🍪

Swift: 演算子の定義について完全に理解した。

13 min read

はじめに

Swiftでは演算子を自分で定義することができます。

まず、Swiftの演算子は特殊な関数です。
演算子(Operator)の定義に必要な要素は以下の6つです。

  • 演算子に使う記号/文字
  • 演算子の優先順位(Precedence)
  • 演算子の結合性(Associativity)
  • オプショナル・チェーンにおける代入の可否(Assignment)
  • 演算子の種類(中置infix・接頭辞prefix・接尾辞postfix
  • 演算子の機能実装

演算子に使える文字

基本的に使えるのは、変数名、関数名、クラス名などに使える文字ではない文字です。
代表的なものは、/ = - + ! * % < > & | ^ ~ ?

演算子の一文字目から使える文字(operator-head) 計2629文字

/ = - + ! * % < > & | ^ ~ ? ¡ ¢ £ ¤ ¥ ¦ § © « ¬ ® ° ± ¶ » ¿ × ÷ ‖ ‗ † ‡ • ‣ ․ ‥ … ‧ ‰ ‱ ′ ″ ‴ ‵ ‶ ‷ ‸ ‹ › ※ ‼ ‽ ‾ ⁁ ⁂ ⁃ ⁄ ⁅ ⁆ ⁇ ⁈ ⁉ ⁊ ⁋ ⁌ ⁍ ⁎ ⁏ ⁐ ⁑ ⁒ ⁓ ⁕ ⁖ ⁗ ⁘ ⁙ ⁚ ⁛ ⁜ ⁝ ⁞ ← ↑ → ↓ ↔ ↕ ↖ ↗ ↘ ↙ ↚ ↛ ↜ ↝ ↞ ↟ ↠ ↡ ↢ ↣ ↤ ↥ ↦ ↧ ↨ ↩ ↪ ↫ ↬ ↭ ↮ ↯ ↰ ↱ ↲ ↳ ↴ ↵ ↶ ↷ ↸ ↹ ↺ ↻ ↼ ↽ ↾ ↿ ⇀ ⇁ ⇂ ⇃ ⇄ ⇅ ⇆ ⇇ ⇈ ⇉ ⇊ ⇋ ⇌ ⇍ ⇎ ⇏ ⇐ ⇑ ⇒ ⇓ ⇔ ⇕ ⇖ ⇗ ⇘ ⇙ ⇚ ⇛ ⇜ ⇝ ⇞ ⇟ ⇠ ⇡ ⇢ ⇣ ⇤ ⇥ ⇦ ⇧ ⇨ ⇩ ⇪ ⇫ ⇬ ⇭ ⇮ ⇯ ⇰ ⇱ ⇲ ⇳ ⇴ ⇵ ⇶ ⇷ ⇸ ⇹ ⇺ ⇻ ⇼ ⇽ ⇾ ⇿ ∀ ∁ ∂ ∃ ∄ ∅ ∆ ∇ ∈ ∉ ∊ ∋ ∌ ∍ ∎ ∏ ∐ ∑ − ∓ ∔ ∕ ∖ ∗ ∘ ∙ √ ∛ ∜ ∝ ∞ ∟ ∠ ∡ ∢ ∣ ∤ ∥ ∦ ∧ ∨ ∩ ∪ ∫ ∬ ∭ ∮ ∯ ∰ ∱ ∲ ∳ ∴ ∵ ∶ ∷ ∸ ∹ ∺ ∻ ∼ ∽ ∾ ∿ ≀ ≁ ≂ ≃ ≄ ≅ ≆ ≇ ≈ ≉ ≊ ≋ ≌ ≍ ≎ ≏ ≐ ≑ ≒ ≓ ≔ ≕ ≖ ≗ ≘ ≙ ≚ ≛ ≜ ≝ ≞ ≟ ≠ ≡ ≢ ≣ ≤ ≥ ≦ ≧ ≨ ≩ ≪ ≫ ≬ ≭ ≮ ≯ ≰ ≱ ≲ ≳ ≴ ≵ ≶ ≷ ≸ ≹ ≺ ≻ ≼ ≽ ≾ ≿ ⊀ ⊁ ⊂ ⊃ ⊄ ⊅ ⊆ ⊇ ⊈ ⊉ ⊊ ⊋ ⊌ ⊍ ⊎ ⊏ ⊐ ⊑ ⊒ ⊓ ⊔ ⊕ ⊖ ⊗ ⊘ ⊙ ⊚ ⊛ ⊜ ⊝ ⊞ ⊟ ⊠ ⊡ ⊢ ⊣ ⊤ ⊥ ⊦ ⊧ ⊨ ⊩ ⊪ ⊫ ⊬ ⊭ ⊮ ⊯ ⊰ ⊱ ⊲ ⊳ ⊴ ⊵ ⊶ ⊷ ⊸ ⊹ ⊺ ⊻ ⊼ ⊽ ⊾ ⊿ ⋀ ⋁ ⋂ ⋃ ⋄ ⋅ ⋆ ⋇ ⋈ ⋉ ⋊ ⋋ ⋌ ⋍ ⋎ ⋏ ⋐ ⋑ ⋒ ⋓ ⋔ ⋕ ⋖ ⋗ ⋘ ⋙ ⋚ ⋛ ⋜ ⋝ ⋞ ⋟ ⋠ ⋡ ⋢ ⋣ ⋤ ⋥ ⋦ ⋧ ⋨ ⋩ ⋪ ⋫ ⋬ ⋭ ⋮ ⋯ ⋰ ⋱ ⋲ ⋳ ⋴ ⋵ ⋶ ⋷ ⋸ ⋹ ⋺ ⋻ ⋼ ⋽ ⋾ ⋿ ⌀ ⌁ ⌂ ⌃ ⌄ ⌅ ⌆ ⌇ ⌈ ⌉ ⌊ ⌋ ⌌ ⌍ ⌎ ⌏ ⌐ ⌑ ⌒ ⌓ ⌔ ⌕ ⌖ ⌗ ⌘ ⌙ ⌚ ⌛ ⌜ ⌝ ⌞ ⌟ ⌠ ⌡ ⌢ ⌣ ⌤ ⌥ ⌦ ⌧ ⌨ 〈 〉 ⌫ ⌬ ⌭ ⌮ ⌯ ⌰ ⌱ ⌲ ⌳ ⌴ ⌵ ⌶ ⌷ ⌸ ⌹ ⌺ ⌻ ⌼ ⌽ ⌾ ⌿ ⍀ ⍁ ⍂ ⍃ ⍄ ⍅ ⍆ ⍇ ⍈ ⍉ ⍊ ⍋ ⍌ ⍍ ⍎ ⍏ ⍐ ⍑ ⍒ ⍓ ⍔ ⍕ ⍖ ⍗ ⍘ ⍙ ⍚ ⍛ ⍜ ⍝ ⍞ ⍟ ⍠ ⍡ ⍢ ⍣ ⍤ ⍥ ⍦ ⍧ ⍨ ⍩ ⍪ ⍫ ⍬ ⍭ ⍮ ⍯ ⍰ ⍱ ⍲ ⍳ ⍴ ⍵ ⍶ ⍷ ⍸ ⍹ ⍺ ⍻ ⍼ ⍽ ⍾ ⍿ ⎀ ⎁ ⎂ ⎃ ⎄ ⎅ ⎆ ⎇ ⎈ ⎉ ⎊ ⎋ ⎌ ⎍ ⎎ ⎏ ⎐ ⎑ ⎒ ⎓ ⎔ ⎖ ⎗ ⎘ ⎙ ⎚ ⎛ ⎜ ⎝ ⎞ ⎟ ⎠ ⎡ ⎢ ⎣ ⎤ ⎥ ⎦ ⎧ ⎨ ⎩ ⎪ ⎫ ⎬ ⎭ ⎮ ⎯ ⎰ ⎱ ⎲ ⎳ ⎴ ⎵ ⎶ ⎷ ⎸ ⎹ ⎺ ⎻ ⎼ ⎽ ⎾ ⎿ ⏀ ⏁ ⏂ ⏃ ⏄ ⏅ ⏆ ⏇ ⏈ ⏉ ⏊ ⏋ ⏌ ⏍ ⏎ ⏏ ⏐ ⏑ ⏒ ⏓ ⏔ ⏕ ⏖ ⏗ ⏘ ⏙ ⏚ ⏛ ⏜ ⏝ ⏞ ⏟ ⏠ ⏡ ⏢ ⏣ ⏤ ⏥ ⏦ ⏧ ⏨ ⏩ ⏪ ⏫ ⏬ ⏭ ⏮ ⏯ ⏰ ⏱ ⏲ ⏳ ─ ━ │ ┃ ┄ ┅ ┆ ┇ ┈ ┉ ┊ ┋ ┌ ┍ ┎ ┏ ┐ ┑ ┒ ┓ └ ┕ ┖ ┗ ┘ ┙ ┚ ┛ ├ ┝ ┞ ┟ ┠ ┡ ┢ ┣ ┤ ┥ ┦ ┧ ┨ ┩ ┪ ┫ ┬ ┭ ┮ ┯ ┰ ┱ ┲ ┳ ┴ ┵ ┶ ┷ ┸ ┹ ┺ ┻ ┼ ┽ ┾ ┿ ╀ ╁ ╂ ╃ ╄ ╅ ╆ ╇ ╈ ╉ ╊ ╋ ╌ ╍ ╎ ╏ ═ ║ ╒ ╓ ╔ ╕ ╖ ╗ ╘ ╙ ╚ ╛ ╜ ╝ ╞ ╟ ╠ ╡ ╢ ╣ ╤ ╥ ╦ ╧ ╨ ╩ ╪ ╫ ╬ ╭ ╮ ╯ ╰ ╱ ╲ ╳ ╴ ╵ ╶ ╷ ╸ ╹ ╺ ╻ ╼ ╽ ╾ ╿ ▀ ▁ ▂ ▃ ▄ ▅ ▆ ▇ █ ▉ ▊ ▋ ▌ ▍ ▎ ▏ ▐ ░ ▒ ▓ ▔ ▕ ▖ ▗ ▘ ▙ ▚ ▛ ▜ ▝ ▞ ▟ ■ □ ▢ ▣ ▤ ▥ ▦ ▧ ▨ ▩ ▪ ▫ ▬ ▭ ▮ ▯ ▰ ▱ ▲ △ ▴ ▵ ▶ ▷ ▸ ▹ ► ▻ ▼ ▽ ▾ ▿ ◀ ◁ ◂ ◃ ◄ ◅ ◆ ◇ ◈ ◉ ◊ ○ ◌ ◍ ◎ ● ◐ ◑ ◒ ◓ ◔ ◕ ◖ ◗ ◘ ◙ ◚ ◛ ◜ ◝ ◞ ◟ ◠ ◡ ◢ ◣ ◤ ◥ ◦ ◧ ◨ ◩ ◪ ◫ ◬ ◭ ◮ ◯ ◰ ◱ ◲ ◳ ◴ ◵ ◶ ◷ ◸ ◹ ◺ ◻ ◼ ◽ ◾ ◿ ☀ ☁ ☂ ☃ ☄ ★ ☆ ☇ ☈ ☉ ☊ ☋ ☌ ☍ ☎ ☏ ☐ ☑ ☒ ☓ ☔ ☕ ☖ ☗ ☘ ☙ ☚ ☛ ☜ ☝ ☞ ☟ ☠ ☡ ☢ ☣ ☤ ☥ ☦ ☧ ☨ ☩ ☪ ☫ ☬ ☭ ☮ ☯ ☰ ☱ ☲ ☳ ☴ ☵ ☶ ☷ ☸ ☹ ☺ ☻ ☼ ☽ ☾ ☿ ♀ ♁ ♂ ♃ ♄ ♅ ♆ ♇ ♈ ♉ ♊ ♋ ♌ ♍ ♎ ♏ ♐ ♑ ♒ ♓ ♔ ♕ ♖ ♗ ♘ ♙ ♚ ♛ ♜ ♝ ♞ ♟ ♠ ♡ ♢ ♣ ♤ ♥ ♦ ♧ ♨ ♩ ♪ ♫ ♬ ♭ ♮ ♯ ♰ ♱ ♲ ♳ ♴ ♵ ♶ ♷ ♸ ♹ ♺ ♻ ♼ ♽ ♾ ♿ ⚀ ⚁ ⚂ ⚃ ⚄ ⚅ ⚆ ⚇ ⚈ ⚉ ⚊ ⚋ ⚌ ⚍ ⚎ ⚏ ⚐ ⚑ ⚒ ⚓ ⚔ ⚕ ⚖ ⚗ ⚘ ⚙ ⚚ ⚛ ⚜ ⚠ ⚡ ⚢ ⚣ ⚤ ⚥ ⚦ ⚧ ⚨ ⚩ ⚪ ⚫ ⚬ ⚭ ⚮ ⚯ ⚰ ⚱ ⚲ ⚽ ⚾ ⛄ ⛅ ⛋ ⛎ ⛏ ⛑ ⛓ ⛔ ⛪ ⛲ ⛳ ⛴ ⛵ ⛹ ⛺ ⛽ ✁ ✂ ✃ ✄ ✅ ✆ ✇ ✈ ✉ ✊ ✋ ✌ ✍ ✎ ✏ ✐ ✑ ✒ ✓ ✔ ✕ ✖ ✗ ✘ ✙ ✚ ✛ ✜ ✝ ✞ ✟ ✠ ✡ ✢ ✣ ✤ ✥ ✦ ✧ ✨ ✩ ✪ ✫ ✬ ✭ ✮ ✯ ✰ ✱ ✲ ✳ ✴ ✵ ✶ ✷ ✸ ✹ ✺ ✻ ✼ ✽ ✾ ✿ ❀ ❁ ❂ ❃ ❄ ❅ ❆ ❇ ❈ ❉ ❊ ❋ ❌ ❍ ❎ ❏ ❐ ❑ ❒ ❓ ❔ ❕ ❖ ❗ ❘ ❙ ❚ ❛ ❜ ❝ ❞ ❡ ❢ ❣ ❤ ❥ ❦ ❧ ❨ ❩ ❪ ❫ ❬ ❭ ❮ ❯ ❰ ❱ ❲ ❳ ❴ ❵ ➔ ➕ ➖ ➗ ➘ ➙ ➚ ➛ ➜ ➝ ➞ ➟ ➠ ➡ ➢ ➣ ➤ ➥ ➦ ➧ ➨ ➩ ➪ ➫ ➬ ➭ ➮ ➯ ➰ ➱ ➲ ➳ ➴ ➵ ➶ ➷ ➸ ➹ ➺ ➻ ➼ ➽ ➾ ➿ ⟀ ⟁ ⟂ ⟃ ⟄ ⟅ ⟆ ⟇ ⟈ ⟉ ⟊ ⟋ ⟌ ⟍ ⟐ ⟑ ⟒ ⟓ ⟔ ⟕ ⟖ ⟗ ⟘ ⟙ ⟚ ⟛ ⟜ ⟝ ⟞ ⟟ ⟠ ⟡ ⟢ ⟣ ⟤ ⟥ ⟦ ⟧ ⟨ ⟩ ⟪ ⟫ ⟬ ⟭ ⟮ ⟯ ⟰ ⟱ ⟲ ⟳ ⟴ ⟵ ⟶ ⟷ ⟸ ⟹ ⟺ ⟻ ⟼ ⟽ ⟾ ⟿ ⠀ ⠁ ⠂ ⠃ ⠄ ⠅ ⠆ ⠇ ⠈ ⠉ ⠊ ⠋ ⠌ ⠍ ⠎ ⠏ ⠐ ⠑ ⠒ ⠓ ⠔ ⠕ ⠖ ⠗ ⠘ ⠙ ⠚ ⠛ ⠜ ⠝ ⠞ ⠟ ⠠ ⠡ ⠢ ⠣ ⠤ ⠥ ⠦ ⠧ ⠨ ⠩ ⠪ ⠫ ⠬ ⠭ ⠮ ⠯ ⠰ ⠱ ⠲ ⠳ ⠴ ⠵ ⠶ ⠷ ⠸ ⠹ ⠺ ⠻ ⠼ ⠽ ⠾ ⠿ ⡀ ⡁ ⡂ ⡃ ⡄ ⡅ ⡆ ⡇ ⡈ ⡉ ⡊ ⡋ ⡌ ⡍ ⡎ ⡏ ⡐ ⡑ ⡒ ⡓ ⡔ ⡕ ⡖ ⡗ ⡘ ⡙ ⡚ ⡛ ⡜ ⡝ ⡞ ⡟ ⡠ ⡡ ⡢ ⡣ ⡤ ⡥ ⡦ ⡧ ⡨ ⡩ ⡪ ⡫ ⡬ ⡭ ⡮ ⡯ ⡰ ⡱ ⡲ ⡳ ⡴ ⡵ ⡶ ⡷ ⡸ ⡹ ⡺ ⡻ ⡼ ⡽ ⡾ ⡿ ⢀ ⢁ ⢂ ⢃ ⢄ ⢅ ⢆ ⢇ ⢈ ⢉ ⢊ ⢋ ⢌ ⢍ ⢎ ⢏ ⢐ ⢑ ⢒ ⢓ ⢔ ⢕ ⢖ ⢗ ⢘ ⢙ ⢚ ⢛ ⢜ ⢝ ⢞ ⢟ ⢠ ⢡ ⢢ ⢣ ⢤ ⢥ ⢦ ⢧ ⢨ ⢩ ⢪ ⢫ ⢬ ⢭ ⢮ ⢯ ⢰ ⢱ ⢲ ⢳ ⢴ ⢵ ⢶ ⢷ ⢸ ⢹ ⢺ ⢻ ⢼ ⢽ ⢾ ⢿ ⣀ ⣁ ⣂ ⣃ ⣄ ⣅ ⣆ ⣇ ⣈ ⣉ ⣊ ⣋ ⣌ ⣍ ⣎ ⣏ ⣐ ⣑ ⣒ ⣓ ⣔ ⣕ ⣖ ⣗ ⣘ ⣙ ⣚ ⣛ ⣜ ⣝ ⣞ ⣟ ⣠ ⣡ ⣢ ⣣ ⣤ ⣥ ⣦ ⣧ ⣨ ⣩ ⣪ ⣫ ⣬ ⣭ ⣮ ⣯ ⣰ ⣱ ⣲ ⣳ ⣴ ⣵ ⣶ ⣷ ⣸ ⣹ ⣺ ⣻ ⣼ ⣽ ⣾ ⣿ ⤀ ⤁ ⤂ ⤃ ⤄ ⤅ ⤆ ⤇ ⤈ ⤉ ⤊ ⤋ ⤌ ⤍ ⤎ ⤏ ⤐ ⤑ ⤒ ⤓ ⤔ ⤕ ⤖ ⤗ ⤘ ⤙ ⤚ ⤛ ⤜ ⤝ ⤞ ⤟ ⤠ ⤡ ⤢ ⤣ ⤤ ⤥ ⤦ ⤧ ⤨ ⤩ ⤪ ⤫ ⤬ ⤭ ⤮ ⤯ ⤰ ⤱ ⤲ ⤳ ⤴ ⤵ ⤶ ⤷ ⤸ ⤹ ⤺ ⤻ ⤼ ⤽ ⤾ ⤿ ⥀ ⥁ ⥂ ⥃ ⥄ ⥅ ⥆ ⥇ ⥈ ⥉ ⥊ ⥋ ⥌ ⥍ ⥎ ⥏ ⥐ ⥑ ⥒ ⥓ ⥔ ⥕ ⥖ ⥗ ⥘ ⥙ ⥚ ⥛ ⥜ ⥝ ⥞ ⥟ ⥠ ⥡ ⥢ ⥣ ⥤ ⥥ ⥦ ⥧ ⥨ ⥩ ⥪ ⥫ ⥬ ⥭ ⥮ ⥯ ⥰ ⥱ ⥲ ⥳ ⥴ ⥵ ⥶ ⥷ ⥸ ⥹ ⥺ ⥻ ⥼ ⥽ ⥾ ⥿ ⦀ ⦁ ⦂ ⦃ ⦄ ⦅ ⦆ ⦇ ⦈ ⦉ ⦊ ⦋ ⦌ ⦍ ⦎ ⦏ ⦐ ⦑ ⦒ ⦓ ⦔ ⦕ ⦖ ⦗ ⦘ ⦙ ⦚ ⦛ ⦜ ⦝ ⦞ ⦟ ⦠ ⦡ ⦢ ⦣ ⦤ ⦥ ⦦ ⦧ ⦨ ⦩ ⦪ ⦫ ⦬ ⦭ ⦮ ⦯ ⦰ ⦱ ⦲ ⦳ ⦴ ⦵ ⦶ ⦷ ⦸ ⦹ ⦺ ⦻ ⦼ ⦽ ⦾ ⦿ ⧀ ⧁ ⧂ ⧃ ⧄ ⧅ ⧆ ⧇ ⧈ ⧉ ⧊ ⧋ ⧌ ⧍ ⧎ ⧏ ⧐ ⧑ ⧒ ⧓ ⧔ ⧕ ⧖ ⧗ ⧘ ⧙ ⧚ ⧛ ⧜ ⧝ ⧞ ⧟ ⧠ ⧡ ⧢ ⧣ ⧤ ⧥ ⧦ ⧧ ⧨ ⧩ ⧪ ⧫ ⧬ ⧭ ⧮ ⧯ ⧰ ⧱ ⧲ ⧳ ⧴ ⧵ ⧶ ⧷ ⧸ ⧹ ⧺ ⧻ ⧼ ⧽ ⧾ ⧿ ⨀ ⨁ ⨂ ⨃ ⨄ ⨅ ⨆ ⨇ ⨈ ⨉ ⨊ ⨋ ⨌ ⨍ ⨎ ⨏ ⨐ ⨑ ⨒ ⨓ ⨔ ⨕ ⨖ ⨗ ⨘ ⨙ ⨚ ⨛ ⨜ ⨝ ⨞ ⨟ ⨠ ⨡ ⨢ ⨣ ⨤ ⨥ ⨦ ⨧ ⨨ ⨩ ⨪ ⨫ ⨬ ⨭ ⨮ ⨯ ⨰ ⨱ ⨲ ⨳ ⨴ ⨵ ⨶ ⨷ ⨸ ⨹ ⨺ ⨻ ⨼ ⨽ ⨾ ⨿ ⩀ ⩁ ⩂ ⩃ ⩄ ⩅ ⩆ ⩇ ⩈ ⩉ ⩊ ⩋ ⩌ ⩍ ⩎ ⩏ ⩐ ⩑ ⩒ ⩓ ⩔ ⩕ ⩖ ⩗ ⩘ ⩙ ⩚ ⩛ ⩜ ⩝ ⩞ ⩟ ⩠ ⩡ ⩢ ⩣ ⩤ ⩥ ⩦ ⩧ ⩨ ⩩ ⩪ ⩫ ⩬ ⩭ ⩮ ⩯ ⩰ ⩱ ⩲ ⩳ ⩴ ⩵ ⩶ ⩷ ⩸ ⩹ ⩺ ⩻ ⩼ ⩽ ⩾ ⩿ ⪀ ⪁ ⪂ ⪃ ⪄ ⪅ ⪆ ⪇ ⪈ ⪉ ⪊ ⪋ ⪌ ⪍ ⪎ ⪏ ⪐ ⪑ ⪒ ⪓ ⪔ ⪕ ⪖ ⪗ ⪘ ⪙ ⪚ ⪛ ⪜ ⪝ ⪞ ⪟ ⪠ ⪡ ⪢ ⪣ ⪤ ⪥ ⪦ ⪧ ⪨ ⪩ ⪪ ⪫ ⪬ ⪭ ⪮ ⪯ ⪰ ⪱ ⪲ ⪳ ⪴ ⪵ ⪶ ⪷ ⪸ ⪹ ⪺ ⪻ ⪼ ⪽ ⪾ ⪿ ⫀ ⫁ ⫂ ⫃ ⫄ ⫅ ⫆ ⫇ ⫈ ⫉ ⫊ ⫋ ⫌ ⫍ ⫎ ⫏ ⫐ ⫑ ⫒ ⫓ ⫔ ⫕ ⫖ ⫗ ⫘ ⫙ ⫚ ⫛ ⫝̸ ⫝ ⫞ ⫟ ⫠ ⫡ ⫢ ⫣ ⫤ ⫥ ⫦ ⫧ ⫨ ⫩ ⫪ ⫫ ⫬ ⫭ ⫮ ⫯ ⫰ ⫱ ⫲ ⫳ ⫴ ⫵ ⫶ ⫷ ⫸ ⫹ ⫺ ⫻ ⫼ ⫽ ⫾ ⫿ ⬀ ⬁ ⬂ ⬃ ⬄ ⬅ ⬆ ⬇ ⬈ ⬉ ⬊ ⬋ ⬌ ⬍ ⬎ ⬏ ⬐ ⬑ ⬒ ⬓ ⬔ ⬕ ⬖ ⬗ ⬘ ⬙ ⬚ ⬛ ⬜ ⬝ ⬞ ⬟ ⬠ ⬡ ⬢ ⬣ ⬤ ⬥ ⬦ ⬧ ⬨ ⬩ ⬪ ⬫ ⬬ ⬭ ⬮ ⬯ ⬰ ⬱ ⬲ ⬳ ⬴ ⬵ ⬶ ⬷ ⬸ ⬹ ⬺ ⬻ ⬼ ⬽ ⬾ ⬿ ⭀ ⭁ ⭂ ⭃ ⭄ ⭅ ⭆ ⭇ ⭈ ⭉ ⭊ ⭋ ⭌ ⭐ ⭑ ⭒ ⭓ ⭔ ⭕ ⭠ ⭡ ⭢ ⭣ ⭤ ⭥ ⮂ ⮃ ⮕ ⸘ ⸮ ⸯ ⸰ ⸱ ⹀ ⹁ 、 。 〃 〈 〉 《 》 「 」 『 』 【 】 〒 〓 〔 〕 〖 〗 〘 〙 〚 〛 〜 〝 〞 〟 〠 〰

