🌕

Markdown Cheat Sheet

2 min read

index

  • about
  • format

about

勉強ついでに作ったMarkdown記法のチートシートです。
使う機会が増えてきたので、一度しっかり覚えようと思いまとめました。

Markdown記法自体の説明はこちら -> Wikipedia

format

並び順に意味はないです。抜け漏れや間違いがあったらこっそり修正してるかも。。

Paragraph

paragraph1
paragraph2

改行を入れる場合は行末に半角スペース2つ入れる。

見出し h1 ~ h6

# ~ ######

example
# hoge
## hogehoge

#の後には半角スペースが必要

List(ul)

* parent-list1
  * child-list1
  * child-list2
* parent-list2

* / -のどちらかでリストになる。
tabを入れることで階層を作れる。

List(ol)

1. parent-list1
2. parent-list2
  1. child-list1
  2. child-list2

こちらもtabで階層を作れる。

引用符

> "sample text"
>>引用符の入れ子

quote1

quote2

Check box

- [ ] check
- [x] check
  • check
  • check

半角スペースがないとだめ。xを入れるとチェック済みになる

水平線

***
---
___

* / - / _ のどれかを3つ以上並べる。

リンク

<https://zenn.dev/>
[Zenn](https://zenn.dev/)
[Zenn](https://zenn.dev/ "Title")

最初は自動リンク。残りはインライン。

スタイル

*italic1* or _italic2_
**bold1** or __bold2__
**hoge _bold & italic1_ hoge** or __hoge *bold & italic2* hoge__
~~strikethrough~~
***bold & italic1*** or ___bold & italic2___

italic1 or italic2
bold1 or bold2
hoge bold & italic1 hoge or hoge bold & italic2 hoge
strikethrough
bold & italic1 or bold & italic2

注釈

text text\[^1]

\[^1]:Annotation

画像

![image_name](http://hogehogehoge)
![image_name](http://hogehogehoge "title")

インライン

`hoge = 100;`

hoge = 100;

シンタックスハイライト

	```javascript:title
	let hoge = 100;
	hoge += 1;
	```
title
let hoge = 100;
hoge += 1;

テーブル

| column1 | column2 | column3 |
| ------- | ------- | ------- |
| hoge1   | hoge2   | hoge3   |
| fuga1   | fuga2   | fuga3   |
column1 column2 column3
hoge1 hoge2 hoge3
fuga1 fuga2 fuga3

Discussion

ログインするとコメントできます