📘

データ分析基盤(概念モデル)におけるスピードレイヤー(ホットパス)

3 min read

概要

データ分析基盤(概念モデル)におけるスピードレイヤー(ホットパス)に関する整理を実施します。
image.png

本記事にて、下記の記事におけるスピードレイヤー(ホットパス)の詳細を記載します。

定義

スピードレイヤー(ホットパス)の定義

バッチ処理にてデータ処理を行い、永続的に大量のデータを保持する層。

コンポーネント詳細

番号 データ基盤におけるレイヤー コンポーネント名 説明 サービス例
13 スピードレイヤー ストリーム処理サービス リアルタイムインジェストから連続したデータを取得し、処理を行ったうえでデータの提供を低遅延で行うサービス。 Amazon Kinesis、Azure Stream Analytics

要求要件

ストリーム処理サービス

番号 要否 分類 主要要件 説明
1 必須 データ抽出 リアルタイムデータ抽出 リアルタイムインジェストサービスからデータを抽出する機能。
2 任意 データ変換 データ変換 抽出したデータを変換する機能。
3 必須 プログラミング 外部REST APIの利用 抽出したデータに基づき外部APIを実行する機能。
4 必須 データ取込 リアルタイムデータ取込 ターゲットにデータを取り込む機能。
5 任意 拡張性 クラスターのスケールアウト 同一のエンドポイントを利用可能な状態で、クラスターの数を増減する機能。
6 必須 可用性 フォールトトレランス システムの一部に障害が発生しても正常に動作する機能。

参考情報

ストリーム処理サービス

特になし

参考資料

Discussion

ログインするとコメントできます