🎰

Google Docsで始めるYoutuberがライブ配信中に視聴者をランダム選出するためのスプレッド シート。

2022/11/04に公開約9,400字

リスナーちゃんはハコりたい!ω

おしりだって洗って欲しい。

概要

先日とあるYoutuberさんが、リスナーとのゲームの対戦実況をライブ配信されていたのだけど。参加枠争奪戦がちょっと大変そうだった。割りと瞬殺で、いつがタイミングなのかが分かってないと完全にアウト オブ 蚊帳になる辛さ。
(別に視聴は出来るので、実際は全然蚊帳の外なわけじゃないけど)。

前回のときも何かいい方法はないかと考えて、認証系も考えるとYoutubeならGoogleアカウントなのでGgoogle App Engine (以下GAE) が良いかなぁと思ったものの。GAEの使い方が良くわからないのに加え、従量課金トラブルも怖い。

そんな中、コーディングなんてせずとも、スプレッド シートで出来るんじゃね?🤔 アンケート フォームでは回答を募ることも出来るし、良識あるリスナー同士なら、性善説に則れるなら、ある程度はプログラミング無しでGoogle Docsだけで出来そうに思った。

という訳で、ちょっと作ってみた。割りとGABBR GABBRだけど。

環境

  • Googleアカウント
    YoutubeにコメントするのにもGoogleアカウントが基本必要だし、最もベターな希ガス。
  • Google Forms
    参加表明用のアンケート フォーム。選出の対象者の情報源。
    視聴者にはURLで、閲覧者として共有するのが良いと思うます。
  • Google SpreadSheet
    今回の本丸。
    参加表明者をランダムに選出するためのスプレッド シート。 RAND関数フィルタ機能 を用いてランダムに並び替えをして、都合に合わせて上位の人を選出者として扱うことにすまし。主な利用機能は以下。
    • IMPORTRANGE関数
      外部スプレッド シートの読み込み。
    • SPILL機能
      配列の内容を自動展開。
    • ARRAYFORMULA関数
      SPILLられた配列領域を処理する。
    • RAND関数
      選出のための重み付け。何かしら編集があると、すぐ乱数が更新される。
    • フィルタ機能
      重みのソートに利用。ソートした蕎麦から乱数が更新されるので、この ソート自体が選出 みたいな感じ。

ようは、ブラウザーだけでなんとかなるってね。
なのでメール通知とか、選出された人への通知手段は無いです。

完成ピジョン (🐓)

ファイル(?) 構成

image.png
アンケート フォームはURLでユーザーに共有するよ。

フォームと回答

参加フォーム参加フォーム (回答)
image.png

ランダム選出

ランダム選出を行う Pickup! スプレッド シート。

選出前

最後に選出したあとの状態。
image.png

選出済みである情報を書いて、フィルタ機能昇順ソートを実行
image.png

上位のユーザーを選出対象者として扱う。
(気に食わなければ繰り返しソートをし直す。)
image.png

水曜 どうでしょう?

使い方 (とりあえず使ってみる)

手順(1) マイ ドライブにコピーする。

サンポウルとして以下を共有しますので、コポピーして使ってください。

https://drive.google.com/drive/folders/1Ezr9Ltjk8VCyugZyneRUMwRQUDMBWZe9?usp=share_link

回答のスプレッド シートをコピーすると、フォームもコピーされてくるので、コピー操作はスプレッド シートだけ選択。マイ ドライブの直下にコピーされるので、自分の好きな場所に移動してください。

image.png

手順(2) フォームのURLをコピーする。

回答のスプレッド シートを開いて、そのURLを選出用のスプレッド シートに貼り付ける。URLの余計なパラメーターは除去して貼り付ける。
( #edit~ など )

image.png

手順(3) 回答をリセットする。

コピーした段階ではゴミがあったりするので。
image.png
image.png

手順(3) 参加表明を募集する。

作成したフォーム権限を、「リンクを知っている人全員」に変更し、閲覧権限でインターネットに公開する。「回答者リンクをコピー」からURLを取得し、参加対象者に教えて回答を待つ。
image.png
カモーン Щ(゚Д゚Щ

手順(4) 選出

回答が集まってきたら選出を行う。フィルターのソートで並び替えを行い、上位のn人を選出する。選出したら、その行に選出回数を記入・更新を行う。

image.png
(ソートして)

image.png
(キミにキメた!)