以下のコードをPlaygroundなどで実行すれば一覧できます。

import Foundation

func uni(_ s: Int, _ e: Int) -> [Int] {
   return (s ... e).map { $0 }
}

var list = [Int]()
list.append(contentsOf: [0x002F, 0x003D, 0x002D, 0x002B, 0x0021, 0x002A, 0x0025, 0x003C, 0x003E, 0x0026, 0x007C, 0x005E, 0x007E, 0x003F])
list.append(contentsOf: uni(0x00A1, 0x00A7))
list.append(contentsOf: [0x00A9, 0x00AB])
list.append(contentsOf: [0x00AC, 0x00AE])
list.append(contentsOf: uni(0x00B0, 0x00B1))
list.append(contentsOf: [0x00B6, 0x00BB, 0x00BF, 0x00D7, 0x00F7])
list.append(contentsOf: uni(0x2016, 0x2017))
list.append(contentsOf: uni(0x2020, 0x2027))
list.append(contentsOf: uni(0x2030, 0x203E))
list.append(contentsOf: uni(0x2041, 0x2053))
list.append(contentsOf: uni(0x2055, 0x205E))
list.append(contentsOf: uni(0x2190, 0x23FF))
list.append(contentsOf: uni(0x2500, 0x2775))
list.append(contentsOf: uni(0x2794, 0x2BFF))
list.append(contentsOf: uni(0x2E00, 0x2E7F))
list.append(contentsOf: uni(0x3001, 0x3003))
list.append(contentsOf: uni(0x3008, 0x3020))
list.append(0x3030)

print(list.count)
let all = list.compactMap { UnicodeScalar($0) }.map { "\($0)"}.joined(separator: ", ")
print(all)
演算子の二文字目以降から使える文字(operator-character) 計496文字

