🐳

Docker イメージのタグ一覧を取得する docker-tags CLI の紹介

2023/02/06に公開

概要

Docker イメージのタグ一覧を取得する docker-tags CLI を公開しました。

https://github.com/koki-develop/docker-tags

以下のように任意の Docker イメージのタグ一覧を取得して出力することができます。

$ docker-tags alpine
latest
edge
3.9.6
3.9.5
3.9.4
# ...

# 名前付きで出力することもできる
$ docker-tags alpine -n
alpine:latest
alpine:edge
alpine:3.9.6
alpine:3.9.5
alpine:3.9.4
# ...

# JSON 形式の出力もサポート
$ docker-tags alpine -o json
[
  "latest",
  "edge",
  "3.9.6",
  "3.9.5",
  "3.9.4",
  # ...
]

Docker Hub を含めた以下のレジストリをサポートしています。

類似の CLI としては Wantedly さんの dockertags がありますが、こちらは 2023 年 2 月現在メンテナンスされていないようでしたので、自分で作ることにしました。

インストール

Homebrew

Homebrew を使っている場合は brew install でインストールすることができます。

$ brew install koki-develop/tap/docker-tags

go install

docker-tags CLI は Go で作られているため、 go install でインストールすることもできます。

$ go install github.com/koki-develop/docker-tags@latest

Docker CLI Plugin としてインストールする

docker-tags CLI は Docker CLI Plugin としてインストールすることもできます。

$ git clone https://github.com/koki-develop/docker-tags.git
$ cd docker-tags
$ make
$ mkdir -p $HOME/.docker/cli-plugins/
$ mv ./dist/docker-tags $HOME/.docker/cli-plugins/

Docker CLI Plugin としてインストールすることで、 Docker のサブコマンドとして使用することが可能になります。

# サブコマンドとして使える
$ docker tags --help

Usage:  docker tags [IMAGE]

Command line tool to get a list of tags for docker images.

Options:
      --aws-profile string   aws profile
  -o, --output string        output format (text|json) (default "text")
  -n, --with-name            print with image name

使い方

基本的な使い方

コマンドの引数にイメージ名を指定するだけです。

# alpine のタグ一覧を出力する
$ docker-tags alpine
latest
edge
3.9.6
3.9.5
3.9.4
# ...

イメージ名つきで出力する

-n もしくは --with-name フラグをつけるとイメージ名つきで出力することができます。
Dockerfile にコピペしたいときなどに便利です。

# `--with-name` でも同じ
$ docker-tags alpine -n
alpine:latest
alpine:edge
alpine:3.9.6
alpine:3.9.5
alpine:3.9.4
# ...

JSON 形式で出力する

-o もしくは --output フラグに json を指定すると JSON 形式で出力することができます。
jq コマンド等と組み合わせて何かしたいときに便利です。

# `--output` でも同じ
$ docker-tags alpine -o json
[
  "latest",
  "edge",
  "3.9.6",
  "3.9.5",
  # ...
]

こちらも -n もしくは --with-name フラグをつけてイメージ名つきで出力することが可能です。

$ docker-tags alpine -o json -n
[
  "alpine:latest",
  "alpine:edge",
  "alpine:3.9.6",
  "alpine:3.9.5",
  # ...
]

Docker Hub 以外のレジストリで使う

イメージ名のみを指定すると Docker Hub のイメージのタグ一覧を取得します。
他のレジストリのイメージのタグ一覧を取得する場合はイメージの URL を指定します。

# Docker Hub
$ docker-tags <IMAGE>

# Amazon ECR
$ docker-tags <AWS_ACCOUNT_ID>.dkr.ecr.<REGION>.amazonaws.com/<REPOSITORY>

# Amazon ECR Public
$ docker-tags public.ecr.aws/<REGISTRY_ALIAS>/<REPOSITORY>

# Google Container Registry
$ docker-tags gcr.io/<PROJECT_ID>/<IMAGE>

# Google Artifact Registry
$ docker-tags <LOCATION>-docker.pkg.dev/<PROJECT_ID>/<REPOSITORY>/<IMAGE>

まとめ

我ながら結構気に入っています。
他にも cLive という CLI も開発していますので、こちらも興味があれば見てみてください。

https://zenn.dev/kou_pg_0131/articles/clive-introduction

また Go で CLI を開発するときに便利だったパッケージについて紹介する記事も公開していますので、こちらもご参考までに。

https://zenn.dev/kou_pg_0131/articles/go-cli-packages

Discussion

ログインするとコメントできます