手順(5) リセット

46億年後、もしまた再度、ランダム選出を用いたい企画を行う際に、スプレッド シート再利用出来ると嬉しい。毎度毎度コレまでの作業を行って作成するの面倒くさいので。

以下、その際のリセット手順

(5-1) 回答フォームの初期化

手段(1) フォームの再作成

フォームの作成手順を再び行い、フォーム及び回答のスプレッド シートを普通に新規作成する。
その回答スプレッド シートのURLをPickup スプレッド シートに貼り付ける。

手段(2) フォームの回答をリセットして再利用

フォームには回答のリセット機能がある。使用済みのフォームの文言の修正などを行い、回答をリセットする。また、回答のスプレッド シートの中身も消えていない場合もあるので、その際には手動でも削除もをする。

image.png
image.png

(5-2) 選出用スプレッド シートのリセット

  1. 手入力欄を削除る
  2. 回答フォームを再作成した場合、新しい回答スプレッド シートのURLの貼り付ける

image.png

(5-3) 手順(3)に戻る。

それではまた46億年後に。

ゼロから作る人のための詳細解説

手順(1) フォームと回答のスプレッド シートを作成する。

(1-1) 質問と設定

フォームでは以下の2つを収集する。

  1. 選出確定時に呼び出す為のハンドル ネーム (H/N)
    選出が確定した人には卓に入ってもらうため、その呼び出し名。
    Googleアカウント情報は取れないため、自己申告してもらう。
  2. 参加可否
    途中退席された際にピックアップされない様にするため、参加しない」方の回答も収集する。回答を1回に制限し、編集を許可することで、退席の申告を上書きできる (後述)。すでに参加されていない人を選出したくないし。視聴者も配慮したいと思う人が少なくないと期待できるので。

設定は、以下2項目を設定する。

  1. 「回答の編集を許可する」を有効にする
      退席の自己申告のため。

  2. 「回答を1回に制限する」を有効にする
      参加表明を複数回収集してしまうと、ピックアップ精度に悪くなってしまうため。

なお、本記事では 「メール アドレスの収集」 も行った形で記載している。しかし、あくまで回答のコピーが対話ユーザーにメールで届くだけで運用には全くメリットが無いため、リスナー相手であれば収集しない方が良いと思われる。

image.png

(1-2) 回答用のスプレッド シートを生成

image.png
image.png
image.png
スプレッド シートが (勝手に) 出来る。

※ 生成しないで、既存のシート使うのでも良いけど。

手順(2) 選出用スプレッド シートを作成する。

(2-1) スプレッド シートを適当に作る

image.png

(2-2) 回答を取り込む為の設定情報を集める。

回答は IMPORTRANGE 及び SPILL 機能を用いて取り込み。そのために必要な情報を収集して記述する。

IMPORTRANGE関数の引数は
IMPORTRANGE("スプレッド シートのURL", "シート名!範囲起点:範囲終点")

列単位で参照すれば縦にSPILLられるので、列の為の情報を収集する。また併せて 参加が可能 を判定するための回答文字列も定義シテオク。

image.png

(2-3) 回答を列単位で取り込んでSPILLる。

IMPORTRANGEでの取り込み元を列で範囲指定し、SPILLらせる。縦にSPILLられるので、各列を横に並べる。1行目には自分のわかりやすい項目名を付けるため、2列目から取り込みさせる。

取り込み列
「タイム スタンプ」列 =IMPORTRANGE($B$2, $B$4 & "!" & $B$5 & ":" & $B$5)
「メール アドレス」列 =IMPORTRANGE($B$2, $B$4 & "!" & $B$6 & ":" & $B$6)
「H/N」列 =IMPORTRANGE($B$2, $B$4 & "!" & $B$7 & ":" & $B$7)
「参加可否」列 =IMPORTRANGE($B$2, $B$4 & "!" & $B$8 & ":" & $B$8)

image.png

(2-2) 回答に情報を肉付けする。

列でSPILLらせたため、このままでは選出対象行の特定が出来ない。以下の情報の肉付けにより、退席回答の行だけでなく、未回答行やヘッダー行も除外するための情報が出来る。

情報 備考
回答のある行かを判定 =ARRAYFORMULA(IMPORTRANGE($B$2, $B$4 & "!" & $B$5 & ":" & $B$5) <> "") タイム スタンプが空でなければ、回答があると判定。
参加の回答かを判定 =ARRAYFORMULA(IMPORTRANGE($B$2, $B$4 & "!" & $B$8 & ":" & $B$8) = B3) 特定の文字列と一致すれば、参加の旨の回答であると判定。

