🐡

Ubuntu Studio18.04LTSをインストール

2022/08/20に公開約8,600字

私は、Ubuntu Studio22.04を知りました。
きっかけは、NFTなど私が作っている作品のBGMを自分で作りたいと思い、自動演奏やDTM、DAWなどを勉強している中で、Jackというサウンドサーバーを知りました。
このJackのインストールを調べている中で、Ubuntu Studioを知りました。
最初は、何も考えずに一番新しいバージョンをインストールしたいと思い、22.04をインストールしようとしました。

でも私のパソコンのスペックでは、Ubuntu Studio22.04をインストールしたところ、ログイン画面以降表示が正しくされなかったのです。
実は、Ubuntu20.04のときも、グラフィックボードの関係でフリーズすることが多かったので、Ubuntu18.04にダウングレードしています。
そのため今回迷わずUbuntu Studio18.04LTSを、インストールしました。

Ubuntu studioのversionによって、収録されているソフトが異なるようです。
OBSは、最新バージョンの22.04で見たのですが、18.04LTSには収録されていませんでした。
実際の収録内容は、インストール後に確認してください。

Ubuntu Studio 18.04LTS

ここで、Ubuntu Studio18.04LTSのISOファイルをダウンロードできます。

http://cdimage.ubuntu.com/ubuntustudio/releases/18.04/release/

ライブUSB作る

balenaEtcherというソフトを使い、USBメモリからUbuntuを起動できるように、ライブUSBを作ります。
こちらの記事などが、参考になると思います。
USBメモリの容量は、16GB以上が良いです。
速さは、USB3.0が理想です。
でも私は、USB2.0のUSBメモリで作りました。

https://howto88.com/ja/linuxにbalenaetcherをインストールして起動可能なusbドライブを

インストールは日本語で出来ます。

インストールする気は、Wi-Fiに接続してください。
Wi-Fi関連のプログラムがインストールされるように、ちゃんとWi-Fiに接続して作業しましょう。
私の場合は、Wi-Fiのチップセットが古いなどの理由で、Wi-Fiを使わずにインストールしたら、Wi-Fiが使えなかったと失敗を過去にしています。

インストールするときは、他のドライブも接続して行いましょう。

昔のインストールの記事などでは、インストール先の選択を間違えるといけないので、関係ないハードディスクは、取り外しましょうと言わています。
でも、ここで問題があります。
私のように、Ubuntu18.04を外付けSSDで使っている場合は、起動する際にブートメニューで切り替えできるようにする必要がありますので、Ubuntuを起動して使っているドライブを接続してください。

私は、外付けのSSDを取り外して、今回USB3.0のフラッシュメモリ64GBに、Ubuntu Studio18.04LTSをインストールしようとしました。
インストールが終わり再起動できたので安心して、つなぎ直しました。
そして今までのUbuntu18.04LTSを起動しようとしたら、起動できなかったのです。
私は、2012年製のMacBookAirを使っています。
今も、元々本体にインストールされているMacOSと、ディスク容量を増やして外付けにした環境もつかっているため、optionキーを押して起動して、起動ドライブを切り替えていました。
そして、EFIのドライブを指定して、Ubuntuを起動していました。
今回、このUbuntu18.04LTSのSSDを取り外していたので、EFIドライブの内容が、USBメモリにインストールしたUbuntu Studioを起動する内容に書き換わってしまったようです。

そのため、もう一度SSDドライブを接続して、Ubuntu StudioがインストールされているUSBメモリも接続して、インストールし直しました。
そうしたら、ちゃんとEFIのドライブをしていたときに、ブートめユーが表示されました。
OSを切り替えて、起動できます。

この経験から、Ubuntuを複数使っているときは、起動ドライブを全部接続して、インストールしてください。

ブートローダー壊れたらboot-repairを使うと良い

また、ブートのメニューが壊れたときは、こちらの記事を参考にすると良いです。

https://snowsystem.net/other/linux/grub-boot-drive-repair/

ライブUSBから起動して、boot-repairを使う方法が一番良いようです。

Ubuntuでboot-repairを使った記事をみたことがあるので、MINTやUbuntuのライブUSBを作っておくと、いざと言うときに役立つと思います。

MacBookAirブートローダーが壊れたとき

今回知った方法で直してみましたが、MacOSが起動するドライブは、認識できませんでした。
ubuntuが起動するドライブは、きちんと認識して修復できました。

MacBookAirでブートローダーを復旧する場合

rEFIndを使うと良いです。
私も、一度起動に成功しました。
でも、その後からは、使えない状態となりました。
私の場合は、外付けのSSDにインストールされているUbuntu18.04にインストールして試しました。
内蔵SSDに設定しないといけないのかもしれないですが、optionキーを押しながら起動で、使っていきたいと思います。
下記の記事が、参考になります。

