🌸

さくらVPSとWireGuardで自宅サーバーにリモートからアクセスする

2023/01/14に公開約5,100字

背景

  • 自宅に強いマシンを置き、出先でもssh使ってそのマシンで開発をしたい。
  • M1 Macbookを使っているが、web系の開発はx86マシンで行いたいシチュエーションがたまにある。
    • 本番環境がx86の方が多いので
  • 集合住宅なので固定ipが取れない
  • さくらVPSで開発にゴリゴリ使えそうなスペックを選ぶとそれなりに高い
    • CPU8コア、メモリ16GBで13200円/月

概要

さくらVPSの一番安いプランを契約しました。
VPSと自宅サーバーの間でVPNを構築し、VPSを起点に自宅サーバーへアクセスしていきます。
全体の大まか流れとしては

  • VPSの基本設定
  • WireGuard(VPNソフト)の導入&設定
  • VPSから自宅サーバーへのポートフォワーディング設定

となります。

さくらVPS基本設定

普通に構築

下記の公式の記事を参考に、VPSを構築していきます。
ネコでもわかる!さくらのVPS講座 ~第二回「サーバーをさわってみよう!」
OSをインストールしてサーバーを作るときに、下記のようにオプションを選択します。

  • OSインストール形式: 標準OS
  • インストールOS: CentOS8 x86_64
  • スタートアップスクリプト利用: 利用しない
  • パケットフィルタ設定: 利用しない
  • サーバーへのSSHキー登録: 登録する
    • SSHキー: 作業をしている手元のPCのssh公開鍵を入力
    • パスワードを利用したログイン: 無効にする

上記の記事でVPSに一般ユーザーを作成し、パスワード認証でログインしていますが、
ここでは最初からパスワード認証を無効にしていますので、
rootユーザーの~/.ssh/authorized_keysをコピーして一般ユーザーも公開鍵で入れるようにします。

# cd /home/vpsuser
# mkdir .ssh
# cp ~/.ssh/authorized_keys .ssh/
# chown -R vpsuser:vpsuser .ssh
# chmod 700 .ssh
# chmod 600 .ssh/authorized_keys

これで一般ユーザーでssh出来たら成功です。

あとは記事通りrootユーザーでのログインを無効にします。

[/etc/ssh/sshd_config]
PermitRootLogin no

sshdを再起動します。

# systemctl restart sshd.service

rootで入れなくなっていたら成功です。

sshのポートを変更

セキュリティ的に後悔するサーバーのsshポートは変更した方がいいらしいので、22番から2222番に変更します。

[/etc/ssh/sshd_config]
Port 2222

sshdを再起動します。

# systemctl restart sshd.service

2222番で入れたら成功です。

firewalldの設定

サーバーを作成するときに、パケットフィルタをOFFにしていました。
そのままでは全ポートが公開されてしまい、セキュリティ上よろしくないので、
firewalldを設定して必要なポート以外のアクセスを遮断する必要があります。

firewalldについての説明は下記のサイトが詳しいです。
ネコでもわかる!さくらのVPS講座 ~第七回「ファイアウォール”firewalld”について理解しよう」

この作業はブラウザからアクセスできるさくらVPSのシリアルコンソールから行います(firewalldを起動するとssh接続が弾かれてしまうので)。
firewalldが起動しているか確認します。

# firewall-cmd --state

起動していなければ起動します。

# systemctl start firewalld

次に2222番を開きます。

# firewall-cmd --add-port=2222/tcp --zone=public --permanent
# firewall-cmd --reload

ついでにfirewalldを自動起動するように設定しておきます。

# systemctl enable firewalld

ここまで完了したら、VPSに2222番でsshしてみて繋がるかどうか確認します。
繋がっていたら成功です。

WireGuard設定

下記のサイトを参考にして、WireGuardをVPSと自宅サーバーに導入してVPNを構築します。
WireGuardを使って爆速でVPNトンネルを構築する
基本的にはこちらの記事通りにやっていくのですが、VPS側の環境がCentOSですので、幾つかの細かな違いがあります。
まずVPSにWireGuardをインストールするときは下記のようにします。

