🎉

動的リッチメニューを試してみた #linedc

2022/06/02に公開約1,600字

LINE Developer CommunityはLINE APIに関連する最新情報や開発Tipsを共有するコミュニティです。
2022年4月に行われたLINE DC Monthly LT #1 - LINE de IoT「ものづくりを語ろう!」では、IoTとLINEを連携させた各種アイデアが発表されました。この記事ではLINE API Expertのようかんさんの登壇を紹介します。

https://www.youtube.com/watch?v=4Sq1lqzxvs4

自己紹介

LINEAPIをどんどんハックして「まだ誰も使ったことないことをやってみよう」をやっていきます。自己紹介を改めてするとようかんと申します。滋賀県在住ですけど、最近は学校を休学して旅をしています。カンファレンスに登壇したり、コミュニティーをやったりしています。

アイスブレイクをすると遊牧民始めました。ADDressというサービスを使って日本中を旅しています。今は福岡県に昨日から来ていて、1週間2週間くらいいようかなと思います。もし何か近くにおられる方がいたら会いましょう。

リッチメニューの変わった使い方をしたい

LINE界隈の方々だったら当たり前だと思うんですけど。公式アカウントの下に置いてメッセージを送ったり、リンクを張ったり色々できますよね。今回のリッチメニューを普通とは違う使い方をしたいなということで作ったものになります。

普通のLINE公式アカウントから、今日の気分っていう謎のグラフがあるんですけど、グーグルフォームをLINE上で開いて自分の今の気分を登録すると、それを自動的に、入力した値を数秒くらいで更新してくれて、グラフが更新される仕組みになってます。

1日の中でも1週間とかでもいいんですけど、気分の浮き沈みってあります。それを可視化するのが簡単にできないかな。botが定期的に今の気分を入力して、とメッセージが飛んできて、簡単にグーグルフォームに回答するだけで、可視化されるというアプローチになってます。

構成

全部Google Apps Scriptで動いてまして、Googleフォームを作ってタイムスタンプと気分を入力してます。それに応じて動的にグラフを生成して、それをGoogleスライドに動的に連携して、今日の気分っていうリッチメニューを1個作成して、この画面をリッチメニューの画像として書き出してアップロードすることをやっています。

リアルタイムで自動更新されるのが便利

意外とリアルタイムにリッチメニュー更新ができました。普通にLINEのトーク画面を開いている状態でも、リッチメニューって自動更新されるんですね。これって僕の肌感だと最近できた機能なんじゃないかなと思っていて、一回トーク画面を抜けて入り直さないと、リロードされないはずだったので、今日知りました。近々でコードとかも公開するんで、ぜひお楽しみにということで、僕のTwitterフォローしてていただけるとウォッチ出来るかなと思います。
ありがとうございました。

Discussion

ログインするとコメントできます