【Go】imagick を使用して画像にテキストを書き込む

2 min read読了の目安(約2000字

imagick とは

Go で ImageMagick の機能が使えるようになるライブラリです。

Go Imagick is a Go bind to ImageMagick's MagickWand C API.

imagick/README.md at master · gographics/imagick

準備

ImageMagick をインストール

imagick は ImageMagick の MagickWand C API の Go バインドです。
そのため、別途 ImageMagick のインストールが必要です。
OS によってインストール方法は異なりますが、検索すれば詳しい記事が大量にあるためここでは割愛します。

imagick をインストール

$ go get gopkg.in/gographics/imagick.v2/imagick

サンプルコード

今回は以下の画像にテキストを書き込んでみる。

before
piyo.jpeg

main.go
package main

import (
	"log"

	"gopkg.in/gographics/imagick.v2/imagick"
)

func main() {
	// imagick を初期化
	imagick.Initialize()
	defer imagick.Terminate()

	// MagickWand, DrawingWand, PixelWand を作成
	mw := imagick.NewMagickWand()
	dw := imagick.NewDrawingWand()
	pw := imagick.NewPixelWand()

	// 画像を読み込み
	if err := mw.ReadImage("./piyo.jpeg"); err != nil {
		log.Fatal(err)
	}

	// フォントを設定
	if err := dw.SetFont("/Library/Fonts/Arial.ttf"); err != nil {
		log.Fatal(err)
	}

	// フォントサイズを設定
	dw.SetFontSize(24)

	// 書き込みの色を設定
	if ok := pw.SetColor("#ff0000"); !ok {
		log.Fatal("invalid color string")
	}
	dw.SetFillColor(pw)

	// テキストを書き込み
	// 引数は X 座標, Y 座標, テキスト の順
	dw.Annotation(100, 100, "Hello World")

	// 画像に反映
	if err := mw.DrawImage(dw); err != nil {
		log.Fatal(err)
	}

	// 書き出し
	if err := mw.WriteImage("out.jpeg"); err != nil {
		log.Fatal(err)
	}
}
$ go run main.go

出力された画像が以下。

after
out.jpeg

その他サンプルコード

以下に公式のサンプルコードがたくさんあります。

imagick/examples at master · gographics/imagick

参考