# yum install elrepo-release epel-release
# yum install kmod-wireguard wireguard-tools

自宅サーバー(参考記事では「クライアント側」と呼ばれている方ですね)の側はubuntu20.04なので記事通りにインストールできます。

sudo apt update
sudo apt install wireguard

設定ファイル/etc/wireguard/wg0.confの作り方は記事と全く同じでOKです。

vps側のポート開放はufwではなくfirewalldを使っているので、下記のように設定します。

# firewall-cmd --add-port=51820/udp --zone=public --permanent
# firewall-cmd --reload

デーモン化の部分はVPS側、自宅サーバー側ともに元記事と同じです。

# systemctl start wg-quick@wg0
# systemctl enable wg-quick@wg0

疎通確認も(当たり前ですが)同じです

ping -c 3 10.0.0.2  # VPSから自宅サーバー
ping -c 3 10.0.0.1  # 自宅サーバーからVPS

ポートフォワード設定

VPS側で受け付けた通信を自宅サーバーに送る、ポートフォワードの設定をしていきます。
VPS側でrootユーザーになってから、下記の記事に従ってipマスカレードの設定をします。
Firewalld : IP マスカレードの設定
VNP接続であるwg0をinternalに、普通のネットワーク接続であるSystem ens3をexternalにそれぞれゾーンを変更します。

# nmcli connection modify wg0 connection.zone internal
# nmcli connection modify "System ens3" connection.zone external

上記の設定をするときに、connectionとdeviceの違いに注意してください。
ここで設定するのはdevice名ではなくてconnection名です。device名とconnection名は下記のコマンドで調べられます。

# nmcli connection show
NAME         UUID                                  TYPE       DEVICE
System ens3  21d47e65-8523-1a06-af22-6f121086f085  ethernet   ens3
wg0          546b8860-10ab-4c24-8e8c-019365cb2e0e  wireguard  wg0
System ens4  e27f182b-d125-2c43-5a30-43524d0229ac  ethernet   --
System ens5  8126c120-a964-e959-ff98-ac4973344505  ethernet   --

最初、何も考えずにnmcli connection modify "System ens3" connection.zone externalとしていたら、
Error: unknown connection 'ens3'.というエラーが出てハマりました。下記の記事が参考になりました。
nmcliコマンドの隅をつつく

次にipマスカレードの設定を行います。

# firewall-cmd --zone=external --add-masquerade --permanent

外部から2223番ポートにアクセスがあった場合には10.0.0.2(自宅サーバー)の22番ポートにフォワーディングするようにした上で、
2223番ポートを開放します。

# firewall-cmd --zone=external --add-forward-port=port=2223:proto=tcp:toport=22:toaddr=10.0.0.2 --permanent
# firewall-cmd --add-port=2223/tcp --zone=external --permanent

先程設定したsshとWireGuard用のポート開放設定も、--zone=externalに変えましょう。

# firewall-cmd --add-port=2222/tcp --zone=external --permanent
# firewall-cmd --add-port=51820/udp --zone=external --permanent
# firewall-cmd --reload

VPSの2223番にsshしたときに、自宅サーバーに繋がれば成功です。

ssh username@xxx-xxx-xxxxx.vs.sakura.ne.jp -p 2223

うまく繋がらないとき、VPSを再起動してみると繋がることがある?(未確認)

その他の設定

他のサービスを自宅サーバーにポートフォワードしたいときも同様にfirewalldの設定をします。
例えばhttpをで自宅サーバーの8000番に通した時は、以下のようにします。

# firewall-cmd --zone=external --add-forward-port=port=8000:proto=tcp:toport=8000:toaddr=10.0.0.2 --permanent
# firewall-cmd --add-port=8000/tcp --zone=external --permanent

Discussion

ログインするとコメントできます