🐈

Flutterでbase64のエンコード・デコード

1 min read

はじめに

base64をFlutterで使うのは、FirebaseのRemote Configに日本語の文字列を登録しておきたい時とかですかね。
今回はTwitter APIの署名(oauth_*)を作成する際に使用する予定です。
使用することは少なめですが、こちらもメモ。

base64のエンコード・デコードの全文

String testString = "テスト文字列";
Codec<String, String> stringToBase64 = utf8.fuse(base64);
String encoded = stringToBase64.encode(testString); 
String decoded = stringToBase64.decode(encoded);  

コピペして使ってみてください。

GitHubで編集を提案

Discussion

ログインするとコメントできます