WSL2: UbuntuでLocalhostを表示させる方法

1 min read読了の目安(約800字

手順

Step1

こちらを参考にc:\Users\<ユーザ名>\.wslconfigを作成

.wslconfig
localhostForwarding=True

Step2

WSL: Ubuntu再起動
Windowsのコマンドプロンプトでwslをシャットダウン(その後自動で起動される)。

$ wsl --shutdown

以上で、wsl: Ubuntuでlocalhostが表示されます。

補足: postgresqlで環境構築をしている場合

postgresqlで環境構築をしていると、localhostを表示させたときに、
PG::ConnectionBad」エラーが表示される。
postgresqlエラー

そんな時は、postgresqlのサービスを起動する。

$ sudo service postgresql status # 状態確認: ダウンしている
12/main (port 5432): down
$ sudo service postgresql start # postgres起動
 * Starting PostgreSQL 12 database server
$ sudo service postgresql status # 起動されている
12/main (port 5432): online

postgresqlを利用している人は、これでlocalhostを表示できます。