̀̀̀ ́ ̂ ̃ ̄ ̅ ̆ ̇ ̈ ̉ ̊ ̋ ̌ ̍ ̎ ̏ ̐ ̑ ̒ ̓ ̔ ̕ ̖ ̗ ̘ ̙ ̚ ̛ ̜ ̝ ̞ ̟ ̠ ̡ ̢ ̣ ̤ ̥ ̦ ̧ ̨ ̩ ̪ ̫ ̬ ̭ ̮ ̯ ̰ ̱ ̲ ̳ ̴ ̵ ̶ ̷ ̸ ̹ ̺ ̻ ̼ ̽ ̾ ̿ ̀ ́ ͂ ̓ ̈́ ͅ ͆ ͇ ͈ ͉ ͊ ͋ ͌ ͍ ͎ ͏ ͐ ͑ ͒ ͓ ͔ ͕ ͖ ͗ ͘ ͙ ͚ ͛ ͜ ͝ ͞ ͟ ͠ ͡ ͢ ͣ ͤ ͥ ͦ ͧ ͨ ͩ ͪ ͫ ͬ ͭ ͮ ͯ ᷀ ᷁ ᷂ ᷃ ᷄ ᷅ ᷆ ᷇ ᷈ ᷉ ᷊ ᷋ ᷌ ᷍ ᷎ ᷏ ᷐ ᷑ ᷒ ᷓ ᷔ ᷕ ᷖ ᷗ ᷘ ᷙ ᷚ ᷛ ᷜ ᷝ ᷞ ᷟ ᷠ ᷡ ᷢ ᷣ ᷤ ᷥ ᷦ ᷧ ᷨ ᷩ ᷪ ᷫ ᷬ ᷭ ᷮ ᷯ ᷰ ᷱ ᷲ ᷳ ᷴ ᷵ ᷶ ᷷ ᷸ ᷹ ᷺ ᷻ ᷼ ᷽ ᷾ ᷿ ⃐ ⃑ ⃒ ⃓ ⃔ ⃕ ⃖ ⃗ ⃘ ⃙ ⃚ ⃛ ⃜ ⃝ ⃞ ⃟ ⃠ ⃡ ⃢ ⃣ ⃤ ⃥ ⃦ ⃧ ⃨ ⃩ ⃪ ⃫ ⃬ ⃭ ⃮ ⃯ ⃰ ⃱ ⃲ ⃳ ⃴ ⃵ ⃶ ⃷ ⃸ ⃹ ⃺ ⃻ ⃼ ⃽ ⃾ ⃿ ︀ ︁ ︂ ︃ ︄ ︅ ︆ ︇ ︈ ︉ ︊ ︋ ︌ ︍ ︎ ️ ︠ ︡ ︢ ︣ ︤ ︥ ︦ ︧ ︨ ︩ ︪ ︫ ︬ ︭ ︮ ︯

もはや読めませんね。

以下のコードをPlaygroundなどで実行すれば一覧できます。

import Foundation

func uni(_ s: Int, _ e: Int) -> [Int] {
   return (s ... e).map { $0 }
}

var list = [Int]()
list.append(contentsOf: uni(0x0300, 0x036F))
list.append(contentsOf: uni(0x1DC0, 0x1DFF))
list.append(contentsOf: uni(0x20D0, 0x20FF))
list.append(contentsOf: uni(0xFE00, 0xFE0F))
list.append(contentsOf: uni(0xFE20, 0xFE2F))
list.append(contentsOf: uni(0xE0100, 0xE01EF))

print(list.count)
let all = list.compactMap { UnicodeScalar($0) }.map { "\($0)"}.joined(separator: ", ")
print(all)
ドット(dot-operator-character)

.を含む演算子は必ず.から始まるように扱われます。

演算子の優先順位

算数でも足し算と掛け算があったら掛け算を優先して演算するというルールがあるように、演算子には優先順位があります。既存の演算子の優先順位の一覧を以下にまとめます(上にある方が優先順位が高い)。

グループ 演算子
BitwiseShiftPrecedence << >> &<< &>>
MultiplicationPrecedence * / % & &*
AdditionPrecedence + - | ^ &+ &-
RangeFormationPrecedence ..< ...
CastingPrecedence is as as? as!
NilCoalescingPrecedence ??
ComparisonPrecedence < <= > >= == != === !== ~= .< .<= .> .>= .++ .!=
LogicalConjunctionPrecedence && .&
LogicalDisjunctionPrecedence || .| .^
TernaryPrecedence ?:
AssignmentPrecedence = *= /= %= += -= <<= >>= &= |= ^= &*= &+=
&-= &<<= &>>= .&= .|= .^=

