🏛️

【Emacs入門】①インストール

1 min read

はじめに

このたびEmacsに入門しました。

初心者向けの入門記事を探すべくざっとネットを徘徊してみましたが、歴史あるエディタのためか古い記事が多いのと、比較的新しい記事であってもなかなか初心者には優しくなく玄人向けの記事が多い印象でした。そんなこんなで1ヶ月ほど悪戦苦闘してやっと最低限の設定ができたかなといった感じで今に至ります。

私の技量の問題もありますが思いの外苦労したので、これから入門される方にもこれまでの知見を共有できたらと思い連載形式で小出しに投稿していきたいと思います。

ちなみに私の環境はUbuntu 20.04とmacOS Catalinaになります。一部当方の環境に偏った内容になりますがご了承ください。

インストール(Ubuntu編)

Ubuntu Softwareから簡単にインストールできます。

Emacs で検索すると、Emacs (GUI) Emacs (Terminal) GNU Emacs の三種類が引っかかります。私はこの中から GNU Emacs を選んで最新バージョン(執筆時点では27.2)をインストールすることができました。

インストール(macOS編)

公式サイトにはHomebrewとMacPortsによるインストール方法が記載されています。私はHomebrewでインストールしましたので、ここではHomebrewを使ったインストール方法を紹介します。

Homebrewをインストールしていない場合、まずはこれをインストールします。ターミナルで以下を貼り付けて実行します。

% /bin/bash -c "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/HEAD/install.sh)"

次にHomebrewを使ってEmacsをインストールするのですが、一つ注意点があります。執筆時点では公式サイトにて以下を実行するように記載されていますが、このままだとエラーになります。

% brew cask install emacs

これはcaskの使い方が変更になったためで、現在は以下の方法でインストールできます。

% brew install emacs --cask

Catalina以降のmacOSの場合、もう一つやることがあります。

初期状態ではmacOSのアクセス権限が悪さしてEmacsから書類やデスクトップにアクセスすることができません。Emacs.appは起動にRubyのスクリプトを使っているので、これを許可してやることで解決します。

  1. 「システム環境設定」から「セキュリティとプライバシー」を開きます。
  2. 「プライバシー」タブから「フルディスクアクセス」を選択し、左下の鍵マークをクリックします。
  3. Touch IDもしくはパスワードでロックを解除して+ボタンをクリックします。
  4. ショートカット command + shift + G を実行して、フォルダの場所として /usr/bin/ を入力します。
  5. bin ディレクトリから ruby を選択して「開く」をクリックします。アクセス許可のリストに ruby が追加されます。

これで、Emacsから書類やデスクトップにアクセスできるようになります。