🎣

fish shellにしてみた【環境構築】

1 min read

fish shellの環境構築の記事になります。

初めに

homebrewで下記のコマンドを一応打っておきましょう。

$ brew update
$ brew upgrade

install

簡単にインストールできます。

$ brew install fish

default shellに設定

 vi /etc/shells // /usr/local/bin/fishを末尾に追記
 chsh -s /usr/local/bin/fish  //デフォルトシェルに変更

ターミナルを再起動して完了

package manager,themeのインストール

$ curl -Lo ~/.config/fish/functions/fisher.fish --create-dirs git.io/fisher
$ curl -L https://get.oh-my.fish | fish

そして、テーマ変更。

$ omf install bobthefish

font のインストール

現状だと文字化けしていると思うので、対処。

$ git clone git@github.com:powerline/fonts.git
$ cd fonts
$ ./install.sh
$ cd ..
$ rm -rf fonts

このあとターミナルの設定から、powerlineの表記がされているfontに変更する必要がある。

カスタマイズ

とりあえず、下記2つは最低でもインストール

$ fisher install 0rax/fish-bd
$ brew install peco
$ fisher install oh-my-fish/plugin-peco
vim ~/.config/fish/config.fish
//下記を末尾に追記
function fish_user_key_bindings
  bind \cw 'peco_select_history (commandline -b)'
end

2つインストールすることでbdで親ディレクトリに移動でき、ctrl + wでhistoryコマンドみたいなことができます。

他のプラグインはお好みに合わせて導入してみてください。

Discussion

ログインするとコメントできます