また、DefaultPrecedence は TernaryPrecedence より少し高い優先度です。

演算子の結合性

こちらも上の優先順位の考え方の一つです。例えば、1 + 2 + 3とあったときに、(1 + 2) + 3と演算されるのが左結合で1 + (2 + 3)と演算されるのが右結合になります。結合性は同じ優先順位の演算子が式の同じ階層にある場合にどちらを優先するかにかかわります。
また、a < b < cのような条件式では(a < b) < ca < (b < c)のように結合性を持たせる意味がないため、非結合とします。

オプショナル・チェーンにおける代入の可否

hoge?.value [代入演算子] オペランドのようなオプショナル・チェーンでインスタンスの変数に代入演算を行うことを許可するかどうか指定できます。詳しくは後述します。

演算子の種類

演算子には大きく分けて3種類(単項演算子、二項演算子、三項演算子)ありますが、自分で定義できるのは単項演算子と二項演算子です。

単項演算子の場合、!value-valueのようにオペランドの直前に書かれる接頭辞の演算子(prefix)と、value!のようにオペランドの直後に書かれる接尾辞の演算子(postfix)があります。

二項演算子はa = ba + bのように二つのオペランドの間に書く中置の演算子(infix)ですね。

定義の手順概要

  1. precedencegroupを定義(場合によっては省略可能)
  2. operatorを定義(既存の演算子を自分のクラスや構造体に適用する場合は省略可能)
  3. 演算子の機能を定義

precedencegroup の定義

演算子の優先順位や結合性をカスタマイズする場合は定義する。

precedencegroup MyPrecedence { // 必要なものだけ指定すればいい。
    lowerThan: 既存のPrecedence(これよりも優先順位が低いことを指定)
    higherThan: 既存のPrecedence(これよりも優先順位が高いことを指定)
    associativity: left/right/none のどれか(左結合・右結合・非結合)
    assignment: true/false オプショナル・チェーンにおける代入の可否
}

operator の定義

単項演算子の場合
// 接頭辞の演算子定義
prefix operator 演算子にしたい文字列

// 接尾辞の演算子定義
postfix operator 演算子にしたい文字列
二項演算子の場合
infix operator 演算子にしたい文字列: 既存のあるいは定義したPrecedence

演算子の機能定義

接頭辞の演算子の場合
prefix func 演算子にしたい文字列(arg:) -> 戻り値の型 {
    // 戻り値を作る処理
}
接尾辞の演算子の場合
postfix func 演算子にしたい文字列(arg:) -> 戻り値の型 {
    // 戻り値を作る処理
}
比較演算子の場合
func 演算子にしたい文字列(left: 左辺の型, right: 右辺の型) -> Bool {
    return // 条件式
}
算術演算子の場合
func 演算子にしたい文字列(left: 左辺の型, right: 右辺の型) -> 戻り値の型 {
    return 戻り値を作る処理
}
(複合)代入演算子の場合
func 演算子にしたい文字列(left: inout 左辺の型, right: 右辺の型) {
    return leftright で更新する処理
}

具体的な定義例

Doubleの前に√つけると平方根を返す演算子
prefix operatorprefix func(value: Double) -> Double {
    return sqrt(value)
}

print(2) // 1.4142135623730951
Doubleの後ろに^^つけるとその2乗を返す演算子
postfix operator ^^

postfix func ^^(arg: Double) -> Double {
    return arg * arg
}

print(3.14^^) // 9.8596
CGPoint同士の加算
import CoreGraphics

func +(left: CGPoint, right: CGPoint) -> CGPoint {
    return CGPoint(x: left.x + right.x, y: left.y + right.y)
}

print(CGPoint(x: 1, y: 2) + CGPoint(x: 3, y: 4)) // (4.0, 6.0)
>= と同じ機能を持つ ≥ 演算子
infix operator: ComparisonPrecedence

func<T: Comparable>(left: T, right: T) -> Bool {
    return left >= right
}

if 2010 {
    print("hey")
}
左辺の文字列が存在しているとき、右辺の文字列を左辺の文字間に挟み込む演算子
precedencegroup MyPrecedence {
    lowerThan: TernaryPrecedence
    higherThan: AssignmentPrecedence
    assignment: false
}

infix operator=: MyPrecedence

func=(left: inout String, right: String) {
    left = left.map{ String($0) }.joined(separator: right)
}

var hello: String = "HELLO"
hello ⋁= "-"
print(hello) // H-E-L-L-O

var world: String? = "WORLD"
world ⋁= "-" // オプショナルなので代入禁止となりコンパイルエラー

class Cat {
    var name: String? = "Shiro"
}
let cat = Cat()
cat?.name ⋁= "-" // オプショナル・チェインなので代入禁止となりコンパイルエラー

参考