【Anaconda】仮想環境を使ったPython環境の構築

4 min read読了の目安(約4000字

はじめに

VSCodeにてAnacondaで構築したPython仮想環境を利用する方法を書いています。

なお、仮想環境については、以下リンク先でAnacondaの仮想環境'attendance'を構築してることを前提としています。

環境

  • Wndows 10 Home
  • Anaconda
  • VSCode

VSCodeのインストール

以下リンク先にてVSCodeをインストールします。

VSCodeのインストール方法については、すでにたくさんの記事がインターネットにありますのでご自身で調べてインストールまで完了してください。

VSCodeの日本語化

VSCodeをインストールした時点では、言語設定がデフォルトで英語のままとなっています。

拡張機能の日本語化パッケージをインストールすることで、VSCode全体を日本語化することができますので、次の方法で日本語化します。

日本語化パッケージのインストール

  1. 次のアイコン(Extentions)を選択します。

  2. 次の入力エリアから[Japanese Language Pack for Visual Studio Code]を検索します。japanで検索すればでてきますので、検索したら選択してください。

  3. 選択すると右ペインに次の画面がでてきますのでinstallを押します。

  4. インストールが完了したら、一度[×]でVSCodeを終了し、再度開きます。(インストールが完了すると、先ほどinstallと表示されていたボタンがuninstallとなります。)
    起動すると、次のようにVSCodeが日本語化れています。

Pythonのインストール

いまのままでは、VSCodeでPythonを扱うことができません。
VSCodeでPythonを扱うには、先ほどの手順同様、次の手順で拡張機能のPythonをインストールします。

  1. 次のアイコン(Extentions)を選択します。

  2. 次の入力エリアから[Python]を検索します。

  3. いくつか似たようなアイコンのパッケージが一覧されますので、注意して次のパッケージを選択します。

  4. 次のとおりインストールボタンをおして、pythonをインストールします。(先ほどインストールと表示されていたボタンが無効にするとなったらインストール完了です。)

Pythonファイルを作成したいパスを開く

VSCodeのフォルダを開くから、pythonファイルを作成したい任意のパスを選択します。
私は今回C:\Users\makio\dev\app-attendanceとすることにします。

ここで開くパスは、Anacondaにて作成した仮想環境(attendance)ではありません。
conda info -e 結果attendanceのパスではありません。
お好きなパスを指定してください。

conda info -e 結果
(attendance) C:\Users\makio\anaconda3>conda info -e
# conda environments:
#
base                     C:\Users\makio\anaconda3
attendance            *  C:\Users\makio\anaconda3\envs\attendance

利用するPythonのパスを指定する

今回はAnacondaにて作成した仮想環境(attendance)へインストールしたpythonを利用するようにVSCodeの設定を変更します。

  1. [表示][コマンドパレット]の順でコマンドパレット(Ctrl + Shift + P)を表示します。

  2. コマンドパレットにて>settings.jsonと入力し基本設定:ワークスペースの設定を開く(JSON)を選択します。

基本設定: 設定(JSON)を開く
VSCode全体に反映される設定ファイルを開く
 
基本設定: ワークスペース設定(JSON)を開く
現在開いているプロジェクトに対してのみ反映される設定ファイルを開きます。
今回の場合はC:\Users\makio\dev\app-attendance(プロジェクト)が該当します。

  1. なにも値の入っていないJSONファイルが開くことを確認します。

  2. スタートメニューからAnaconda Promptを起動し利用する仮想環境('attendance')内に存在するpythonの実行ファイル(python.exe)のパスを調べます。
    python実行ファイルはconda info -eにて出力されるパスの直下に存在します。
    今回はattendanceを利用するので、指定するpython実行ファイルはC:\Users\makio\anaconda3\envs\attendance\python.exeとなります。

conda info -e
(attendance) C:\Users\makio\anaconda3>conda info -e
# conda environments:
#
base                     C:\Users\makio\anaconda3
attendance            *  C:\Users\makio\anaconda3\envs\attendance
  1. settings.jsonに戻り、以下のとおり取得したパス情報を入力し保存(Ctrl + S)します。

settings.jsonでファイルパスを指定する場合は\\\に置換する必要があるので注意してください。

settings.json
{
    "python.pythonPath": "C:\\Users\\makio\\anaconda3\\envs\\attendance\\python.exe"
}
  1. settings.jsonに戻り、以下のとおり取得したパス情報を入力します。