📝

nodebrewからnodenvに浮気する

2021/11/23に公開約1,200字

概要

nodenv は異なるバージョンのNode.js を管理することができるバージョンマネージャ

nvm やnodebrew というのもあり、導入が簡単なのでnodebrew を使っていたが .node-versionによるバージョンの切り替えを使いたくて今回nodenvに浮気することになった

anyenvとnodenvをインストール

色んな○○env を管理してくれる(phpenvも出来るのかな、今度やってみる)

brew install anyenv
echo 'eval "$(anyenv init -)"' >> ~/.zshrc  # zshの場合
source .zshrc

anyenv install --init
anyenv install nodenv
source .zshrc

anyenvとnodenv用プラグインをインストール

○○envをまとめてアップデートできるanyenvプラグイン anyenv-update

mkdir -p $(anyenv root)/plugins
git clone https://github.com/znz/anyenv-update.git $(anyenv root)/plugins/anyenv-update

npmインストール時にデフォルトでインストールするパッケージを指定できるnodenvプラグイン nodenv-default-packages

mkdir $(nodenv root)/plugins
git clone https://github.com/nodenv/nodenv-default-packages.git $(nodenv root)/plugins/nodenv-default-packages
touch $(nodenv root)/default-packages

default-packages の例

tarn
typescript
ts-node
typesync

Nodeのインストール

nodenv install -l
nodenv install {バージョン番号}
nodenv global {バージョン番号}

以下の場合ディレクトリ内に .node-version が作られる

noenv local {バージョン番号}

nodebrew の削除

nodenrew でインストールしたNodeを削除する

nodebrew ls
nodebrew uninstall {バージョン番号}

nodebrew のアンインストール

homebrew uninstall nodebrew

設定ディレクトリの削除

rm -rf ~/.nodebrew

Discussion

ログインするとコメントできます