DockerでRails + Vue + MySQLの環境構築をする方法

公開:2020/09/24
更新:2020/09/27
11 min読了の目安(約6600字TECH技術記事

はじめに

フロントにVue、APIサーバにRailsという組み合わせは日本ではメジャーな構成の一つです。今回はこの構成をDockerを使って構築していきます。

この記事を読むことで、以下の構成をDocker作成出来るようになります!
API: Rails 6系
フロント:Vue(TypeScript) 2系
DB: MySQL 5.7

環境構築の流れ

  1. Rails、VueのDockerfile作成
  2. docker-compose.yaml作成
  3. Rails、Vueのプロジェクト作成

最終的なディレクトリ構成は以下のようになります。

[project_name]
├── api // Rails
│   ├── Dockerfile
│   ├── ...
├── docker-compose.yaml
└── front // Vue
    ├── Dockerfile
    ├── ...

では環境構築に入っていきましょう!

1. ディレクトリ作成

プロジェクトディレクトリとその配下にAPI、フロントのディレクトリを作成します

$ mkdir project_name
$ cd project_name
$ mkdir api front

以降のコマンドはカレントディレクトリがプロジェクトディレクトリ想定で記載しています。

2. Dockerfile作成

RailsとVueそれぞれのDockerfileを作成します。

2-1. Rails

指定しているバージョン

  • Ruby 2.7.1
  • Rails 6.0.x
FROM ruby:2.7.1

RUN apt-get update -qq && \
    apt-get install -y build-essential \ 
                       libpq-dev \        
                       nodejs \
   && rm -rf /var/lib/apt/lists/* 

RUN mkdir /app
ENV APP_ROOT /app
WORKDIR $APP_ROOT

ADD ./Gemfile $APP_ROOT/Gemfile
ADD ./Gemfile.lock $APP_ROOT/Gemfile.lock

RUN bundle install

rm -rf /var/lib/apt/lists/* はaptのキャッシュを削除しています。これはDockerのイメージファイルサイズを軽量化するためです。

このDockerfileではRailsを含むGemfileを必要とするので、以下のファイルをapi/に作成します。

source 'https://rubygems.org'
gem 'rails', '~> 6.0.3'

空のGemfile.lockも作成します。

$ touch api/Gemfile.lock

この時点でのディレクトリ構成

[project_name]
├── api 
│   ├── Dockerfile   <- New!
│   ├── Gemfile      <- New!
│   └── Gemfile.lock <- New!
└── front

2-2. Vue

指定しているバージョン

  • node 12.18.3
  • Vue 2系 <- これは後述のコンテナ内でVueプロジェクトを作成する際に指定します
FROM node:12.18.3-alpine

ENV APP_HOME /app
RUN mkdir -p $APP_HOME
WORKDIR $APP_HOME

RUN apk update && npm install -g @vue/cli

この時点でのディレクトリ構成

[project_name]
├── api 
│   ├── Dockerfile
│   ├── Gemfile
│   └── Gemfile.lock
└── front 
    └── Dockerfile <- New!

3. docker-compose.yaml作成

以下のdocker-compose.yamlをプロジェクトディレクトリに作成します

version: '3'

services:
  web:
    build: ./api
    command: bundle exec rails s -p 3000 -b '0.0.0.0'
    ports:
      - '3000:3000'
    depends_on:
      - db
    volumes:
      - ./api:/app
      - bundle:/usr/local/bundle
    tty: true
    stdin_open: true
  db:
    image: mysql:5.7
    volumes:
      - mysql_data:/var/lib/mysql/
    environment:
      MYSQL_ROOT_PASSWORD: password
    ports:
      - '3306:3306'
  front:
    build: ./front
    volumes:
      - ./front:/app
    ports:
      - '8080:8080'
    tty: true
    stdin_open: true
    command: npm run serve

volumes:
  mysql_data:
  bundle:

Railsの開発サーバ起動時に-bでホストを指定します。省略するとホストからコンテナにアクセスできません。0.0.0.0を指定することで、コンテナが持つ全てのインターフェースでlistenできるようになるため、ホスト側からコンテナにアクセスできるようになります。

MySQLとbundleのデータはボリュームにマウントし永続化しています。これによってコンテナを削除しても、データは消えません。
bundleはマウントしなくても、Gemを追加するたびにイメージのビルドすれば良いのですが時間がかかります。bundleをマウントすることでGemの追加がdocker-compose run api bundle installで済むようにです。

この時点でのディレクトリ構成

[project_name]
├── api 
│   ├── Dockerfile
│   ├── Gemfile
│   └── Gemfile.lock
├── docker-compose.yaml <- New!
└── front 
    └── Dockerfile

