Closed4

DHCPについて

DHCP

DHCP(Dynamic Host Configuration Protocol)
通信するために必要な設定を自動設定する機能

使用するポート番号
サーバーとの通信(UDP) :67番
クライアント通信(UDP0:68番

通信の流れ

  1. クライアントがDHCPサーバーを探してブロードキャスト通信を行う(DHCP Discover)
  2. DHCP Discoverを受け取ったDHCPサーバーがIPアドレス情報を提案(DHCP Offer)
  3. DHCP Offerを受け取ったクライアントは受け入れるか判定
  4. 受け取る場合は、DHCPリクエストを行う
  5. DHCPサーバーはDHCPリクエストを受け取り、DHCP Ackを返す

DHCP リレーエージェント

前提
:DHCPクライアントから行われるブロードキャスト通信はルーターを超えてDHCPサーバーに通信することはできない。(ルーターでブロードキャスト通信は破棄されるため)

DHCPに関わる通信をブロードキャストからユニキャストに変換してDHCPサーバーに中継することができる。
DHCPリレーエージェントを使用することで、クライアントとサーバーのネットワークが異なっていたとしても、DHCPを利用することができる。

このスクラップは3ヶ月前にクローズされました
ログインするとコメントできます