🍺

brew services の使い方

2022/09/07に公開約1,000字

概要

Homebrew のサブコマンドであるbrew service は、あまり使わないが設定した後に忘れると痛い思いをすると思いメモに残す。

引数オプション

list

services で設定した一覧を表示する。Nameは brew install でインストールしたパッケージ名と同様。

❯ brew services list
Name              Status  User File
mongodb-community started gan  ~/Library/LaunchAgents/homebrew.mxcl.mongodb-community.plist
mysql             started gan  ~/Library/LaunchAgents/homebrew.mxcl.mysql.plist

start

上記の Name を開始(ログイン時には自動起動)する。これだけlaunchctlと同等のことが行える模様。

❯ brew services start mysql
==> Successfully started `mysql` (label: homebrew.mxcl.mysql)

stop

上記の Name を停止(ログイン時の自動起動を停止)する。

❯ brew services stop mysql
Stopping `mysql`... (might take a while)
==> Successfully stopped `mysql` (label: homebrew.mxcl.mysql)

restart

stop && start を実行した状態と同値。

❯ brew services restart mysql
Stopping `mysql`... (might take a while)
==> Successfully stopped `mysql` (label: homebrew.mxcl.mysql)
==> Successfully started `mysql` (label: homebrew.mxcl.mysql)
GitHubで編集を提案

Discussion

ログインするとコメントできます