localhost:5000/以下に/myviewを打ち込みアクセス形にしています。

1-2. @expose('/method1/string:param1')

ルーティングの/myviewの後に/method1/[任意の文字列]を打ち込むと、打ち込んだ任意の文字列がviewとして表示されます。

1-3. @expose('/method2/string:param1')

2とほぼ同じですが、/method2/[任意の文字列]を打ち込むと、hello+任意の文字列がviewとして表示されます。

1-4. appbuilder.add_view_no_menu(MyView())

APIの構文です。
メニューを作成せずにviewを追加します。

1-5. アクセスしてみる

http://localhost:5000/myview/method1/john
http://localhost:5000/myview/method2/john

※johnは任意の文字列です

2. メニューの作成を伴うViewの表示(+@has_access)

パターン2として、先ほどのview.pyを変更します。
メニューを作成し、アクセスするとViewが表示されるようにします。

view.py
from flask_appbuilder import AppBuilder, BaseView, expose, has_access
from app import appbuilder


class MyView(BaseView):

    default_view = 'method1'

    @expose('/method1/') # ②
    @has_access
    def method1(self):
        # do something with param1
        # and return to previous page or index
        return 'Hello'

    @expose('/method2/<string:param1>') # ④
    @has_access
    def method2(self, param1):
        # do something with param1
        # and render template with param
        param1 = 'Goodbye %s' % (param1)
        return param1

appbuilder.add_view(MyView, "Method1", category='My View') # ①
appbuilder.add_link("Method2", href='/myview/method2/john', category='My View') # ③

2-1. appbuilder.add_view(MyView, "Method1", category='My View')

add_viewを使用すると、メニューに関連づけられたviewを追加出来ます。
メニュー名 -> MyView
MyView内にMethod1という名前で追加します。

2-2. @expose('/method1/')

MyViewからMethod1を選択するとhttp://localhost:5000/myview/method1/にアクセスし、helloという文字列のviewが表示されます。
@has_accessでセキュリティで保護されたメソッドですよーとFlaskに伝えています。

2-3. appbuilder.add_link("Method2", href='/myview/method2/john', category='My View')

add_linkは①で作成されたMyViewという名前のメニューにリンクを追加出来ます。
リンク名 -> Method2
リンクURL -> /myview/method2/john
MyView内のMethod2を選択するとhttp://localhost:5000/myview/method2/johnにアクセスします。

2-4. @expose('/method2/string:param1')

引数に指定されたparam1は③で入力されるリンク名/myview/method2/johnjohnに当たります。
なので、③のリンク先にアクセスすると、param1がreturnとなっているので、Goodbye + johnが表示されます。

3. look and feelを伴うviewの作成

公式の説明文を引用します

Notice that these methods will render simple pages not integrated with F.A.B’s look and feel. It’s easy to render your method’s response integrated with the app’s look and feel, for this you have to create your own template. Under your project’s directory and app folder create a folder named ‘templates’. Inside it create a file name ‘method3.html’

3-1. templates, htmlの作成

create-appでappを作成すると自動でtemplatesディレクトリが作成されているとは思いますが、ない場合は作成したappディレクトリの直下にtemplatesディレクトリを作成し、method3.htmlという名前でhtmlファイルを作成します。

<PROJECT_NAME>/app/templates/method3.html
{% extends "appbuilder/base.html" %}
{% block content %}
    <h1>{{param1}}</h1>
{% endblock %}

公式から解釈すると、「appbuilder/base.html」を拡張し、ブロックコンテンツをオーバーライドしています。
(appbuilderが元々用意しているものを使って、それをオーバーライドしているという認識で良いはずです)

3-2. MyViewクラスにメソッドを追加する

2.で作成したview.pyの中のMyViewクラスにメソッドを追加します。
新しいテンプレートのレンダリングはappを作成した段階であるはずですが、なければ追加してください。
(記述する場所はmethod2の下でかまいません。)

view.py
from flask import render_template

@expose('/method3/<string:param1>')
@has_access
def method3(self, param1):
    # do something with param1
    # and render template with param
    param1 = 'Goodbye %s' % (param1)
    self.update_redirect()
    return self.render_template('method3.html',
                           param1 = param1)

appbuilder.add_link("Method3", href='/myview/method3/john', category='My View')

3-1.で作成したテンプレートをレンダリングします。
メニューにmethod3が追加され、選択するとhttp://localhost:5000/myview/method3/johnにアクセスし、Goodbye johnという文字列のviewが表示されます。

self.update_redirect()は、説明を見た感じだけだと理解しきれませんが、セッションやクッキーを利用する際(フォームなど)に便利な感じです。

self.render_templateはバージョン1.3.0以降、すべてのビューテンプレートをレンダリングする必要があるようです。

4. フォーム ビュー

view.pyと同じ階層にform.pyを作成します。
view.pyを記述し、作成したform.pyをimportして呼び出します。

4-1. form.py

WTFormsを使用します。

ブラウザ用のviewから提出されるフォームのデータを使って作業する必要があるときは、コードは途端にとても読みづらくなります。
このプロセスをより管理しやすくするためにデザインされたライブラリが公開されています。そのなかのひとつが、WTFormsです。

form.py
from wtforms import Form, StringField
from wtforms.validators import DataRequired
from flask_appbuilder.fieldwidgets import BS3TextFieldWidget
from flask_appbuilder.forms import DynamicForm


class MyForm(DynamicForm):
    field1 = StringField(('Field1'),
        description=('Your field number one!'),
        validators = [DataRequired()], widget=BS3TextFieldWidget())
    field2 = StringField(('Field2'),
        description=('Your field number two!'), widget=BS3TextFieldWidget())

class MyFormを作成するに当たってFAB DynamicFormから継承します。
field1, field2と、2つの入力欄を作成します。

4-2. view.py

view.pyは上記で作成したform.pyをimportして呼び出します。

view.py
from flask import flash
from flask_appbuilder import SimpleFormView
from flask_babel import lazy_gettext as _

from . import appbuilder, db
from .form import MyForm


class MyFormView(SimpleFormView):
    form = MyForm
    form_title = 'This is my first form view'
    message = 'My form submitted'

    def form_get(self, form):
        form.field1.data = 'This was prefilled'

    def form_post(self, form):
        # post process form
        flash(self.message, 'info')

appbuilder.add_view(MyFormView, "My form View", icon="fa-group", label=_('My form View'),
                     category="My Forms", category_icon="fa-cogs")

メニューにMyFormsが追加されていて、投稿フォーム欄が2つ出来ています。

form_getでフォームにデータを事前入力出来ます。
事前にThis was prefilledが入力された状態になります。

form_postはユーザがフォームを送信した後にフォームを後処理出来ます。
何かしらの値を入力するとmessage変数に入れたMy form submittedが出力されます。

まとめ

AppBuilderの最低限のViewの表示の仕方を学びました。
軽量フレームワークであるため、自由度が高い反面覚えることが多そうな印象です。

Discussion

ログインするとコメントできます