「git初心者はこれだけ知っていればOKコマンド」一覧

2 min read読了の目安(約1300字

初めてgitを触る仕事する場合や、普通に自分で使いたい人など、git初心者の方が、「これだけ知っていればとりあえずはOK」というコマンド一覧です。

clone
リポジトリからファイル・フォルダを持ってくるコマンドです。

$ git clone git@リポジトリのURL/リポジトリ名.git

使用例)

$ git clone git@github.com:rails/rails.git

init
ローカルリポジトリを作成します。

$ git init

新しくプロジェクトを作成するときなどに使います。
git cloneしてプロジェクトを持ってきた場合には必要ありません。

add
ワーキングツリーのファイルをインデックスに登録します。

$ git add README.txt

また、変更したすべてのファイルを登録する際は

$ git add .

でいけます。

commit
addでインデックスに登録したファイルをローカルリポジトリに持ってきます。

$ git commit -m "コミットメッセージ"

push
ローカルリポジトリをリモートリポジトリに渡します。

$ git push リポジトリ名 ブランチ名

マスターブランチにpushする際は

$ git push origin master

とします。originというのはデフォルトのリポジトリのことです。
しかし、マスターに直接pushすることは基本的にないと思います。

$ git push origin feature

pull
リモートリポジトリをローカルリポジトリに持ってきてファイルのバージョンを上げます。

$ git pull origin ブランチ名

status
ローカルリポジトリのファイルの変更状態を確認します。

$ git status

branch
ブランチを作成・確認します。

$ git branch 作成するブランチ名

これでブランチを作成します。また、

$ git branch
   * feature
     master

とすると、現在存在するローカルリポジトリのブランチが一覧で表示され、現在捜査しているブランチに「*」がつけられています。

checkout
ブランチを移動したりブランチの変更を取り消したりできます。

$ git checkout ブランチ名

また、存在しないブランチを作成して移動するときは

$ git checkout -b ブランチ名

と「-b」オプションを付けます。
これは

$ git branch ブランチ名
$ git checkout ブランチ名

と同じです。

これくらい知っておけばなんとかなると思います。