Closed4

Svelte+SvelteKit(v1.0.0-next.151) メモ

prerender

全体を事前レンダリング

@sveltejs/adapter-staticというアダプターを使えば可能
ドキュメントルートのbuildディレクトリに結果が出力される
つまりは、すべてのページが事前にレンダリングされる SSG なサイトとなる

ページごとに事前レンダリング

ページコンポーネントの内で以下を指定すると、そのページのみ事前レンダリングし、静的な HTML を生成する

<script context="module" lang="ts">
  export const prerender = true
</script>

しかし、上記を指定してビルドしても、そのページの HTML がどこにも出力されなかった。。(今度調べる)
@sveltejs/adapter-staticを使っていれば、この設定は不要

この機能を利用することで、全体的には SSR で HTML を生成するが、特定ページは事前レンダリングした HTML を使うみたいなことが実現できる

<script><script context="module">

  • <script>内で export が付いたフィールドは、親から props 経由で値を受け取れるフィールドとなる
  • <script context="module">内の export は関数などを export して他のモジュールで import して使える(いつものモジュール構文)
  • また、export defaultはコンポーネント自体を export するのに使われているため、script タグ内で利用できない

load

コンポーネントから load 関数を export しておくと、load 関数内の処理をそのコンポーネントが生成される前に実行してくれる
また、load 関数から props オブジェクトを return すると、それをコンポーネント側で受け取って利用できる

Next.js のgetStaticProps(SSG)やgetServerSideProps(SSR)に近い機能とのこと
ただし、これらの関数はビルド時やサーバーサイドのみで実行されるが、load 関数はこれに加えてクライアント側でページが更新された際も実行される

まとめると、load 関数は SSG や SSR の時も実行されるし、クライアント側のルーティングでページ更新した際も実行される
初期表示時などサーバーサイド側で load 関数がすでに実行されていると、クライアント側では実行されない
実行タイミングはいずれもコンポーネントが生成される前

注意点

  • fetch は Web 標準の方の fetch ではなく、SvelteKit が提供する fetch でないといけない
  • window や document などの環境特有の API を使うべきではない
    • Node.js など違う環境で参照できないから
  • load 関数は、クライアント側で動くのでセキュアな情報を fetch リクエストに含めない

以下は実装例

<script context="module" lang="ts">
  import type { LoadInput } from '@sveltejs/kit'

  export async function load({ fetch }: LoadInput) {
    const res = await fetch('/api')

    // propsをreturn
    return res.ok
      ? {
          props: {
            results: await res.json().then(r => r.results)
          }
        }
      : {
          status: res.status,
          error: new Error(`Error: /api fetch error`)
        }
  }
</script>

<script lang="ts">
  export let results // これで受け取れる
</script>

$service-worker

Service Worker のみが使えるモジュール
以下のメンバーを持つ

  • build
    • バンドラー(Vite)で生成されたファイルの URL の文字列配列
  • files
    • static ディレクトリ内のファイルの URL の文字列配列
  • timestamp
    • ビルド時にDate.now()した結果

Service Worker は本番ビルドでのみ機能するが、svelte-kit previewを使えばローカルでも確認できる

Service Worker でキャッシュ操作する流れ

  1. Service Worker をインストール
    1. 新しいキャッシュを作成(CacheStorage.open
    2. キャッシュのアセットを追加(Cache.addAll
    3. 処理完了後、SW を active 状態へ移行(skipWaiting
  2. Service Worker がアクティブ状態での処理
    1. 古いキャッシュを削除(CacheStorage.delete
    2. 処理完了後、クライアント(ブラウザ)をコントロールする(ServiceWorkerGlobalScope.clients.claim
      • これにより SW がクライアントのコントローラーとして動き、fetch イベントなどが SW を通過するようになる
      • これをやらないとリロード時まで SW がクライアントをコントロールできない
  3. fetch イベントの処理
    • リクエストに一致するキャッシュがある
      1. キャッシュを取得して返す(CacheStorage.match
    • リクエストに一致するキャッシュがない
      1. リクエストを fetch する
      2. レスポンスをキャッシュを設定する(Cache.put
      3. レスポンスを返す
このスクラップは2022/03/01にクローズされました
作成者以外のコメントは許可されていません