🚦

お名前.comで独自ドメインを買って、AWS Route53でホストゾーンの設定を行う

2022/01/05に公開約1,100字

1. お名前.comでドメインを買う

お名前.comで独自ドメインを買う
1年間1円とかで買えます

https://www.onamae.com/

2. AWS Route53でホストゾーン作成

Route53 ホストゾーン作成

  • ドメイン名 購入したドメイン名
  • タイプ パブリックホストゾーン
    → NSレコードとSOAレコードが作成されます
    次の手順で、NSレコードに記載してる4個のDNSをお名前.comに設定します

3. NSレコードに記載してる4個のDNSをお名前.comに設定する

ご利用状況 ドメイン一覧
→ネームサーバー 初期設定
→ネームサーバーの選択 その他のサービス
Route53のNSレコードに記載されていた、4個のDNSを設定する
お名前.comに設定してあるメール宛に、ネームサーバー情報変更完了通知のメールが届く

4. AWS Certificate ManagerでSSL証明書を発行する

SSL証明書のリクエスト

証明書をリクエスト→パブリック証明書をリクエスト
完全修飾ドメイン名に購入した独自ドメインを設定する
この証明書に別の名前を追加をクリック → 購入した独自ドメインの先頭に*.を追加した文字列を設定する
DNS検証を選択
→ 検証保留中のステータスの証明書リクエストが作成されました。証明書の検証と承認を完了するには、追加のアクションが必要です。
の表示が出るので、証明書を表示する

SSL証明書の検証

Route53 CNAME作成

AWS Certicate Managerの証明書の表示画面の「Route53でレコード作成」のボタンをクリックする
→Route53のホストゾーンにはこのCNAMEは自動で設定されている
次の手順で、このCNAME名、CNAME値をお名前.comに設定する

お名前.comに外部のCNAMEを設定する

ドメイン → ドメイン機能一覧 → ネームサーバーの設定 → DNS関連機能の設定
→DNS設定 → DNSレコード設定を利用する
→ A/AAAA/CNAME/MX/NS/TXT/SRV/DS/CAAレコードの追加の欄で
TYPEをCNAMEに変更して、ホスト名にROUTE53のCNAME名を設定する
VALUEにCNAME値を設定する(末尾のドットはとる)
TTLは3600のまま
状態は有効のまま
DNSレコード設定用ネームサーバー変更確認
のチェックは外したまま
→ 確認画面へ進む → 設定

AWS Certificate Managerのステータス確認

CNAMEのステータスが成功になっていること

Discussion

ログインするとコメントできます