🔨

【Git】vscodeでpermission deniedされてしまう際の対処法

1 min read

gitをvscodeで操作する際にremoteとの接続で、タイトルのエラーが出ていました。鍵の生成などはできていて、エラーがわからずハマってしまいましたが解決できたので記事にします。

参考記事

https://qiita.com/shizuma/items/2b2f873a0034839e47ce

https://docs.github.com/ja/github/authenticating-to-github/connecting-to-github-with-ssh/checking-for-existing-ssh-keys

前提の確認

まず自分の鍵が正しく生成されていて、接続できるか確認してください。上記の参考記事を見て、コマンドで接続してください。

$ ssh -T git@github.com

レスポンスが確認できると思います。自分の場合、ターミナルで接続できるけどvscodeでエラーが出てしまい、vscode経由での接続ができなかったです。

対処方法

sshにパスフレーズを設定していた点がだめだったようです。鍵を作成する際のパスフレーズを設定していたので読み込んでくれなかったみたいです。

Enter passphrase (empty for no passphrase):

新たに鍵を作成してそれでアクセスを試みます。

~/.ssh/config
Host github github.com
  HostName github.com
  IdentityFile ~/.ssh/new_id_rsa # 新たに作成した鍵を配置
  User git

documentでは、下記の通りです。

ディレクトリの一覧から、公開 SSH キーをすでに持っているか確認します。 デフォルトでは、公開鍵のファイル名は以下のいずれかです:
id_rsa.pub
id_ecdsa.pub
id_ed25519.pub

ファイル名を変更するとそのままでの設定では読み込まれないので、設定に追記して完了。

これで、vscodeからremote リポジトリの操作ができるようになります。

Discussion

ログインするとコメントできます