😸

FlutterでWebスクレイピングしてみた

2022/10/23に公開約6,700字

はじめに

WebスクレイピングといえばPythonのイメージがあったのですが、
ふと、FlutterでもWebスクレイピングできるんじゃないかと思い、色々調べて試してみました。

単純ではありますが、次のようなWebスクレイピングをFlutterで実装してみたので、その方法をご紹介します。

  • Wikipediaから、現時点で広島東洋カープに所属している捕手の名前と出身地を取得する

完成イメージ

アプリ起動時 画面右下のテキストボタン押下時

使用したパッケージ

universal_htmlというパッケージを使用しました。
https://pub.dev/packages/universal_html

実装方法

実装内容を整理

まずは実装内容を細分化してみます。

今回実装するのは、次のようなWebスクレイピングです。

  • Wikipediaから、現時点で広島東洋カープに所属している捕手の名前と出身地を取得する

上記を次のような手順で実装していこうと思います。

  1. Wikipediaの広島東洋カープの選手一覧にアクセスし、現時点で広島東洋カープに所属している捕手の名前と、選手ごとのページのURLを取得する。
    ※選手ごとのサイトの例:會澤翼

  2. 選手ごとのサイトにアクセスし、出身地(都道府県のみ)を取得する

  3. 1と2で取得した選手名と出身地をListViewで表示する

以降は、上記手順ごとの実装方法を説明します。

1. Wikipediaの広島東洋カープの選手一覧にアクセスし、現時点で広島東洋カープに所属している捕手の名前と、選手ごとのサイトのURLを取得する。

はじめに、WindowControllerのopenHttp関数を使ってhtmlを取得します。

final url =
'https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BA%83%E5%B3%B6%E6%9D%B1%E6%B4%8B%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%97%E3%81%AE%E9%81%B8%E6%89%8B%E4%B8%80%E8%A6%A7';
final controller = WindowController();
await controller.openHttp(uri: Uri.parse(url));

次に、querySelectorAll関数を使って、取得したい要素を指定します。
querySelectorAll関数は、CSSセレクターを使用して要素を絞り込むことができます。

const selector =
    '#mw-content-text > div.mw-parser-output > table:nth-child(17) > tbody > tr';
final elementList = controller.window!.document.querySelectorAll(selector);

次に、for文を使ってelementListの要素を1つずつ見ていきます。
各要素をさらにquerySelector関数で絞り、選手名と選手ごとのページのURLを取得します。

for (final element in elementList) {
    final catcher = element.querySelector('> td > a');
    if (catcher != null) {
    final name = catcher.title!;
    final url = catcher.attributes['href']!;
    }
}

2. 選手ごとのページにアクセスし、出身地(都道府県のみ)を取得する

手順1と同じように、まずはWindowControllerのopenHttp関数を使ってhtmlを取得します。

final controller = WindowController();
await controller.openHttp(uri: Uri.parse('https://ja.wikipedia.org$url'));

次に、こちらも手順1と同様にquerySelectorAll関数やquerySelector関数を使って、取得したい要素を指定します。

const selector =
    '#mw-content-text > div.mw-parser-output > table.infobox > tbody > tr:nth-child(5) > td';
final elementList = controller.window!.document.querySelectorAll(selector);

for (final element in elementList) {
    // 出身地(都道府県)をreturn
    return element.querySelector(' > a')!.title!;
}

ここまで実装したコードの全文は下記です。

手順1で実装したものをfetchCatcherという関数にしました。
また、手順2で実装したものをfetchHometownという関数にしました。

fetchCatcher関数の中で、選手ごとにfetchHometown関数を実行するようになっています。

// Catcher型を定義
class Catcher {
  final String name;
  final String hometown;

  Catcher(this.name, this.hometown);
}

// スクレイピングを実装
class Scraping {

  // 手順1
  Future<List<Catcher>> fetchCatcher(String url) async {
    final controller = WindowController();
    await controller.openHttp(uri: Uri.parse(url));

    const selector =
        '#mw-content-text > div.mw-parser-output > table:nth-child(17) > tbody > tr';
    final elementList = controller.window!.document.querySelectorAll(selector);

    final List<Catcher> catcherList = [];

    for (final element in elementList) {
      final catcher = element.querySelector('> td > a');
      if (catcher != null) {
        final name = catcher.title!;

        final url = catcher.attributes['href']!;
        final hometown = await fetchHometown(url);

        catcherList.add(Catcher(name, hometown));
        await Future.delayed(const Duration(seconds: 5));
      }
    }

    return catcherList;
  }

  // 手順2
  Future<String> fetchHometown(String url) async {
    final controller = WindowController();
    await controller.openHttp(uri: Uri.parse('https://ja.wikipedia.org$url'));

    const selector =
        '#mw-content-text > div.mw-parser-output > table.infobox > tbody > tr:nth-child(5) > td';
    final elementList = controller.window!.document.querySelectorAll(selector);

    for (final element in elementList) {
      return element.querySelector(' > a')!.title!;
    }

    return '';
  }
}

3. 1と2で取得した選手名と出身地をListViewで表示する

手順1と2で選手名と出身地を取得することができますので、あとは取得したデータをListViewで表示します。

今回はStatefulWidgetを使って、画面内のテキストボタンを押すことで手順1と2のスクレイピングを実行し、データを取得してListViewで表示するようにしました。

class MyHomePage extends StatefulWidget {
  const MyHomePage({Key? key, required this.title}) : super(key: key);

  final String title;

  
  State<MyHomePage> createState() => _MyHomePageState();
}

class _MyHomePageState extends State<MyHomePage> {
  final _scraping = Scraping();
  final _url =
      'https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BA%83%E5%B3%B6%E6%9D%B1%E6%B4%8B%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%97%E3%81%AE%E9%81%B8%E6%89%8B%E4%B8%80%E8%A6%A7';

  List<Catcher> _catcherList = [];

  
  Widget build(BuildContext context) {
    return Scaffold(
      appBar: AppBar(
        title: Text(widget.title),
      ),
      body: ListView.builder(
        itemCount: _catcherList.length,
        itemBuilder: (BuildContext context, int index) {
          return Container(
            padding: const EdgeInsets.all(8),
            alignment: Alignment.centerLeft,
            height: 64,
            decoration: const BoxDecoration(
              border: Border(
                  bottom: BorderSide(
                color: Colors.black12,
              )),
            ),
            child: Column(
              children: [
                Text(_catcherList[index].name),
                Text(_catcherList[index].hometown),
              ],
            ),
          );
        },
      ),
      floatingActionButton: TextButton(
        onPressed: () async {
          final tmpCatcherList = await _scraping.fetchCatcher(_url);
          setState(() {
            _catcherList = tmpCatcherList;
          });
        },
        child: const Text(
          '広島のキャッチャーをスクレイピング',
          style: TextStyle(
            color: Colors.red,
          ),
        ),
      ), 
    );
  }
}

参考

https://pub.dev/packages/universal_html
https://qiita.com/toda-axiaworks/items/dd05264d5a7953316494#step2-flutterで実現する方法を考える
https://zenn.dev/tris/articles/9705b93a02425f
https://qiita.com/fnm0131/items/eb28c64712126ed2899d
https://qiita.com/Azunyan1111/items/b161b998790b1db2ff7a

Discussion

ログインするとコメントできます