💨

マクロの記録をする設定画面について

2022/11/25に公開約500字

この記事ではマクロの記録をする場合の設定画面について解説します。自動記録を開始すると4つの項目を設定できますので、上から順番に紹介していきます。

マクロ名(M)

自動記録で新たに作成するマクロの名前を設定できます。標準モジュール(マクロをきしするためのシートではなく)、サブプロシージャの名前である点に注意して下さい。

ショートカットキー(K)

作成したマクロにはショートカットキーを割り当てることができます。Ctrl + 〇がデフォルトになっていますが、ここに新たにShiftキーを追加して、Ctrl + Shift + 〇とすることも可能です。

マクロの保存先(I)

作成したマクロの保存先は下記の3つから選ぶことが可能です。

作業中のブック:今開いているブックだけで使用可能なマクロを作成
新しいブック:新しいExcelファイルが作成され、マクロを作成
個人用マクロブック:どこでも使える汎用的なマクロを作成

説明(D)

後から見返す用のメモを記載することができます。

Discussion

ログインするとコメントできます