https://kledgeb.blogspot.com/2019/04/ubuntu-1904-23-uefirefind.html

インストールできたら日本語環境を作る

私が先に書いた記事を、参考にしてください。

https://zenn.dev/masaru21/articles/9c50dd0771f627

Ubuntu Studioは、Fcitx-mozc を使った方が良い

私は、mozcを使っていました。
IBus-mozcを使っていたので、そのままUbuntu Studioでも使おうとインストールしました。
でも、mozcを言語サポートで設定しても、日本語入力ができませんでした。

やはりデスクトップがXfceの時は、fcitxを使った方が良いようです
今回こちらの記事を読みmi-configを使いfcitxの入力メゾットに、mozcが表示されるようになりました。

https://cloud-work.net/linux/fcitx-mozc/

libreofficeのメニューが日本語でない

下記の記事にあるコマンドを実行して、解決しました。

https://qiita.com/udk48/items/2a8dffc0d0a7c2be37b7
sudo apt install libreoffice libreoffice-l10n-ja libreoffice-help-ja

このコマンドで、日本語化のファイルと、関連ファイルもインストールできます。

MOZC UT2をインストール

こちらの記事を見ながら、行いまいした。

https://sicklylife.jp/ubuntu/1804/mozc_ut2.html

今回fcitx-mozcがインストールされていますので、下記のコマンドでインストールを行いました。

sudo apt install -y mozc-utils-gui

sudo dpkg -i ./mozc-data_*.deb ./mozc-server_*.deb ./mozc-utils-gui_*.deb ./ibus-mozc_*.deb ./fcitx-mozc_*.deb

ばーじょんと入力して、確認できました。
mozc-ut2という文字が、変換候補の中にあります。
この状態で、正常にインストールできたと確認できます。

Krtiaが日本語ではなかった

下記の記事で、日本語化しました。

https://note.com/nuilpointer/n/n4f39434eed82

書かれているコマンドを実行して日本語のパッケージをインストールしたら、Krtiaを起動しましょう。

画像のように、settingの項目で、languageが見つかります。
ここを日本語に選択してから、再度起動しましょう。

この他にも、個別にソフトを日本語化する必要があると思います。
使うソフトの情報をネットで、検索してみましょう。

サウンド設定

こちらの記事を参考に、設定しました。

https://timelessberry.com/column/dtm/dtm1jack.html

ハイレゾの勉強にもなりますので、おすすめの記事だと思います。

https://cloud-work.net/linuxmint/pcaudio/

Ubuntu標準の音楽プレーヤーがUbuntu Studioにインストールされていないです。
この記事を読むと、インストールできます。

https://ciksiti.com/ja/chapters/3389-how-to-install-and-customize-rhythmbox-on-ubuntu--linux-hi

高音質なFLACにリッピングできるAsunderは、こちらの記事で確認できます。

https://lovely910.com/cdをmp3や高音質なflacにリッピングできるlinuxアプリのasunder/

シンセサイザーなどの事は、こちらの記事とリンク先も参考になると思います。

http://blog.livedoor.jp/nonrom3cetera/archives/1949423.html

こちらの記事が最初からUbuntu Studioにインストールされているシンセサイザーについて書かれています。
timidity++

https://gihyo.jp/admin/serial/01/ubuntu-recipe/0149

MuseScoreで楽譜を書くことができます。

MuseScoreを使うと、楽譜の入力ができます。
MIDIでキーボードからの入力も、できます。
このMuseScoreが、インストールされていました。

https://musescore.org/ja

練習用の楽譜やMIDIファイルを無料でダウンロード

こちらのサイトを見つけました。

https://mahoroba.logical-arts.jp/score/list.php?opt=free

上記のサイトからダウンロードしたMIDIのファイルを、上記の記事を参考にインストールしたtimidity MIDI Playerを使い演奏できました。

synapticをインストール

シンセサイザーなどのソフトを追加する際に、LInux MINTの記事を参考にしたこともあり、synapticをUbuntuで使いたいと思いました。
ネットで調べて、Ubuntuにインストールする方法を知りました。

