🕌

データサイエンス100本ノック(SQL)1~10

4 min read

はじめに

前回の記事でローカル環境のPostgreSQLにデータを入れるところまで行ったので、今回からは実際に問題とその回答を書いていくことにする。

100問全部取り組んだわけでは無く、解答を見ても良く分からなかった問題やSQLで処理することが大変な問題についてはコードを割愛している。(念のため、問題文だけは記載する)


学習する内容

select句、from句、as、where句(行の絞り込み)、between演算子、文字列のあいまい検索


S-001:レシート明細テーブル(receipt)から全項目を10件抽出し、
     どのようなデータを保有しているか目視で確認せよ。

select * from receipt limit 10;

・「*」で全項目選択、「limit 10」で10件抽出。


S-002:レシート明細のテーブル(receipt)から
    売上日(sales_ymd)、顧客ID(customer_id)、
    商品コード(product_cd)、売上金額(amount)の順に列を指定し、10件表示せよ。

select sales_ymd, customer_id, product_cd, amount from receipt limit 10;

S-003:レシート明細のテーブル(receipt)から売上日(sales_ymd)、顧客ID(customer_id)、
    商品コード(product_cd)、売上金額(amount)の順に列を指定し、10件表示せよ。
    ただし、sales_ymdはsales_dateに項目名を変更しながら抽出すること。

select sales_ymd as sales_date, customer_id, product_cd, amount from receipt limit 10;

・「as」の後に名前を書くことで別名を使うことが出来る。


S-004:レシート明細のテーブル(receipt)から売上日(sales_ymd)、顧客ID(customer_id)、
     商品コード(product_cd)、売上金額(amount)の順に列を指定し、
     以下の条件を満たすデータを抽出せよ。
・顧客ID(customer_id)が"CS018205000001"

select sales_ymd,
       customer_id,
       product_cd,
       amount
 from receipt where customer_id = 'CS018205000001';

・where句を使うことで抽出する行を具体的に指定することが出来る。


S-005:レシート明細のテーブル(receipt)から売上日(sales_ymd)、顧客ID(customer_id)、
     商品コード(product_cd)、売上金額(amount)の順に列を指定し、
     以下の条件を満たすデータを抽出せよ。
・顧客ID(customer_id)が"CS018205000001"
・売上金額(amount)が1,000以上

select sales_ymd,
       customer_id,
       product_cd,
       amount
 from receipt
 where customer_id = 'CS018205000001' and amount >= 1000;

・where句では条件を複数指定することが出来る。(andなどで一つ一つ書かないといけない)


S-006:レシート明細のテーブル(receipt)から売上日(sales_ymd)、顧客ID(customer_id)、
     商品コード(product_cd)、売上数量(quantity)、売上金額(amount)の順に
     列を指定し、以下の条件を満たすデータを抽出せよ。
・顧客ID(customer_id)が"CS018205000001"
・売上金額(amount)が1,000以上または売上数量(quantity)が5以上

select sales_ymd,
       customer_id,
       product_cd,
       quantity,
       amount
 from receipt
 where customer_id = 'CS018205000001' and (amount >= 1000 or quantity >= 5);

S-007:レシート明細のテーブル(receipt)から売上日(sales_ymd)、顧客ID(customer_id)、
     商品コード(product_cd)、売上金額(amount)の順に列を指定し、
     以下の条件を満たすデータを抽出せよ。
・顧客ID(customer_id)が"CS018205000001"
・売上金額(amount)が1,000以上2,000以下

select sales_ymd,
       customer_id,
       product_cd,
       quantity,
       amount 
 from receipt
 where customer_id = 'CS018205000001' and amount between 1000 and 2000;

・between演算子を使って表記することが出来る。
(a between x and y) --> (x <= a and a <= y)


S-008:レシート明細テーブル(receipt)から売上日(sales_ymd)、顧客ID(customer_id)、
     商品コード(product_cd)、売上金額(amount)の順に列を指定し、
     以下の条件を満たすデータを抽出せよ。
・顧客ID(customer_id)が"CS018205000001"
・商品コード(product_cd)が"P071401019"以外

select sales_ymd,
       customer_id,
       product_cd,
       quantity,
       amount
  from receipt
  where customer_id = 'CS018205000001' and product_cd != 'P071401019';

S-009:以下の処理において、出力結果を変えずにORをANDに書き換えよ。
select * from store where not (prefecture_cd = '13' or floor_area > 900)

select * from store where prefecture_cd != '13' and floor_area <= 900;

・「コードが13である行、またはエリアが900より上である行」を否定している。
つまり、「コードが13以外の行、かつエリアが900以下である行」を取り出したいということ。


S-010:店舗テーブル(store)から、店舗コード(store_cd)が"S14"で始まるものだけ全項目抽出し、10件だけ表示せよ。

select * from store where store_cd like 'S14%' limit 10;

・where句の中でlike演算子を使うことで文字列のあいまい検索をする事ができる。

% :任意の⻑さの任意の文字から構成される文字列を表す(0文字でも可)。
_ :1文字の任意文字を表す。
 例)人の名前で検索をしたい場合
 ~like '%中%' : 名前のどこか(最初と最後以外)に「中」が含まれる人を検索する。
 ~like '佐---' : 名前が佐から始まる4文字の人を検索する。

Discussion

ログインするとコメントできます