【AWS】クラウドプラクティショナー(CLF)合格記

1 min read読了の目安(約1700字

はじめに

AWS実務経験がなく、1ヵ月の勉強で1発でCLFに合格することが出来ました。
1ヵ月勉強した中で、気づいたことをシェアします!

この合格記の対象者

  • これからAWSクラウドプラクティショナーを受験しようと考えている人
  • AWS実務経験ない人
  • PSIオンライン試験を受けようとしている人

AWS CLFとは

AWS 認定 クラウドプラクティショナー試験は、AWS クラウドの知識とスキルを身に付け、全体的な理解を効果的に説明できる個人が対象です。
https://aws.amazon.com/jp/certification/certified-cloud-practitioner/

実際のスコア

総合点746点でした。(実際はもっと得点している予定でした汗)

使った教材

勉強方法

クラウドプラクティショナーの本をざっと2周する

  • 1週目は初めから全ての内容を覚えようとせず、ざっと流すイメージで読みました。
  • 2週目はサービスの内容を理解し、似たサービスの違いを意識しました。

Udemyの問題を解く

  • 選択肢の内容をこういう意味を理解しながら解く。

    • 用語の意味が間違っていれば、スプレッドシートに単語を追加する。
  • 復習は全ての問題に目を通す。

  • 1日65問解いて、復習する流れを2週間続ける。

試験前日に"AWS WEB問題集で学習しよう"を全部解く

  • 先ほどと同様に選択肢を全て理解できているのかを確認しながら、問題を解く。
  • 間違ったサービスは、スプレッドシートにまとめる。

今までまとめたスプレッドシートの単語を調べる

  • AWSの公式ドキュメントで内容を確認する作業だけを行う。

試験日(PSIオンライン受験)の流れ

1. PSI管理ページにアクセス
 2. PCのスペックの確認
 3. PSIセキュリティブラウザをインストール
 4. 証明写真を撮影(Webカメラ)
 5. 身分証明書の撮影(Webカメラ)
 6. 部屋の中を360°カメラで映す
 7. 机の上をカメラで映す
 8. 試験開始!

所感

試験自体はWeb問題<=本番<Udemyの難易度に感じました。
AWS WEB問題集で学習しようを1週間前から行うべきだったと感じています。
日本語のおかしいところが多々あるので、英語に変えながら試験を受ければ問題ないと思います。
他のサイトを見ていたときに、PSIオンラインはローマ字表記の顔つき身分証が必要と言われるとあったので、試験よりも身分証の方で緊張していました笑
当日は全て試験官と英語でチャットのやりとりだったので、不安な方とローマ字表記の身分証を持っていない方はピアソンVueで受けることをお勧めします。

次はSAAも受験しようと思っているので、今後はSAAの合格体験記も書けたらなって思っています。