ARRAYFORMULA 関数により、範囲それぞれに式が適用され、結果が範囲のためまたSPILLれる。

image.png

いずれも TRUE の行が最終的なピックアップ対象として扱いたい。

(2-3) 回答をINDEXで引っ張ってくる。

SPILLはソートの影響を受けないため、行番号で更に別の場所に引っ張ってくる。引っ張るための連番は手で作成して引っ張る。

項目 備考
回答No 連番の定数。 引っ張るための行番号
active row =INDEX(L:L, $E21 + 2, 1) 重み付けに使用する項目。
joiner =INDEX(M:M, $E21 + 2, 1) 重み付けに使用する項目。
H/N =INDEX(P:P, $E21 + 2, 1) ピックアップ時に読み上げたい名前。

image.png

(2-4) 選出対象である目印項目の作成。

項目 備考
# =ROW() - 20 ソートの影響受けない連番にする。
Pickup! マーク =IF(C21<=2, "Pickup!", "") ソートの影響を受けない上記項目を用いて、
特定の数以下のときにマークを
表示させる。

image.png

(2-5) 選出済み管理用の項目の作成。

項目 備考
Pickup回数 数値 (自然数) 選出した回数。
重み付けに使用する項目。
Pickupメモ 文字列 利用時の自由なメモ。

image.png

(2-6) 乱数とソート用の重み付け。

今回の本丸。

項目 備考
ソ⁠ー⁠ト⁠用 =(NOT(F21) * 9) & "-" & (NOT(G21) * 1) & "-" & TEXT(I21, "0000") & "-" & TEXT(B21 * 1000000000000 * F21, "000000000000") 最終的な判定用の重みの項目。各重みをハイフン区切りで連結。
乱数 =RAND() ランダムに選出するための重みの項目。

image.png

(2-7) フィルターを作成

重みでソートを行うため、フィルターを作成する。

image.png

(3) 整理 (見栄えとか設定項目とか)

必要項目を揃えて整理して完了。

image.png

う~ん、センス無いの塊。。。

補足

重みについて解説

重みは 0-0-0000-916932336548 の様な形で複数の値を連結した文字列で表現している。各値を区切り文字によって連結された文字列によってソートを行うことで、各値の長さ違いも吸収する。各値は次の通り。

# 内容 説明
1 行⁠の⁠回⁠答の有無 (NOT(F21) * 9) 論理値に算術演算すると数値になる。昇順ソートのため、回答の存在する行を小さくしたいので、反転させてから乗算している。
=> 0 : 回答あり, 9 : 回答無し
2 参⁠加⁠表⁠明⁠有⁠無 (NOT(G21) * 1) 昇順ソートのため、参加表明をしている行を小さくしたいので、反転させてから乗算している。
=> 0 : 参加回答, 1 : 不参加表明
3 選⁠出⁠回⁠数 TEXT(I21, "0000") 選出回数を 0埋め4桁 で文字列化。未選出 (空) と 0 は等価。 文字を入れるとそのまま重みに連結されるので、数字より前後のコード ポイントの文字を活用することも可能。
4 ラ⁠ン⁠ダ⁠ム⁠文⁠字⁠列 TEXT(B21 * 1000000000000 * F21, "000000000000") 小数で生成された乱数から12桁分を抽出し ランダムな12文字を抽出。また、乱数に回答の存在も掛け合わせて、回答が無い行は視認性のため 0 にしている。

また、区切り文字には、コード ポイントが低い - (ハイフン) を用いることで、前に来やすくしている。

image.png

(半角カタカナ?そんな子はここには居ませんよ。。。)

乱数など数値を基本にした重みにしているため、視認を若干得られる。また、RAND 関数はフィルターによるソートでも再生成されてセルが更新されるので、繰り返しランダムにソートを行うことができる。

逆に区切り文字を後ろに回したいなら · ( U+B7 , MIDDLE DOT ) なんかも使いやすいかも?

Q&A

Q. たまにフィルターのソート効かないんだけど。。。

なんかやり過ぎると乱数貰えなくなるのかな。。。
でも、他の列をソートしてからやり直すと復活したりする。
あとは、スプレッド シートを開き直しても良い。

Q. なんでGASらないの?

GASるとスクリプトのコピー面倒いじゃん。。。
(´・ω・`)

コア機能のコピーのし易さを考えると、スプレッド シートの場合はGASらない方がポータビリティ性が出る。

Q. 回答した人のGoogleアカウント分からないの?

Google Workspaceなら自動で収集してくれるみたいなんだけど。個人アカウントだとダメみたいね。。。
_(:3」∠)_

Q. いたずら防止はどうしたほうがいい?

ムリゲー _(┐「ε:)_

Q. コレってプログラム?

どのへんがチューリング完全?

Q. コレってノーコード?

ノーコード?知らない子ね。

あとがき

ARRAYFORMULA関数 (配列演算) と SPILL クソ楽しい。

謝辞

  • Google Drive

Discussion

ログインするとコメントできます