📖

キャプチャ突破サービスは誰が何のために使用するか

2022/10/10に公開約3,600字

CAPTCHAとは何ですか?通常は画像に付属する文字、数字、および特殊な数字のことを言います。1つ以上のアクションを実行するために入力する必要がある確認コードのようなものです。

サイトでのキャプチャの解決は自動プログラム、スパマー、ブルートフォース攻撃などとの戦いでは不可欠なことです。CAPTCHA は、自動化されたアクセスからサイトを保護するために、ほぼすべてのオンラインサービスで使用されています。

しかし、そのような防御は必ずしも良いことではありません。多くの個人や企業が、自動モードでサイトから情報を取得する必要があります。そのため、ロボットがCAPTCHAを解読できるCAPTCHAサービスが市場に登場しました。今日はCAPTCHAサービスを使用するユーザーと使用の目的を詳しく見ていきます。この記事は、CAPTCHA突破サービス、2Captchaと共同で執筆しました。

1. レジストリからの自動データ受信サービス

情報収集プログラム(アグリゲーター)は非常に便利なサービスです。それを使えば、罰金の通知を受け取り、ITNで取引相手を確認、必要な商品を販売している店舗のリストを取得、何百ものクーポンサイトからレストランの割引クーポンを見つけたりすることができます。自動モードで情報収集プログラムにそのような情報を提供するソースもあれば、提供しないソースもあります。このような場合、情報収集プログラムは、これらのサイトでCAPTCHAを突破し、実際のユーザーを装う必要があります。2Captchaの専門家によると、ほとんどすべての主要な国内銀行やその他の信用機関は、CAPTCHA突破サービスと連携するか、独自の同様のソリューションを開発することを余儀なくされています。

そんな時に2Captchaサービスが役に立ちます。使い方はとても簡単です。:

  • ソフトウェアのインターフェイスを使ってCAPTCHAの画像をサーバーに送信します。その結果、タスクのユニークIDを受信します。
  • タスクは待機している作業者の1人に割り当てられます。タスクは手動で実行されると言うべきでしょう。ちなみに、1 つのCAPTCHAを複数の作業者で解決するオプションがあり、このアプローチだと100% 正解を達成できます。
  • 回答のリクエストを送信します。準備ができると、サーバーはCAPTCHA認証結果を返します。

作業者はCAPTCHAを認識するために20秒しか与えられません。したがって、CAPTCHAを突破する必要があるサービスで1分しか猶予がない場合でも、タスクを完了するのに十分な時間があります。CAPTCHA 1件の認証コストは$0.001未満からです。2captchaサービスの詳細はこちらをご覧ください。

2.オンライン販売のバイヤー

コンサートやスポーツイベントのチケットを購入するには、CAPTCHAを入力して注文を確認する必要があります。同じことが衣類、機器、その他の商品の限定コレクションにも当てはまります。これは、再販業者(リセラー)が販売開始後数秒でベストオファーをすべて買い占めできないようにするためです。たとえば、Xiaomiが新しい携帯電話をリリースしていたとき、再販業者はAliexpressでこのようなことを行っていました。当時Xiaomi
はAliexpress経由でのみ商品を販売していたため、再販業者はすべてのアイテムを数秒で手に入れ、法外な価格で再販していたのです。

ちなみに、再販業者は手動でCAPTCHAを入力する何百人ものCAPTCHAサービスの従業員を雇っていて、CAPTCHAの実装は役に立ちませんでした。今この時点でも彼らはチケットの購入を行っています。そのため、Supreme、Nike、Adidasのセールで限定アイテムを購入したり、Ticketmaster (アメリカ、カナダ、イギリス)で最高の座席のチケットを購入したい場合は、特別なソフトウェア「BOT」を使用する必要があります。販売開始から数秒後、彼らはなんとか座席を予約し、商品をカートに入れました。このような「BOT」は、CAPTCHA突破サービスなしでは機能しません。

3.SEOスペシャリストとSMMマネージャー

プロモーションの有効性を確認するために、SEO マネージャーは検索エンジンの結果を解析します。各リクエストを実行するには、CAPTCHAを突破する必要があります。そして、そのようなリクエストが 1 日に数十件から数百件になることもあります。そんな場合に、低コストのCAPTCHA認証機能を備えた2Captchaサービスが確実に役に立ちます。料金は、突破したCAPTCHA 1,000件あたり$0.87からです。つまり、SEOマネージャーの場合、ワークロードが高いときは月額$3を費やすことになります。最も複雑なCAPTCHAの1つであるReCaptcha V3でさえ、1,000件解決当たり$2.99です。このサービスは手数料を取りません。こちらのページでサービスの統計を確認できます。

SMMマネージャーの場合でも、CAPTCHAに対処する必要があることもよくあります。たとえば、投稿の遅延、コメントの整理、登録者への通知などです。SMMマネージャーが複数のグループと連携している場合、1日に何百ものCAPTCHAを入力する必要があります。

ちなみに、2Captchaサービスではお金を稼ぐことができます。報酬はポケットマネー程度で、サービスの負荷にもよりますが、1~2時間で約$0.5になり、インターネットではじめてお小遣いを稼ぐのにぴったりなオプションです。引き出しできるミニマム料金は$1です。2Captchaにはアフィリエイトプログラムもあります。このサービスを利用するパートナーを引き付けることで、パートナーのサービスまたは消費額の10% を受け取ることができます。アフィリエイトプログラムaffiliate programに参加する場合、まずは2Captchaサービスに登録してください。

4. スパマーとブルートフォース攻撃

普通の人々の生活を台無しにする最も卑劣な 2 つのタイプのユーザー。スパマーについては説明不要ですね。初期のCAPTCHAは、まさにスパマーと戦うために発明されました。しかし、検索エンジンがスパマーからのリンクを考慮しなくなり、場合によっては禁止するようになった後、スパマーは迷惑行為の激しさを減らしました。スパマーは通常、CAPTCHAを手動入力するか、自作のプログラムを使用します。彼らは実際には 2Captchaのようなサービスを使用していません。彼らはたいてい自分の仕事に対してこういったサービスの料金より少し多いくらいしか報酬を得ておらず、CAPTCHA突破にお金を払うことは単純に儲からないからです。

また、一致するユーザー名とパスワードを選択してアカウントをクラックするブルート フォース攻撃者もいます。ログインが可能なほとんどすべてのサービスで、ログインとパスワードの入力試行回数に一定の制限があります。次に、ユーザー名とパスワードを入力するだけでなく、毎回複雑になるCAPTCHAを突破する必要があります。2Captchaの専門家によると、これらの人々の0.5%以下がサービスを使用しており、もし違法行為が検出された場合はすぐにバンされます。

5. 目の不自由な人々

毎日、ますます多くの視覚障害者がインターネットを使用し始めています。音声コマンドを使用してコンピューターを制御できるようになり、SiriやAliceなどの音声アシスタントが情報を読み取るのを手伝っているからです。目の不自由な人でも、オンライン チャットルームでコメントを残したり、快適にコミュニケーションを取ることができます。それでも、SiriやAliceはCAPTCHAを認証できないために、目の不自由な人々は多くのサービスを利用できません。解決策は、2Captchaを使用することです。このサービスはCAPTCHAの画像を送信してテキスト形式で受け取ることができるTelegram用のBOTも作成したため、音声アシスタントを使って声で発言することができます

Discussion

ログインするとコメントできます