🤖

Slack API を使用してメッセージを投稿する

3 min read

Slack API を使用してアプリを作成 ~ メッセージを投稿するまでの手順メモ。

アプリを作成する

Slack API: Applications」 にアクセス。
ワークスペースにログインしていない場合はする。

Create New App をクリック。

From scratch をクリック。

任意のアプリ名を入力、ワークスペースを選択し、 Create App をクリック。

これでアプリが作成される。

スコープを設定する

OAuth & Permissions をクリック。

ページの中ほどに Scopes セクションがあり、ここでアプリにスコープを設定することができる。
ボットとして API を実行する際のスコープを設定する Bot Token Scopes と、ユーザーとして API を実行する際のスコープを設定する User Token Scopes がある。

まず Bot Token Scopes を設定する。
Add an OAuth Scope をクリック。

メッセージを投稿するには chat:write スコープが必要なので、追加する。

User Token Scope も同様の手順で chat:write スコープを追加する。

アプリをワークスペースにインストールする

スコープを設定すると同じページの一番上のところで Install to Workspace ボタンが有効になっているので、クリックする。

権限をリクエストされるので、 許可する をクリック。

アプリのインストールに成功すると 2 つのトークンが生成される。

  • xoxp- から始まる User OAuth Token ( ユーザーとして API を実行するためのトークン )
  • xoxb- から始まる Bot User OAuth Token ( ボットとして API を実行するためのトークン )

アプリをチャンネルに追加する

ボットとして API を実行するために必要。ユーザーとして API を実行する際には不要。

Slack でショートカットボタン -> このチャンネルにアプリを追加する の順にクリック。

今回作成したアプリを探して 追加 をクリック。

メッセージを投稿する

以下のエンドポイントにリクエストを送信することでメッセージを投稿できる。

POST https://slack.com/api/chat.postMessage

今回使用するパラメータは以下。

パラメータ名 説明
token アプリをワークスペースにインストールする」手順で生成された OAuth Token 。
channel メッセージの投稿先。
text メッセージの本文。マークダウンを使用できる。

その他に指定できるパラメータについては公式ドキュメントを参照。

curl を使用したサンプル

Bot User OAuth Token を使用してみる。

$ curl -X POST 'https://slack.com/api/chat.postMessage' \
-d 'token=xoxb-668814143316-2441900189495-E0TZsRkP18KjsKVNByhZwIIG' \
-d 'channel=#test_channel' \
-d 'text=*テキスト*'

ボット ( アプリ ) としてメッセージを投稿できた。

User OAuth Token を使用してみる。

$ curl -X POST 'https://slack.com/api/chat.postMessage' \
-d 'token=xoxp-668814143316-669295648309-2441900184311-aaf3e4170e14c8df4976783e33599de0' \
-d 'channel=#test_channel' \
-d 'text=*テキスト*'

ユーザーとしてメッセージを投稿できた。

プログラムから Slack メッセージを投稿する

https://zenn.dev/kou_pg_0131/articles/go-slack-go-usage
https://zenn.dev/kou_pg_0131/articles/js-slack-web-api-usage

参考

https://api.slack.com/methods/chat.postMessage

Discussion

ログインするとコメントできます