🍔

storybookのプルリクをchromaticで表示する

2022/01/09に公開約1,300字

前回の続き

https://zenn.dev/marumarumeruru/articles/186dfc1ccfc9c6

chromatic

https://www.chromatic.com/
storybookのプルリクの差分が、画面で確認できる様になる
プルリクされた画面の好きな位置にコメントで指摘することができる
https://www.chromatic.com/pricing
とりあえず無料で使える

事前準備

GitHubかBitbucketかGitLabにソースをアップしておく

chromaticと連携

https://www.chromatic.com/
のGet started nowをクリックして、
GitHubかBitbucketかGitLabを選んでログインする

画面上に表示される下記の2つのコマンドをした後、GitLabなどにpushすれば連携できる様になる

react-component $ npm install --save-dev chromatic
react-component $ npx chromatic --project-token=xxxxxxxxxxxx

⚠ No 'chromatic' script found in your package.json
Would you like me to add it for you? [y/N] y

✔ Added script 'chromatic' to package.json
You can now run it here or in CI with 'npm run chromatic' or 'yarn chromatic'.

ℹ Your project token was added to the script via the --project-token flag.
If you're running Chromatic via continuous integration, we recommend setting
the CHROMATIC_PROJECT_TOKEN environment variable in your CI environment.
You can then remove the --project-token from your package.json script.

プルリクの流れ

GitLabなどでプルリク出した後に、

npm run chromatic

を実行するとchromaticでもプルリクが反映されるので、このURLをGitLabのプルリクの概要に貼れば良さそうです

GitLabのプルリクがマージされると、自動的にchromaticのプルリクもclosedに変わりました

Discussion

ログインするとコメントできます