🛠️

iOS/Android: ipaやapkから後方互換性バージョンを確認する

1 min read

iOS

ipaファイルがあるディレクトリで以下のコマンドを叩く。

unzip -q [ipaファイル名.ipa] && plutil -p Payload/[アプリ名.app]/Info.plist | grep MinimumOSVersion && rm -rf [展開した不要なディレクトリ名たち]

最後のrm -rf [展開した不要なディレクトリ名たち]のところは、ipaunzipしたときに例えばPayloadディレクトリとSwiftSupportディレクトリが展開されたのであればrm -rf Payload/ SwiftSupport/とすればOKです。

出力例
  "MinimumOSVersion" => "12.0"

Android

Android SDKがインストールされた環境でaaptコマンドのパスを通しておきます。
aapt$HOME/Library/Android/sdk/build-tools/[バージョン]の中に入っています。

.bash_profileや.zprofile
export PATH="$HOME/Library/Android/sdk/build-tools/[バージョン]:$PATH"

バージョンはbuild-toolsディレクトリを見に行けばわかります。

apkファイルがあるディレクトリで以下のコマンドを叩く。

aapt l -a kindroid_v217.apk | grep minSdkVersion | sed 's/^.*0x10)/ /' | { echo "minSdkVersion => $(($(cat)))" }
出力例
minSdkVersion => 23