4. プロジェクトの作成

4-1. Rails

Railsプロジェクトの作成
rails newでRailsプロジェクトを作成します

$ docker-compose run web rails new . --force --database=mysql --api --skip-bundle

rails newの引数について
--force:Gemfileを強制的に上書き更新する
--database:使用するデータベースをMySQLにする
--api:APIモードでプロジェクトを作成。APIモードではUIに関係するファイルが省略されます。
--skip-bundlebundle installを省略します。次のdockerイメージのビルドでbundle installをするためです。

dockerイメージ更新
Gemfileが更新されたので、buildしてdocker imageを更新します。

$ docker-compose build

DBの設定ファイルを修正

RailsのDB設定ファイルapi/config/database.ymlを修正します。

default: &default
  adapter: mysql2
  encoding: utf8mb4
  pool: <%= ENV.fetch("RAILS_MAX_THREADS") { 5 } %>
  username: root
- password:
+ password: password
- host: localhost
+ host: db
  • passwordはdocker-compose.yamlの環境変数MYSQL_ROOT_PASSWORDで指定したもの
  • hostはDBのサービス名
    に対応しています。

DBの作成

$ docker-compose run web rails db:create 

これでRailsの環境構築は完了です!

4-2. Vue

vue-cliでVueプロジェクトを作成
コンテナ内に入り、vue-cliを使ってVueプロジェクトの作成を対話的にします。

以下の設定項目はvue-cli v4.5.6のものです。設定内容は一例なのでお好みでどうぞ。

Vueコンテナでシェルを実行

$ docker-compose run front sh

以下フロントコンテナ内で対話的に設定していきます。

$ vue create .
# 現在のディレクトリ(/app)に作成するかの確認
? Generate project in current directory? (Y/n) Yes

# プリセットを使用するかどうか
? Please pick a preset: (Use arrow keys)
  Default ([Vue 2] babel, eslint)
  Default (Vue 3 Preview) ([Vue 3] babel, eslint)
❯ Manually select features # TypeScriptをインストールするためこちらを選択

# プロジェクトにインストールするライブラリの選択
? Check the features needed for your project:
 ◉ Choose Vue version #
 ◉ Babel
❯◉ TypeScript # TypeScriptをインストールする場合はこれを選択
 ◯ Progressive Web App (PWA) Support
 ◯ Router
 ◯ Vuex
 ◯ CSS Pre-processors
 ◉ Linter / Formatter
 ◯ Unit Testing
 ◯ E2E Testing

# Vueバージョンの選択
? Choose a version of Vue.js that you want to start the project with (Use arrow keys)2.x
  3.x (Preview)

# Class styleを使用するかどうか。私はObject styleを使うため No
? Use class-style component syntax? (Y/n) No

# TypeScriptと一緒にbabelを使うか
? Use Babel alongside TypeScript (required for modern mode, auto-detected polyfills, transpiling JSX)? (Y/n) Yes

# LintとFormatterの設定に何を使うか
? Pick a linter / formatter config:
  ESLint with error prevention only
  ESLint + Airbnb config
  ESLint + Standard config
❯ ESLint + Prettier
  TSLint (deprecated)

# Lintの実行タイミング
? Pick additional lint features: (Press <space> to select, <a> to toggle all, <i> to invert selection)
❯◉ Lint on save # 保存時にLintを実行
 ◯ Lint and fix on commit (requires Git)

# Babel, ESLintなどの設定をどこに記述するか
? Where do you prefer placing config for Babel, ESLint, etc.? (Use arrow keys)
❯ In dedicated config files # 各設定ファイルにする
  In package.json

# 今回設定した内容をプリセットで保存するか。基本的にはプロジェクトを以降作成することはないため No
? Save this as a preset for future projects? No

# パッケージマネージャーに何を使うか
? Pick the package manager to use when installing dependencies: (Use arrow keys)
❯ Use Yarn
  Use NPM

インストール完了後、Ctrl+Dでコンテナを停止します。

5. 動作確認

コンテナを立ち上げる

$ docker-compose up -d

-d: バックグラウンドでプロセスを実行する

5-1. Rails

localhost:3000にアクセスし以下のページが表示されることを確認
スクリーンショット 2020-09-24 22.37.32.png

5-2. Vue

localhost:8080にアクセスし以下のページが表示されることを確認
スクリーンショット 2020-09-24 23.30.07.png

おわりに

お疲れさまでした。
今回はDockerでRuby on Rails + Vue + MySQLの環境構築する方法について書きました。

VueとRailsはそこまで学習コストが高くないため、初心者にもオススメ出来る構成です。ぜひお試しください!