https://www.howtoinstall.me/ubuntu/18-04/synaptic/

monobristol provides a simple GUI for Bristol

monobristolをインストールして見ましたが、起動できませんでした。
先に読んだ記事でsynapticを使ってmonobristolをインストールしましたが、以前関係でmonoがインストールされませんでした。
そのため、こちらのページから手動でmonoをインストールしました。

https://www.mono-project.com/download/stable/#download-lin-ubuntu

そしてsynapticを使いmonobristolをインストールしようとしましたが、できませんでした。
直接下記のコマンドで、起動できました。

startBristol -mini -jack

でも折角なので、GUIで使ってみたいと試行錯誤しました。
ネット検索で、この記事を見つけました。

https://bugs-launchpad-net.translate.goog/ubuntu/+source/monobristol/+bug/1587664?_x_tr_sl=en&_x_tr_tl=ja&_x_tr_hl=ja&_x_tr_pto=op,sc
すでに2016年にバグとして、記事になっていました。
そして、
mono /usr/lib/monobristol/monoBristol.exe

で、起動することができました。

そしてGUIでも、起動できました。

ソフトウェアセンターが機能していない?

私が使っているスクリーンショットのソフト「Flameshot」を日本語化しようと下記の記事を参考に勧めました。

https://sicklylife.hatenablog.com/entry/2018/08/27/224223
でも、ファイルをダウンロードして、ソフトウェアセンターを使ってインストールを試みても、エラーが出てしまいインストールできなかったです。
表示の内容は違いますが、このような感じで表示さました。

このコマンドで、インストールしました。
 sudo apt install ./flameshot_0.6.0-7+bionic_amd64.deb

Ubuntu18.04にOBSがインストールされていない理由?

デスクトップの録画できないので、色々なソフトを試しました。
Ubuntu Studioに最初からインスールされているvokoscreenでも、出来ませんでした。
OBSで試そうと調べていたら、OpenGLのバージョンが3.2以上が必要と分かりました。
だから、Ubuntu Studio18.04には、OBSがインストールされていないのかなと思いました。

私が、バージョン確認した結果です。

glxinfo|grep "OpenGL"
OpenGL vendor string: Intel Open Source Technology Center
OpenGL renderer string: Mesa DRI Intel(R) HD Graphics 4000 (IVB GT2)
OpenGL core profile version string: 4.2 (Core Profile) Mesa 20.0.8
OpenGL core profile shading language version string: 4.20
OpenGL core profile context flags: (none)
OpenGL core profile profile mask: core profile
OpenGL core profile extensions:
OpenGL version string: 3.0 Mesa 20.0.8
OpenGL shading language version string: 1.30
OpenGL context flags: (none)
OpenGL extensions:
OpenGL ES profile version string: OpenGL ES 3.0 Mesa 20.0.8
OpenGL ES profile shading language version string: OpenGL ES GLSL ES 3.00
OpenGL ES profile extensions:

このページの記事を参考に、インストールしました。

https://www.webcyou.com/?p=9639

VLCをsnapからインストールしても起動できない

snapを使い動画プレーヤーのVLCをインストールしたのですが、起動できませんでした。
aptを使ってインストールしたら、使うことが出来ました。

sudo apt-get install vlc

または、

sudo apt install vlc

この記事はUbuntu StudioでBraveを使って書いています。

Firfoxが遅いので、Braveをインストールしました。

https://brave.com/ja/

私は、64GBのUSB3.0のUSBフラッシュメモリにUbuntu Studioを使っているから、遅いのかもしれないです。

私は、厳しい状況なので、SSDを購入できずUSBメモリを使いました。
USBフラッシュメモリは、USB3.0でもOSとして使うのは、厳しいです。
128GBの外付けSSDを使って、Ubuntu Studioをインストールした方が良いと思います。
また、CPUのコア数も、8個あった方が、良いです。
RAMも、8GB以上は必須だと思います。
Ubuntu Studioは、3DCGや動画編集などもできるようにソフトウェアが最初からインストールされています。
そのため、一般的な古いパソコンを使うためのLinuxではなく、ちゃんと使えるパソコンで、Ubuntu Studioを使った方が良いと思います。

そして今回MOZC UT2をUSBフラッシュメモリにUbuntu Studioをインストールした状態で、インストールすると死ぬほど時間がかかることが分かりました。
12時間位かかっていると思います。
3000円ちょっとで128GBの外付けSSDを購入できるので、絶対にSSDで試してください。

Discussion

ログインするとコメントできます