💤

ノートパソコンの蓋を閉じてもサスペンドさせない

1 min read

Ubuntu でノートパソコンの蓋を閉じてもサスペンドしないようにする

Ubuntu でノートパソコンの蓋を閉じると、デフォルトで勝手にサスペンドしてくれる。
私は VAIO の上で Ubuntu を使っているが、サスペンドから復帰した後にキーボードとかが使えなくなるのでサスペンドしてほしくない[1] (根本的解決ではない)。
サスペンドしないようにする方法はわかったのでそのメモ書き。

logind.conf の編集

/etc/systemd/logind.conf を編集する。

$ sudo vim /etc/systemd/logind.conf

次のように追記する。

HandleLidSwitch=ignore

上書き保存して終了する。

logind の再起動

次のコマンドを実行して設定を適用する。

$ sudo systemctl restart systemd-logind

これでもう蓋を閉じても勝手にサスペンドしない。


参考

脚注
  1. サスペンドから復帰したときにキーボードとかが使えなくなるのは i8042 のせいとか。
    私にはよくわからなかった。 ↩︎

Discussion

ログインするとコメントできます