🤮

とりあえず、連絡は見てくれ。っていう話

1 min read

はじめに

どうも。最近、学校でついにプログラミングに関する授業が始まりました。
以前より、学校内の学生のみで共同開発をする機会は多くあったが、どれもいまいち成功した経験がない。

今回は、そんな愚痴をなぐり書きしていきます。

原因は何だ

みなさんは、共同開発をする際に重要視するのはなんだろうか?

開発者の技術力?

そうではないと思う。
個人的に一番大事なことは、(というか、みんなも思っていると思うが...)

連絡を取り合うこと

だと思う。

これがうまくいかないと、なにかでボロがでる。
連絡を見ないやつ is dead

なにを言いたいのか

結論。連絡は見てくれっていうことです。

Slackを使っているなら、リアクションやリプを飛ばす。
Discodeを使っているなら、リアクション、VCをする。

通知を入れない文化というのが有るのかもだが、なぜいれないのか。

連絡をみないとなにが起こるか。わかりますね?

  • 仕様の決定ができない
  • 決まったとしても、いずれ批判が起こる
  • タスク管理が無理

いくらでも出てきますね。

お願いなので、

返信はしないでもいいから、とりあえずリアクションだけはしろ!

返信もしろってカンジだが、「〇〇できました!!」みたいな報告に無反応なのはさすがにきつい。

みなさんも、SNSの連絡は優しい気持ちを持って、協力しましょう。

Discussion

ログインするとコメントできます